ニットキャップ、フード、夜会巻きでも湿気には敵わない? 梅雨と戦う女性たちの知恵

記事画像

<<画像付きでこの記事を読む 6月は梅雨シーズン。ジメジメとした湿気や降り続く雨で、いつもより電車やバスが混んだり、遅延したり、晴れた日にはない小さなストレスが多いものですよね。そんな日が続くと、出勤するのが億劫になったり、気分が落ち込んでしまう方もいるのでは? 四季の中でも憂鬱な季節といえる梅雨を、働く女性たちはどのようにして乗り越えているのでしょうか。 今回は、心身のジメジメを吹き飛ばすべく、梅雨の時期に困ったこととその対策を働く女性268人に聞いてみました! 湿気が原因で困ったことがあるかという質問には、9割以上の女性が「ある」と回答。日本に住んでいる限り、特定地域以外はもはや避けられない梅雨シーズンの雨や湿気。働く女性たちは、どんなことに困っているのでしょうか。 湿気が原因で最も困っていることを聞いたところ、自分の身だしなみと答えた方が5割。出勤時に身だしなみが気になるのは社会人としては当然かもしれませんが、髪形やメイクを気にしなければいけない分、男性よりも女性の方が梅雨の気苦労が多そうです。 では、具体的にはどんな困ったことがあったのか、梅雨の時期に経験した“つら~い出来事”について聞いてみました。 【ヘアスタイル事件簿】 「髪の広がりを抑えようとして、流行りのツバキオイルを髪に付け過ぎ、1日中頭テカテカお相撲さん状態に」(23歳/秘書) 「前髪をストレートアイロンでしっかりと伸ばしたつもりが、会社に着いたころには、湿気でライオンのようになってしまっていた……」(38歳/一般事務) 「私の髪のコンディションを見て『今日雨降るんだね』と言われた」(37歳/営業事務) 「クセ毛の私は梅雨時期には、髪のボリュームが倍増します。珍獣みたいとネタにされたり、ヅラみたいと言われたり、散々悲しい思いをしました」(33歳/総務・人事)   【想像しただけでゾワッ】 「カタツムリは嫌いではなく、むしろかわいいと思っていたのだが、壁に結構な数(たぶん赤ちゃん)がいるのを目にした時はちょっと気持ち悪くなりました」(37歳/事務・企画関連) 「壁にキノコが生えていたのを見つけた」(27歳/接客・販売)   【この怒り、天に届け!】 「行く先々で傘が盗まれた」(27歳/コールセンター、スーパーバイザー) 「水たまりの上をトラックが通って、歩道を歩いていた自分にバッシャーン。颯爽と遠くなるトラックを見つめながら、呆然……」(25歳/営業) 「雨で電車が止まり、帰宅難民になった」(23歳/調理) 皆さんいろいろなシーンで梅雨に泣かされているようですね。中でも特に多かったのが、湿気によるカビと、髪型にまつわるエピソードでした。そこで最後は、梅雨の悩める女性たちに「除湿」と「ヘアセット」に関するイチオシの対策を教えてもらいました。 【ここまでやるか! の湿気対策】 「とにかく部屋中に除湿剤をばら撒いてます」(31歳/コールセンター、スーパーバイザー) 「炭を置く」(27歳/スクールマネジャー) 「洗濯物の下に新聞紙を引くと早く乾くので実践してます」(32歳/マーケティング) 「毎週買ってくるジャンプを敷きつめて湿気取り」(28歳/一般事務) 「濡れてる洗濯物の間に乾いてるバスタオルを数枚干しておくと、乾くのが早くなる」(32歳/営業)   【労力は惜しまず! の髪型対策】 「プライベートだけでなく通勤時もニットキャップを被っている」(25歳/医療事務) 「猫っ毛でペチャンコになる時期は石鹸で髪の毛を洗う。はりが出て(ごわごわになって)私にはちょうどいい」(37歳/一般事務) 「フード付きの服を着て、なるべく人の少ないとこではフードをかぶるようにする」(23歳/一般事務) 「夜会巻きスタイルと、ヘアスプレーで、ウネリやアホ毛をカバーします」(26歳/総務・人事) 「あえてアレンジをして『おしゃれしてます感』を出す」(30歳/医療事務) 「除湿」に関してはこまめに換気をするという基本的な対策から、除湿機や除湿剤の使用、新聞紙や乾燥したタオルで防ぐなど、幅広いアイデアが挙がりました。中には、「靴がカビるので、風通しをよくするために、下駄箱のドアを取っ払いました」(38歳/事務・企画関連職)という豪快な意見も。真似するかどうかは要検討です(笑)。 多くの女性たちが悩んでいる髪型問題については、意外と対策方法が少なく、とにかく「隠す」か「押さえる」という二択しかないようです。髪の毛のうねりがよほどひどい人は、「梅雨の時期だけ縮毛矯正かパーマをかける」(29歳/一般事務)というのを試してみてもいいかも。 何かと不便になることが多い梅雨ですが、皆さんの意見を参考に「今年はこんな対策を試してみよう!」と前向き気持ちで過ごしてみてはいかが? 【アンケート調査概要】 ●調査方法:転職サイト『女の転職@type』の20代~40代女性会員およびWebマガジン『Woman type』サイト読者へのWebアンケート ●調査期間:2014年5月23日~28日 ●有効回答者数: 268名 取材・文/鶴田友子(編集部) <<画像付きでこの記事を読む

もっと続きを読む