結婚式のお祝い返し、失礼のないマナーは?

記事画像

お祝い返し、それはつまり内祝いと同じ意味。結婚するにあたって思いがけない方からもお祝いをいただくことがあります。そんなときにもためらわずに、お祝いのお返しをスマートにできる大人な夫婦になりましょう! お祝い返しのルールとマナー 結婚祝いをいただいたら、まず何よりも御礼の言葉を伝えます。直接いただいたときにはその場で、郵送などでいただいた場合には電話で、どちらにしても、自分の言葉で伝えることが大切です。 その後、1ヶ月以内までに、内祝いの品を贈ります。お祝いをいただいた感謝の気持ちだけでなく、「無事に結婚式を終え、新生活を始めました」という報告も兼ねた気持ちで贈るといいでしょう。 その際には、お礼状をしたため、同封することを忘れずに。 お祝い返しに贈ると喜ばれるもの お祝い返しの予算は、いただいたお祝い金の半額~1/3程度を目安にしましょう。金額が合えば、引き出物でもいいと思います。 お祝いを品物でいただいた!という場合には、なかなか金額がわかりにくいかもしれませんが、インターネットや百貨店などでできる限り調べてみて。どうしてもわかりにくい場合は、価格にこだわらず、引き出物を贈るのが無難。 また、商品券など金額が露骨に出てしまうものはできるだけ避け、品物の方が安心。 相手を想像しながら、喜んでもらえるものを選ぶといいでしょう。 連名でお祝いをもらった場合には、個々にお祝い返しをします。いただいた品物に相当する金額を人数で割り、その半額~1/3の金額を目安にして、選ぶといいでしょう。

もっと続きを読む