ご当地デザインがいっぱい♪ ミュンヘンの雑貨屋さん「セァヴス・ハイマート」でかわいいグッズ探し

記事画像

水色とピンクを基調にしたポップな店内に並ぶ、愛らしくも個性的な小物たち。「セァヴス・ハイマート」は、ミュンヘンらしいモチーフのたくさんの雑貨に出合える場所です。 ミュンヘン市博物館の一角に、ちょっとかわいい感じのお店が入っています。 濃い水色をバックにした、鹿のような動物(マウンテンゴート)がロゴ。 ミュージアムショップとも少し趣が違うこのお店、いったいどんな所なのでしょうか。 お店の中は、かわいい雑貨でいっぱいでした。 ドイツ雑貨というと、装飾をとことん省いた機能的なデザインが特徴といわれますが、ここに並んでいる物たちの顔ぶれはそれとは異なっています。 ポップカラーのキッチュな鳩時計や、ドイツ名物の固いパン、ブレッツェルの形をしたお皿やクッキー型など、デザインではなくモチーフがドイツらしいのです。 お店の人に聞いたところ、ここにあるグッズの90%はドイツ製で、この「セァヴス・ハイマート」は、バイエルン州のデザイナーによる雑貨を扱う店とのことでした。 バイエルンはミュンヘンを州都とするドイツ南部の州。 ドイツで最も地元びいきといわれるこの地域の人々は、皆それぞれ1着は民族衣装を持っているとも聞きます。 そんな民族衣装をモチーフにしたマグカップや、民族衣装姿の男の子と女の子が入ったスノードーム、アヒルの置き物はとにかくキュート。 バイエルンで愛されているドイツ原産の犬、ダックスフントのキーホルダーやクッキー型なども、眺めているとついついほしくなってしまいます。 お店の中を歩いていると、かわいくてユニークなものをたくさん見つけて、そのたびにうれしくなります。 ビールで有名なミュンヘンならではの、ビールの形をしたキャンドルや、ビールを使った料理のレシピ本、ミュンヘンの聖母聖堂の塔を模したビアマグなどがあり、上司などにプレゼントしても喜ばれそう。 この「セァヴス・ハイマート」は、ミュンヘンの中心部にほかに2店舗あるそうです。 バイエルンの人々の郷土愛が結集したかのようなこのお店、ミュンヘンを訪れたらぜひ立ち寄ってみてください。

もっと続きを読む