最新のガジェットみたい!美しすぎる“医療用ギプス”

記事画像

最近は晴れの日が続き、久しぶりにスポーツを楽しんでいる人も多いのでは? だが、日ごろから運動し慣れていないと、思わぬケガをしてしまうことも。 もしも骨折などをしてしまった際に、お世話になるのがギプスだが、暑いと蒸れてかゆくなったり、不衛生になったり、そのままお風呂に入れなかったりと、いろいろと不便を感じたことのある人も多いだろう。 そんな不便を解決し、さらにケガの回復を早めるという最新のギプスが開発された。 工業デザイナーのDeniz Karasahinさんがデザインした「Osteoid Medical Cast, Attachable Bone Stimulator」だ。 このギプスを作るには、まず3Dボディースキャナーで患者の体をスキャンし、そのスキャンデータをもとに、3Dプリンターを使って、患部にぴったりと合うギプスを作成。 軽量なプラスチック素材であるうえに、穴が開いているため通気性もよく、着けたまま入浴も可能だ。 さらに、「低出力超音波パルス刺激システム」を作動させると、骨折の治癒を早め、実験では治癒率が80%もあがった例があるそうだ。 このハイテクを駆使したギプスは、世界一のデザイン・アワードといわれる「The A’Design Award and Competition」で受賞するなど、デザイン的にも高評価を得ている。 現在はまだプロトタイプの段階であるが、見た目も機能もすぐれたこのギプス、近いうちに実用化されるのを期待したい。 しかし唯一の難点は、一見すると医療用ギプスに見えないので、ケガしていることを周りが気づいてくれないことかも!? A’ Design Award https://www.adesignaward.com/design.php?ID=34151 The post 最新のガジェットみたい!美しすぎる“医療用ギプス” appeared first on ISUTA(イスタ)オシャレを発信するニュースサイト.

もっと続きを読む