ガラス床の下には色鮮やかな魚が!バリ島の?水上”ホテル

記事画像

ここ数日、夏のような暑い日が続き、夏休みはまだ少し先だが、“ときには忙しい仕事から解放されて、自然豊かなリゾートで気分をリフレッシュしたい!”と思っている人も多いはず。 そんなあなたに、水面に浮かぶ部屋でゆったり過ごせる、バリ島のエコ・ブティックホテルを紹介したい。 デンパサール空港から車で1時間ほどのところにある、ホテル「bambu indah(バンブー・インダー)」だ。 部屋は7種類あり、どれも自然を満喫できる素敵な部屋ばかりだが、中でも「Udang House」は、本当に水上に建てられており、床はガラス張り。 床下で泳ぐ魚やエビたちを眺めながら、エアコンのきいた室内でリラックスできるのだ。 この部屋は、新鮮な水が噴き出す源流に位置しているので、水遊びも楽しめるし、または水の流れる音を聞きながら、まったりとお昼寝するのもよさそう。 お風呂場の天井もガラス張りなので、夜に月や星を見ながらゆったりバスタイムを楽しめる。 バリ島といえば“にぎやかなビーチ”のイメージが強いが、こんな自然いっぱいのエコなホテルで静かに過ごす夏も素敵では? Bambu Indah http://bambuindah.com/ The post ガラス床の下には色鮮やかな魚が!バリ島の?水上”ホテル appeared first on ISUTA(イスタ)オシャレを発信するニュースサイト.

もっと続きを読む