梅雨に飲みたいおすすめカクテルBest3をバーテンダーに聞いてみた / アジサイ色のカクテルは心が晴れやかになる美しさなのです♪

記事画像

もうすぐ、気分がちょっぴり憂鬱になる梅雨がやってきます。毎日お天気が悪くて、ジメジメと湿度が高いし、洗濯物も乾かないし……はぁ、早く夏にならないかなぁ~……なんて。そんな梅雨シーズンを楽しく乗り切るために、たまにはバーでカクテルを飲んでみるっていうのもいいんじゃあないでしょうか? そこで、梅雨に飲みたいおすすめカクテルBest3をバーテンダーさんに教えてもらいました。雨の夜、お気に入りの空間でグラスを傾けるなんて、なんだか情緒があって素敵です♪ 今回、梅雨に飲みたいおすすめカクテルBest3を教えてくれたのは、都内某所のバーのマスター、天草五郎さん(仮名)。天草さんは、界隈イチのイケメン・バーテンダーだと記者の中で話題の人物です。では、発表します! (※参考価格は天草さんのお店での提供価格です。店舗によって異なりますので事前に確認してくださいね!) 【梅雨に飲みたいおすすめカクテルBest3】 3位:ソルクバーノ(参考価格850円) 「ラムとグレープフルーツジュース、トニックを使うカクテルです。フルーティー&さわやかな味わいで、梅雨のジメジメ気分を吹き飛ばしてくれるかも? お好みで塩を入れてもおいしいですよ」(天草さん談) 2位:ブルーマルガリータ(参考価格1050円) 「ホワイトキュラソーではなく、ブルーキュラソーを使うマルガリータです。雨上がりの青空のような鮮やかなブルーが、心を元気にしてくれそう。テキーラベースのため、アルコール度数が高めなのでご注意を」(天草さん談) 1位:ブルームーン(参考価格1050円) 「ジンとバイオレットリキュール、フレッシュレモンジュースを使う、アジサイ色の美しいカクテルです。フランス生まれのバイオレットリキュール、フランス語では『パルフェ・タムール』といい、これは『完全なる愛』という意味。だけど、『ブルームーン』というカクテル名には『できない相談』という意味があって……同席した女性がこのカクテルを飲んだら意味深長ですね(笑)」(天草さん談) アジサイの花言葉は「移り気」……アジサイ色のカクテル、意味合いを考えるとますます複雑怪奇です。「完全なる愛」なのか、「できない相談」なのか、はたまた「移り気」なのか……まあ、ひとりで飲んでりゃあ誰にも気を使わせないので、それが答えだ! 取材・撮影・ 執筆=夢野うさぎ (c)Pouch

もっと続きを読む