移動時間が何倍も楽しくなる!「次世代」観光列車が続々デビュー

記事画像

?JR東日本盛岡支社 気軽に寄り道できるドライブもいいけれど、移動しながら眺める美しい景色や充実した車内サービスなど、一度味わうとトリコになってしまうのが「観光列車」。最近では、どんどん新しいタイプの列車が登場しています! 移動時間が旅人たちの交流タイムに! 2013年10月15日に運行開始した、クルーズトレイン『ななつ星in九州』。ネーミングは、①九州にある7つの県②九州の主な7つの観光素材(自然、食、温泉、歴史文化、パワースポット、人情、列車)、③7両編成の客車、を表現しています。 ?TETSUDO HOBIDAS  シックな深みのある赤を基調とした外観と、木や織物など温もりのある素材をふんだんに使用した内観を合わせもつ観光列車。福岡県・博多から出発し、全国的にも有名な温泉地「由布院(大分)」、大自然に包まれる「阿蘇(熊本)」、南国の雰囲気が漂う「宮崎」、偉人を多く輩出した「鹿児島」の5県を巡る3泊4日のコースです。 ?TETSUDO HOBIDAS  ラウンジカー『ブルームーン』では、夜になるとバーがオープン!コンセプトは「走る社交場」心地よいソファーで寛いだり、ピアノの演奏に耳を傾けたり、ほかの乗客とお喋りしたり・・・優雅な時間を過ごすことができます。 ?JR九州 ?JR九州 列車旅だからこそ愉しめる「景色×地酒」 5月から新潟地区のJR線で運行を開始した観光列車『越乃Shu*Kura(シュクラ)』。Shu=酒、Kura=蔵を意味していて、その名が表す通り、列車のコンセプトは何とお酒!信越本線/飯山線高田~十日町間を約1時間45分かけて走ります。 ?鉄道ニュース部  ?鉄道ニュース部  2号車はイベントスペースとなっており、全運転日で地元ミュージシャンのジャズ生演奏の披露や蔵元による試飲会が開催されます。地酒王国・新潟だからこその魅力をぎゅっと体感できる観光列車です。 ?鉄道ニュース部  ?鉄道ニュース部 ?鉄道ニュース部 宮沢賢治の世界観に包まれた「元祖」 列車といえば、そうそうこんなイメージ!と、何かの物語から出て来たような佇まいをみせる『SL銀河』国鉄の蒸気機関車だったC58 239を復元して作られた観光列車です。 ?JR東日本盛岡支社  岩手県の釜石線・花巻~釜石間を約4時間半かけて走るこの列車は、「銀河鉄道の夜」を全体テーマとして創られています。コンセプトは「東北の文化・自然・風景を通してイマジネーションの旅へ」。 ?JR東日本盛岡支社  宮沢賢治が生きた昭和・大正時代を表現するべく、内装にはガス灯風の照明やステンドグラスを使用。また、宮沢賢治に関する資料のほか、沿線や東北ゆかりの品々、小型プラネタリウム、月や星にまつわる展示も行われています。 ?JR東日本盛岡支社  ?JR東日本盛岡支社  2013~2014年は観光列車の当たり年!? 5月25日には、北近畿タンゴ鉄道の観光用レストラン列車『丹後くろまつ号』がデビュー。その他、今年だけでも、しなの鉄道から初の観光列車となる『ろくもん』、近畿日本鉄道から京都~伊勢志摩を走る観光特急『しまかぜ 』の運行開始が発表されています。 ?フォト蔵/丹後くろまつ号  ?しなの鉄道株式会社/ろくもん  ?TETSUDO.COM/しまかぜ http://www.tetsudo.com/event/6864/movie/7.html その土地独自の景観や文化に出会えることはもちろん、移動時間そのものが上質になることも列車旅の醍醐味の一つ。練り上げられたコンセプトも十人十色で、旅好きの好奇心をかき立ててくれます。

もっと続きを読む