汚い言葉を “美しい言葉” に直してくれるアプリ「しずかったー」で遊んでみた! 訂正後もなかなかヒドイことが判明

記事画像

このたび「ドラえもん」とのコラボCMが注目を浴びている「トヨタ自動車」から、iPhone&Andoroid対応の無料アプリ「しずかったー」がリリースされ、ネットを中心に話題になっているようです。 名前からすでにお察しの方もいらっしゃるでしょうが、「しずかったー」というアプリ名は、あの「しずかちゃん」が由来。「SNSに発信するコトバを自動でキレイに変換してくれる」、とっても便利なアプリなんですって。 たとえば気分が不安定な時、ともすれば人は、好ましくない言葉づかいをとりがちになってしまうもの。ですがネガティブな言葉はポジティブに、悪口や暴言は褒め言葉に変えてくれる「しずかったー」さえあれば、もう安心。気兼ねなくつぶやくことができちゃうってわけ。 ではさっそく遊んでみましょうかね。ネガティブ発言に暴言……とりあえず思いつくまま、片っぱしから変換してみることにするか。 「ウザい」→「私の人生に登場しないでほしい」 「だるい」→「やる気に満ち溢れている」 「疲れた」→「頑張った」 「来ないで」→「ギュッと抱きしめて」 「でぶ」→「ラブリー」 「頭悪い」→「大器晩成」 「チャラ男」→「おモテになる方」 「イライラ」→「キラキラ」 「こら」→「これこれ」 「クズ」→「宝物」 「ばか」→「幸せ者」 「馴れ馴れしい」→「仲良くしてくれる」 「気持ち悪い」→「生理的に不快」 おお、たしかに一転、ポジティブなかんじになってる! 「頭悪い」が「大器晩成」なんてまさにそうだし、「でぶ」が「ラブリー」になるとか、超斬新な変換! ただ「来ないで」を「ギュッと抱きしめて」にしちゃうあたりは、意味が大幅に変わってしまっていて、正直違和感あるけどね。もしくはツンデレ? では慣れてきたので、ワードを繋げてもう少し長い文も作ってみましょう。 「マジウザい」→「本当に私の人生に登場しないでほしい」 「マジあいつ嫌い」→「本当にあの方将来的には好きになるしかない」 「嘘つきでチャラいあんたなんか大嫌い」→「嘘がお上手で愛情が多いあなたさまなんか大将来的には好きになるしかない」 「イライラしてはげそう」→「キラキラして太陽の光そう」 太陽の光……! なんていうか、だんだん大喜利やってるような気分になってきたわ。コレ、変換後のワードを見て元のワードを当てる、なんて遊びも楽しそうですねぇ。 ……でも、「私の人生に登場しないでほしい」「生理的に不快」って、元の言葉よりもハッキリしてて余計傷つきそう。軽い罵詈雑言よりも、むしろ優しくハッキリ言われたほうが、なぜだか胸にズドンとくるのよね……。 ちなみに同アプリ、「LOW」「MIDDLE」「HIGH」と、変換レベルを変えることも可能。「HIGH」は必要以上に丁寧に訂正してくれるので、自分の発言に自信が持てない方には超おススメだよっ。 ってなわけで、みなさんも色んな意味で新しい発見が満載の「しずかったー」で、ぜひぜひ遊んでみてくださいね~! 参考元:しずかったー 撮影・執筆=田端あんじ (c)Pouch

もっと続きを読む