女性の裸体に描かれた、暗闇で光るアートがすごい!

記事画像

写真家でアーティストのジョン・ポップルトンによる蛍光アートが今、海外の美術系サイトで話題になっている。 人間の体をキャンバスに見立て、ペインティングを施す彼の作品は、蛍光顔料を使って描いた作品にブラックライトを当て、撮影するというユニークなもの。 作品のモチーフは「夕暮れの海」や「月明かりに照らされる森」「輝くオーロラ」「宇宙の中の星や銀河」など、自然の壮大なスケールを感じさせる風景画が中心。 そこに“生(Life)”を感じさせる、美しい女性の身体を土台とすることで、「Mother of Nature(母なる自然)」という意味が合わさり、テーマとの結合を表現しているのだそう。 そう言われそれぞれの作品を眺めてみると、確かに絵の中に無限に広がる世界を感じないだろうか? 吸い込まれそうなほど魅惑的なこちらの「A Black Light Bodyscape(ブラックライト・ボディスケープ)」の作業プロセスをご覧になりたい方は、こちらの動画もぜひ。 You Tube http://www.youtube.com/watch?v=HPQ4LstSxv0 Poppleton Portraits http://www.poppletonportraits.com/blacklight.html The post 女性の裸体に描かれた、暗闇で光るアートがすごい! appeared first on ISUTA(イスタ)オシャレを発信するニュースサイト.

もっと続きを読む