森の動物と人間の絆を描いた、おとぎ話のような写真作品

記事画像

私たちの周りにはたくさんのペットがいるが、野生動物と触れ合う機会はなかなかないもの。 そんな野生動物、ひいては自然と私たちの絆を呼び覚ましてくれるような写真作品を制作しているのが、ロシア・モスクワを拠点に活動するアーティスト、Katerina Plotnikovaさん。 Plotnikovaさんが描くのは、美しい女性と自然が織りなす、ロマンティックで幻想的な世界。 大きなクマと手を取り合う少女、トラに寄り添い眠りに落ちる女性、氷のドレスを纏ってまどろむ女性…。人間は小さな生き物で、動物や自然と慈しみ合うように生きているのだ。 見つめていると、まるで幼い頃に読み聞かされたおとぎ話の世界のようで、なんだか懐かしく切ない気持ちにさせられてしまう。 これらの作品は、あまりの完成度の高さにデジタル加工したもの?と思ってしまうが、実はすべて実際に撮影されたもの。 一歩間違えば危険な撮影は、熟練のアニマル・トレイナーと、彼女の世界観を深く理解するプロのモデルが協力しあい、成り立っているという。 もしかしたら、大昔にはこんな世界があったのでは?なんて想いにさせてくれるこれらの作品は、PlotnikovaさんのFacebookページなどで公開されているので、ぜひチェックしてみて! Facebook (Katerina Plotnikova) https://www.facebook.com/KaterinaPlotnikovaPhotography 500px http://500px.com/katerina_plotnikova ・アート(まとめ) ・写真(まとめ) The post 森の動物と人間の絆を描いた、おとぎ話のような写真作品 appeared first on ISUTA(イスタ)オシャレを発信するニュースサイト.

もっと続きを読む