育児の悩みも解決?触れ合いベビーマッサージの嬉しい効果

記事画像

ベビーマッサージで赤ちゃんとのコミュニケーションを 赤ちゃんは生後2~3ヶ月頃になると昼夜の生活リズムが整いはじめ、起きている時間が長くなってきます。 赤ちゃんと二人きりの日中、どんなコミュニケーションを取れば良いか悩んでいるお母さんも多いのではないでしょうか。 そんな時、ぜひベビーマッサージを試してみてはいかがですか? 育児の悩みを解決してくれる効果もあるベビーマッサージ。 赤ちゃんとお母さんが肌を触れ合わせることで生まれるベビーマッサージの魅力をまとめてみました。 ベビーマッサージのここがスゴイ! 赤ちゃんの健康維持 マッサージによる全身の刺激で消化機能が高まり、便秘や下痢の解消に効果があります。 赤ちゃんの情緒の安定 赤ちゃんは体を触れられることで愛情を感じ、安心します。愛情のある触れ合いにより赤ちゃんの心を満たしてあげることで親子の信頼関係をも築けるでしょう。 また、筋肉がほぐれることで体の緊張が減少し、ストレスホルモンが減るとも言われています。これは体の免疫力を高めることにも繋がり、健康な体が安定した心を育てます。 赤ちゃんの運動機能の発達を助ける マッサージによる五感の刺激は脳の発達を促し、神経系や運動機能の発達を助けることが出来ます。筋肉をほぐしたり、加圧したりすることで筋肉の発達も促すことができるのです。 赤ちゃんの眠りが深まる マッサージにより全身の血行がよくなることで、赤ちゃんの眠りが深まります。また、呼吸が整い深く呼吸を出来る様になることも深い眠りを助けるポイントです。夜泣きを解消する手助けになることもあるかもしれませんね。 育児への気づきが生まれる 生まれた姿の赤ちゃんと触れ合うことで、赤ちゃんへの愛おしい気持ちが高まると言われています。母親としての気持ちが高まり、育児に対して前向きに取り組むことが出来たらいいですね。 また、赤ちゃんの体をゆっくり観察することで体の変化に気づくことも! マッサージの効果は、すぐにわかりやすく出る場合とそうでない場合があります。効果が出ないからといってやめてしまうのではなく、長い目で見ながらコツコツと続けてみると良いでしょう。 おわりに ベビーマッサージはどの月齢の赤ちゃんにも効果がありますが、赤ちゃんを抱っこすることに慣れてきたり、赤ちゃんの起きている時間が少し長くなってきた2~3ヶ月頃から開始すると良いでしょう。 また小さな赤ちゃんだけでなく、1歳を過ぎた赤ちゃんや、大きくなった子どもに行っても効果があります。親子のコミュニケーションの時間として習慣にしていくのも良いですね。 ベビーマッサージは家庭でも出来ますが、やり方を教わりたい!という方は赤ちゃんと一緒に教室へ通うのも良いでしょう。近い月齢のお友達との出会いもあるかもしれませんね。 全国のベビーマッサージ教室を検索 http://www.babymassearch.com

もっと続きを読む