クリスタルの老舗「バカラ」が、250周年記念レストランをオープン

記事画像

1764年創設、クリスタルの代名詞として日本でもおなじみの「バカラ」のレストランが、パリの老舗デパート「プランタン」にオープン! この特設レストランは、バカラの250周年を記念して、8月23日までの期間限定で開店するもの。 店内は、“旅行者のアパルトマン”をテーマに、エキゾチックなテイストと、バカラの250年の歴史を組み入れたデザインだ。 84ものライトがついた超豪華なシャンデリア(初公開!)が、空間を幻想的に演出している。 さらにすごいのは、このレストランのメニュー。 ミシュランの3つ星を最年少で獲得し、史上初の“3か国で3つ星を獲得”した伝説のシェフ、アラン・デュカス氏によるものなのだ! デパートの店内なので気負わずに入れるこのレストランで、視覚的にも味覚的にもゴージャスな体験ができそう。 また、プランタンでは、6月21日まで、限定のアクセサリーとスカーフを販売。 期間中にパリに滞在予定の人は、ぜひ訪れてみて! Printemps http://departmentstoreparis.printemps.com/ The post クリスタルの老舗「バカラ」が、250周年記念レストランをオープン appeared first on ISUTA(イスタ)オシャレを発信するニュースサイト.

もっと続きを読む