15秒のムービーが幻想的に!レトロな風景もモノクロームの世界も「Cinamatic」におまかせ?

記事画像

カメラアプリ「Hipstamatic」のファンなら、絶対気に入るフィルター満載の、ムービー版Hipstamatic「Cinamatic」が登場しています! Cinamaticは、その場で15秒のムービーを撮影したら、好きなフィルターを選んで、保存&シェアするだけのシンプルなアプリ。 リリース直後は、アプリ内からTwitterに投稿できず、フィルターの数も少なくて物足りない感じだったのですが、初めてのアップデートで、Vine経由でTwitterにも投稿できるようになった上、無料のフィルターも追加されて、楽しさが大幅にUP!しました(≧▽≦) Cinamaticを起動すると、画面の上半分に撮影中の映像が表示され、画面の下半分に撮影用ボタンが表示されます。 赤いボタンを押すと、押している間だけムービーが撮影されます。フロントカメラを使って、撮影することもできます。 15秒間の撮影が終わると、自動的にフィルター選択画面が表示されます。 フィルターは、初期設定で組み込まれているフィルターを使うこともできますし、フィルターショップで、気に入ったフィルターを購入することもできます。フィルターショップには、無料でダウンロードできるフィルターも提供されていたりします。 Hipstamaticで、個性的なレンズとフィルムを買いまくった人なら(それは私です)、Cinamaticのフィルターも、全部欲しくなっちゃうかも(≧艸≦) フィルターを決定すると、処理が始まります。 処理が終わったら、シェアするSNSなどを選択して、[Save & Share]をタップします。SNSへ投稿されるのと同時に、iPhoneのカメラロールにも、動画が保存されます。 フィルターを適用する前に、画面内のスピーカーアイコンで、音量を調節すると、無声映画のように、音なしのムービーを保存できます! 使えば使うほど、ハマっていくCinamaticですが、これから改善してほしいと思うところもあります。 一番大きな不満は、Hipstamaticのように、自分がどのフィルターを持っているかを、一覧で確認できないところ。何かを撮影しないと、編集画面が表示されないので、自分が持っているフィルターを、何も撮影せずに確認することができないのです。これは不便なので、Hipstamaticのように、フィルター一覧を撮影機能とは別の画面で、見られるようにして欲しいです。 でも、最初のリリースから、間を置かずにアップデートがありましたので、これからもっと使いやすくなるのではないかと期待しています☆ 15秒のムービーが幻想的に!レトロな風景もモノクロームの世界も「Cinamatic」におまかせ? は iPhone女史 の記事です。

もっと続きを読む