資生堂と京友禅が共演☆オリジナル書体が映えるデザイン風呂敷が限定発売

記事画像

上司や先輩から、ちょっぴり大人のホームパーティに招かれちゃった~!! そんなとき、手みやげのワインや日本酒をオシャレでデザイン性の高い風呂敷で包んで持っていったら、センスのいい演出が喜ばれてきっと感心されるはず♪ そんなちょっぴり特別な贈り物の包装に、また単独のギフトとしてもオススメの素敵な風呂敷発売の情報をお届け。 SHISEIDO THE GINZAから資生堂のオリジナル書体をデザインした風呂敷が4月17日(木)より限定発売されているそう。こちらは、資生堂のオリジナル書体である“資生堂書体”を、淡い色の生地に、京友禅の技術で染め出したとっても小粋なアイテム。 描かれている“資生堂書体”は、1927年頃に社内デザイナーらによって確立された資生堂独自の書体で、化粧品のパッケージや広告、資生堂ギャラリーの案内看板などで使用されていたりと、代々受け継がれてきた歴史ある書体なんだとか。確かに、ひと目見ただけでどこか“資生堂らしさ”が伝わるデザイン。品があって、オシャレで、なんだかアートのよう。 ラインナップは、「美」、「あそびましょ」、「つらつらつばき」の全3柄(各3888円 ※W74cm×H75.5mc)。どれもとっても素敵で思わず全柄欲しくなっちゃう。ちなみに、友禅染を頼んだところも京都の有名な老舗「岡重(おかじゅう)」だそう…。 「資生堂書体と京友禅という二つの伝統が出合い、しっとりと美しい風呂敷ができあがりました。風呂敷は、包み方を工夫すると、ちょっとしたバッグ代わりにもなりますし、スーツケース内の服の仕分けなどにもとても便利ですよ」と広報の小山さん。 さすが一流同士の共演。上質な雰囲気が漂い、ギフトに贈ったら喜ばれること間違いなし! こちらの風呂敷は、SHISEIDO THE GINZAでのみの限定販売とか。気になる人は、早めにチェックしてみて。発売日/4/17(木) 価格/3888円(税込) 営業時間/11:00~20:00 不定休 アクセス/東京メトロ「銀座」駅より徒歩7分 http://stg.shiseido.co.jp【関連記事】・海外セレブ愛用☆ミュンヘン発のラグジュアリーブランド「MCM」が銀座に直営店・限定アイテムの発売も☆東急プラザ 表参道原宿が「マレフィセント」の世界観に!

もっと続きを読む