ヘリウムガスのように音声を加工して楽しめる話題の動画共有SNS「Cliptone」

記事画像

ここ数年で非常に盛り上がっている動画サービス。動画作成サービスや動画を共有して楽しむSNS、動画広告や動画を用いた採用ツールなど様々な分野で動画が注目を集めている。 今回紹介する「Cliptone」も友人と自分で作成した動画や写真を共有できるSNSとして今ちょっとした話題になっているサービスだ。 特に最近はVineのようにショートムービーを簡単に共有できるサービスや、写真を繋ぎ合わせてオリジナルのムービーを作成できるサービスは多い。実際「Cliptone」でできることもそれに近く、自分で撮った10秒以内の動画や、写真を加工して簡単に共有して楽しむというのが主な使い方である。 ただ、それらのサービスがある中で、今「Cliptone」が注目を集めている最大の理由が、“voice filter機能”、すなわち簡単に声を加工することができる点にある。 ユーザーは自分が投稿したい写真や動画に対して加工した声のフィルターや音楽を加えることができる。実際、自分の声をヘリウムガスをすったような変わった声に加工したりして楽しんでいるユーザーが多く、いわゆる“自撮り”や友人と一緒にとった動画をアップロードするユーザーが多い。 リリースして数日ですぐに数万ダウンロードを達成するなど特に若い人から人気を集めている。現在はiPhone版のみだけだが興味がある方は是非チェックしてみてはいかがだろうか? Cliptone

もっと続きを読む