あり得ないのに懐かしい、トリックアートみたいな写真作品

記事画像

?布の道路を敷いていく少年”、?風船で浮かび上がった犬とお散歩する若者”…。 絶対にあり得ないけど、不思議とリアルな風景を見せてくれるのが、スウェーデン出身でベルリン在住の“写真家 & リタッチアーティスト”、Erik Johansson(エリック・ヨハンソン)さん。 15歳でカメラに出会って以来、その魅力にはまったというヨハンソンさん。 独学で習得した写真技術と、大学で学んだコンピューター技術を融合して、自分の思い描く風景を自在に2次元上で“再現”しているのだ。 彼描くの作品は、非現実ながらどこかなつかしく、抒情的。幻想的な物語の一場面のようでもある。 現在30歳のヨハンソンさんには、Google、Adobeをはじめ、さまざまな世界的企業からの制作依頼が舞い込んでおり、もしかしてあの作品も?と思った人もいるかもしれない。 いつまでも眺めていたくなる、これらの不思議な作品は、プリント版として購入可能。 小サイズ(約20×23㎝)が60ドル、中サイズ(約30×38㎝)が80ドル、大サイズ(約50×60㎝)が120ドルとのこと。 これからもますますの活躍が期待できる若手アーティスト、エリック・ヨハンソンさんの世界に魅せられた人は、ぜひ彼のウェブサイトもチェックして。 Erik Johansson http://erikjohanssonphoto.com/ ・アート(まとめ) The post あり得ないのに懐かしい、トリックアートみたいな写真作品 appeared first on ISUTA(イスタ)オシャレを発信するニュースサイト.

もっと続きを読む