ドイツの国民的B級グルメ「カレーソーセージ」、なんと博物館もあるのです!

記事画像

ドイツのソーセージは約1500種類 ドイツといえば、ソーセージやフランクフルトを片手にビールをゴクリ! というイメージがありませんか? これはあながち間違いではなく、実はドイツには地域ごとに特徴のあるご当地ソーセージやビールが数多く存在します。 バイエルンを代表する仔牛肉の白いソーセージに、ニュールンペルグ地方のスパイシーなソーセージなど、色も風味も長さも異なるものが約1500種類! ビールに至ってはドイツ全土で約6000種類もの地ビールが楽しめるそうです。 こちらは「Berverian Breakfast」と呼ばれる、バイエルン地方に伝わる「朝食」です。 茹でた白いソーセージ、プレッツェルをビールと一緒に頂きます。ソーセージの皮は剥いでから食べます。 これが国民的B級グルメ!Currywurst(カレーヴルスト) ドイツにはソーセージやフランクフルトの屋台が無数あり、なかでも国民的B級グルメが「Currywurst(カレーヴルスト)」と呼ばれもの。加熱してから一口大に切ったソーセージにケチャップとカレー粉をかけて食べるという、ベルリン生まれのソーセージ料理です。 パンやフライドポテト、マヨネーズを添えたりすることもあるそう。 ドイツ大使館によると、ドイツでは年間に約8億食、そのうちベルリンでは7000万食のカレーヴルストが消費されているのだとか! 地元の人たちはそれぞれお気に入りのカレーヴルスト屋台があるらしく、語りだしたら止まらなくなってしまうほど。ドイツ大使館の公式サイトでは、このB級グルメが「ベルリンのソール・フード」として紹介されています。むむむ・・・、すごい熱の入れようではありませんか! ついに博物館まで・・・! そして国民の熱き想いは、ついに「Deutsches Currywurst Museum Berlin(カレーヴルスト博物館)」という形で実現。2006年のことです。 ?Deutsches Currywurst Museum Berlin 博物館ではカレーヴルストの誕生秘話を始め、さまざまな食べ方について学べるだけでなく、直営のショップで試食もできるそうでよ。ミュージアムショップでは、オリジナルのソーセージ皿やエプロンにTシャツなどのお土産が購入できます。 もちろんソーセージ以外にもジャガイモ料理や肉料理、小麦を練って作るパスタやニョッキのようなダンプリングなど、ドイツの食文化は多彩。でもまずは、地元の人たちに交じってカレーヴルストを味わってみたいものです。 ■Deutsches Currywurst Museum Berlin 住所:ch?tzenstra?e 70, 10117 BerlinGermany 電話: +49-388-718-647 開館: 10:00 AM ~20:00 PM 料金: 大人11ユーロ、カレーヴルストの試食付き券は13.90ユーロ

もっと続きを読む