「CAFE UTOKU」で、おいしいコーヒーを飲みながら自然素材の服選び

記事画像

コンクリートブロックむき出しの無骨な壁に、温かみのあるアンティークの照明やイスが配されたカフェウトク。シンプルで着心地のいい自然素材の服やアクセサリーなどがディスプレイされた店内で、のんびりとお茶しながら服や雑貨選びが楽しめます。 小田急線鶴川駅から徒歩20分ほどの鶴川街道沿いにあるカフェウトク。決してアクセスが便利とは言えないロケーションながら、都会の喧騒から離れて静かに過ごせる雰囲気と、女性オーナー熊谷さんのセンスあふれるナチュラルなインテリアにひかれて、遠方からわざわざ足を運ぶ人が少なくないお店です。 「ひとりの時間を何もしないでぼーっと過ごせるようなカフェを作りたかった」と話す熊谷さん。「ウトク」とは漢字で「友得」と書くそうで、「カフェを通じて人と人をつなげるお手伝いができたら」という思いをこめて名付けたのだそうです。ゆったりと時間が流れるカフェにはひとりで訪れる人も多く、初対面のお客さん同士が会話を交わす場面もよくあると言います。 カフェでは、こだわりのコーヒーをメインに動物性不使用のヴィーガンメニューがいただけます。コーヒーは、多くのファンに支持されている人気ロースター「グラウベル」にお願いして、中深煎りと極深煎りのオリジナル2種類を用意。ほかにも熊本産自然栽培紅茶や穀物コーヒー、豆乳メイプルシェイクなど、オーガニックなメニューが揃います。 また、ウトクでは天然酵母のパンや素朴な焼菓子が不定期で登場します。熊谷さんが手作りする自家製レーズン酵母を使用したカンパーニュやスコーンも、牛乳やバターなどの動物性食品は使っていません。おいしくて、体にやさしいナチュラルスイーツとパンは密かな人気で、すぐに売り切れてしまうことも。パンやスコーンを焼く時は、当日のSNSでお知らせしているので、来店前にブログをチェックしてくださいね。 店内では「作り手の顔が見えるモノ」をコンセプトに、自然素材の服や雑貨の販売もしています。STYLE OF ILEやSa-Rahなど、素材にこだわったミニマムブランドの洋服は、どれもシンプルで着心地がよさそうなものばかり。ほかにも、フェアトレードのオリーブオイルや石けん、コーヒードリッパーなど、暮らしまわりの質のいい雑貨がいろいろ。熊谷さんがそれぞれの商品のバックストーリーを話してくれるので、じっくりと吟味してお買いものができますよ。

もっと続きを読む