【DIY】身近なもので即席プロジェクターを作ろう!!

記事画像

iPhoneの画像を大スクリーンで楽しみたい!! そんなとき、プロジェクターがあれば…なんて思いますよね。 もちろんiPhone用のプロジェクターはたくさん出回ってます。 でもこれを自分で作れたら、しかも身近なものでできたら、とっても面白いと思いませんか? 今回は超簡単なプロジェクターの作り方をご紹介します♪ 用意するもの ・靴などが入っていた空き箱 ・虫めがね ・テープ ・クリップ ・カッター ・鉛筆 たったこれだけです!! 虫めがねをセットしよう 箱の側面に虫めがねのレンズサイズに穴をあけます。 穴の部分に虫めがねをテープで固定します。 iPhoneを固定しよう iPhoneの画面を横向きに設定します。 〔設定〕→〔一般〕→〔アクシビリティ〕→〔Assistive Touch〕をオンにします。 そしたら画面に四角いボタン出てくるので、それをタップし〔デバイス〕→〔画面を回転〕→〔右〕で固定します。 iPhoneを箱の中に入れて、映像を映してみましょう。 レンズを通して壁に映る映像がちょうどよい位置にiPhoneを固定します。 クリップはiPhoneを固定するときに使います。 私も実際に作ってみました!! たしかに簡単!!不器用な私でもできました☆ ただ、箱が固いとレンズ部分をくり抜くときに苦労します。 私は倍率が2倍になる虫めがねを使いましたが、壁に映し出された映像はそんなに大きくなかったです。 縦10cm、横15cmといったところです。そしてご覧のとおり画質も粗かったです。 作るのは簡単でしたが映像を映すのに手間取ってしまいました。 虫めがねの倍率を変える、箱の大きさを変えるなどいろいろと工夫も必要かもしれません。 DIYが好きな方はぜひ挑戦してみてください!! 画像・参照元:apartment therapy 【DIY】身近なもので即席プロジェクターを作ろう!! は iPhone女史 の記事です。

もっと続きを読む