ゴー・ビトゥイーンズ展:こどもを通して見る世界■特別企画「子どもキャプション・プロジェクト」

記事画像

ゴー・ビトゥイーンズ展:こどもを通して見る世界■特別企画「子どもキャプション・プロジェクト」 ※日本語のみ子どもたちは展覧会をどのように見るのでしょうか。5月31日より森美術館で開催される「ゴー・ビトゥイーンズ展:こどもを通して見る世界」特別企画の本プロジェクトでは、ワークショップを通して子どもたちがお気に入りの作品、おすすめの作品を選んで自分たちの言葉で作品のキャプション(解説ラベル)を作り、その一部を展示室に掲示します。子どもたちが作品を見て、語って、説明するという美術体験を行なうと同時に、子どもたちが作ったキャプションを見た大人たちが、子どもの視点を通して展覧会を鑑賞することが本プロジェクトの目的です。先入観のない子どもの視点は、大人たちの見方に思わぬ変化や広がりをもたらしてくれるかもしれません。下記の申込制のワークショップを実施するほか、学校プログラムも展開します。子どもキャプションの掲出は、7月下旬からを予定しています。////////////////////////////////////////////////////////展覧会を見て、みんなでおしゃべりして、おすすめの作品の解説を作ります「子どもキャプション・ワークショップ」日時:2014年6月14日(土) 14:00-17:00会場:森美術館展示室内対象:小学生定員:30名(要予約、抽選)料金:無料(要展覧会チケット)企画協力:特定非営利活動法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]協力:ボンポワン「ゴー・ビトゥイーンズ展:こどもを通して見る世界」特設サイト : http://www.mori.art.museum/contents/go_betweens/index.htmlお申しこみ:https://f.msgs.jp/webapp/form/13445_dxt_516/index.do※申込締め切り:6月4日(水)※抽選結果は6月5日(木)-6月7日(土)に、メールにてご連絡します。////////////////////////////////////////////////////////

もっと続きを読む