職人ワザが織りなす可愛いアメ細工に目がクギづけ! 実演販売あり・体験ありの「あめ細工吉原」が楽しすぎるっ!

記事画像

かわいい物好きのみなさん。かわいい物って、集めたりもらったりするその瞬間は楽しいけれど、最終的に処分しなくちゃならないときは本当に本当に苦しすぎますよね。でも今日紹介するあめ細工なら、大丈夫。見て楽しんで、最後には味わって楽しめちゃう。 あめ細工は、じつは平安時代から行なわれている日本の伝統芸。わずか180秒のあいだに水飴から一気に形を作り上げていく、職人のワザです。そんな歴史ある伝統芸を惜しげもなく見せてくれるうえに、そのキュートでオシャレな作品を買えるお店がある……と聞いて、取材に行ってきました! ■ ひとつひとつ手作りで、精巧な作りのあめ細工 やってきたのは千駄木駅から徒歩3分の「あめ細工吉原」。ジャズが流れるオシャレ和風モダンな店内には、壁一面にかわいいあめ細工がずらーっと並んでいます。 あめ細工はひとつひとつ、すべて手作り。伸びをしている猫ちゃんがあったり、羽まで細かく作られているインコがあったり、豪華な鳳凰があったり。精巧な作りに「本当にあめなの? 食べられるの?」と言いたくなってしまいます。こんな手が込んだ細工なのに、全てのあめが180秒以内で作られているんですって。信じがたい! 男の子が好きそうなあめ細工も。カブトムシやドラゴン、恐竜まで。記者では油粘土でも作れなそうな精巧さなのに、180秒以内にあめで作っているなんてすごすぎます。 ■ 実演販売もやってます! 記者のように信じられない人のために、あめ細工吉原では、実演販売をしています。やってみてもらったところ、かわいいうさぎを作るのにかかった時間はわずか120秒! 80℃に温められたあめが冷えていき、加工できなくなるまでのタイムリミットが180秒なので、その時間しか使えないのだとか。まさに瞬間芸! ■ 自分であめ細工を作ってみることも! 「こんなすごいこと、素人には到底できない!」と思うのですが、実はあめ細工作り体験も日曜日にやっています。作れるものは日替わりで決まっていて、難易度の低い順にうさぎ、ことり、イルカ、象。熱いあめを細工するので、安全を考えて受け入れは6人までの少人数制。1時間かけて練習し、最後に180秒以内であめ細工を完成させるんですって。 気になる予約の方法だけど、このお店は「月初めの営業日」に「翌月の日曜日の予約」を受けるシステム。1日で予約がいっぱいになってしまう人気っぷりなんだとか。夏休みの体験にやってみたい人は、6月1日に電話すると7月の予約がとれる、かも! ■ プレゼントにも喜ばれそう! メッセージを入れられる「誕生日あめ細工」や「出産祝い用あめ細工」、「似顔絵あめ細工」もあります。プレゼントにしたら喜ばれそう! インターネット販売もしているので、気になった人はホームページをのぞいてみては? 伝統芸をモダンにキュートによみがえらせている、すてきなお店でした! 【店舗情報】 住所:東京都文京区千駄木1丁目23-5 アクセス:東京メトロ千代田線千駄木駅1番出口より徒歩3分 HP:http://ame-yoshihara.com/index.html 電話番号:03-6323-3319 営業時間:12:00~19:00 定休日:月・火曜日(祝日は営業) 取材・執筆=FelixSayaka(c)Pouch

もっと続きを読む