干物女子にならないためのファッションとは?

記事画像

 男性は、交際したい彼女は外見ではなく性格で決めると言いますが、どの女性にアプローチするかはやっぱり第一印象で決めることが多いのだそうです。 アラサーの良さを引き出して  外見で良いなと思った女性にアプローチして、話してみて性格もOKなら付き合いたいなと思うようですね。そのため、男性から恋愛対象とされる素敵な女性になるためには、性格はもちろんですが、まず、男性から「声を掛けたいな」と思われるようなファッションに気を遣う必要もあります。  若いうちは、少しぐらい肌を露出しても寒くなかったり、寒くてもファッション重視だったりとにかく冒険。しかし、アラサーになると新陳代謝も低下してくるので脂肪がつきやすくなりますし、体型も少しずつ変化してしまいます。肌の露出も似合わない年齢になってくるので、肌も隠しがちに。そして、気が付いたときには、ファッションよりも機能性や防寒を重視したカジュアルすぎるオバサンファッションに身を包んでいたなんてことにもなりかねません。オバサンファッションでは男性の気を引くことはできませんし、男性からは「干物女子」なんて嬉しくないレッテルを貼られてしまうかもしれません。  そうならないためには、年齢に合ったファッションに気を遣いましょう。20代と30代とではどうしても体型が違っているので、同じファッションをしても似合わないに決まっています。アラサーにはアラサーの良さを引き出してくれるファッションがあるので、徹底的に研究して街ですれ違う男性が振り向くような素敵な女性を目指したいですね。  まず、肌の露出。20代ならミニスカートに素足で太ももが出ていても、肌がピチピチしているので体型に関わらず素敵に着こなせます。しかし、アラサーになってギャルファッションではNG。ミニスカートを履くなら、色の濃いタイツでカバーしたり、ロングブーツで肌の露出を最小限に抑えたほうが良いでしょう。肌を露出するなら、膝小僧よりも上はカバーしてひざ下を見せるのがアラサー流。ロングブーツを履く場合には、ミニスカートではなくショートパンツを選んだほうが、大人な雰囲気を出せそうです。  全体のシルエットがほっそり見えるラインに整えることも、アラサー女子が干物と呼ばれないための極意。できるだけシンプルにまとめると同時に、素材の質感やデザイン、色味などで勝負したいですね。20代の頃には出来ない「大人」をアピールするのが、若い女子に負けずに男性から愛されるコツと言えるでしょう。 Photo by xjack

もっと続きを読む