外国人は雨が降っても傘をささない?!北欧の傘事情

記事画像

「欧米人は傘をささない人が多い」というイメージはありませんか? これはあながち間違いではなく、オーストラリアでもイギリスでも本格的に降り始めないと傘を使わない人が多いようです。これがアジアになると事情は変わってきます。豪雨や台風に見舞われることの多い東南アジアでは折りたたみ傘は必需品! また、日本では小雨でも傘をさす人の姿が目立ちますよね。 国によっても国民性によっても異なる世界の傘事情。雑貨ブームの続く「北欧」はどうなの? 傘もやっぱりオシャレなのでしょうか? 北欧の傘事情をお届けします。 フィンランド @Flickr/Alexandra Shook 幻想的なオーロラや湖沼など自然資源に恵まれたフィンランド。当地では雨が降っても、傘はささずに帽子やジャケッドのフードをかぶります。また、雨が降り続くことは少ないため雨宿りをしてやむのを待つことも多いそうです。傘をさす人は少ないものの、フィンランドのテキスタイルブランド「marimekko(マリメッコ)」の折りたたみ傘は女性に大人気! 同社の折りたたみ傘は様々デザインを展開をしており、鮮やかな色使いが魅力。日本でも購入することができます。 ノルウェー 話題のディズニー映画「アナと雪の女王」の舞台にもなったノルウェー。TABIZINEの記事でもその絶景を紹介しましたが、目を見張るものがあります! そんな大自然に恵まれたノルウェーで育った人々は、アウトドアが大好き。防寒・防水ジャケットは常備しているらしく、雨の日にはジャケットを羽織りフードをかぶって歩くのだそうです。ノルウェーの人たちはジャケットほど傘に対するこだわりはなく、ずぶ濡れになる寸前にならないと傘は使わないようです。 デンマーク デザイン性に優れた低価格な雑貨チェーンが話題を集めているデンマーク。雑貨だけでなく、世界最大の島グリーンランドを領有することやアンデルセン童話でも有名です。さて、雨が降ったときデンマークの人たちはどうするのかというと、レインコートと長靴を着用。小雨であれば濡れるのを気にすることはないそうです。傘はあまり使わない模様。 スウェーデン 日本の北欧ブームの先駆けと言っても過言ではない、スウェーデンの洗練されたインテリア雑貨や家具。雑貨に対する思い入れが強いのかどうかは定かではありませんが、スウェーデン人は折りたたみ傘を求める人が多いのだとか。前述の国々とは異なり、スウェーデン人は雨が降ると傘を使う人が多いんですね! 北欧の人々はインテリア雑貨同様に傘への思い入れも強いのかと思いきや、そうでもなさそうです。 [Photo by shutterstock.com]

もっと続きを読む