大都会の照明がすべて消えたら…あり得ない“絶景”を捉えた写真

記事画像

都市部に住んでいると、夜もネオンが消えることはなく、満点の星空を見る機会はなかなかないもの…。 ここ数年は、キャンドルナイトなど、街の明かを消そうという企画が盛んになっているが、“もしも大都会から一切の明かりが消えたら”というあり得ない世界を表現したのが、フォトグラファーのThierry Cohenさん。 Cohenさんが2010年から創作しているシリーズ「villes eteintes’ (darkened cities)」は、東京やニューヨーク、パリなど世界の主要都市がモチーフ。 まず、正確に場所を記録した大都市の写真を撮影。そして、地球の自転を計算し、その都市で見えていたであろう天空を、サハラ砂漠など星空を邪魔するもののない別の場所でも撮影。 最後に、その2つの写真を合成する、という手法だ。 暗闇の静寂の中に光り輝くあふれんばかりの星空と、うっすらと浮かび上がる巨大建築とゴーストタウンのような街並みは、あまりに対照的で、なんだか恐ろしいほどの存在感を放っている。 この写真を、自然の本来の美しさを鮮烈に表現したものと見るか、はたまた環境破壊や人口爆発など、社会問題を描いたものと見るかは、あなた次第。 私たちが失ってしまった“絶景”の数々を、ぜひじっくりと眺めてみてほしい。 image (c) Thierry Cohen Thierry Cohen http://thierrycohen.com/index.html DANZIGER GALLERY http://www.danzigergallery.com/artists/thierry-cohen The post 大都会の照明がすべて消えたら…あり得ない“絶景”を捉えた写真 appeared first on ISUTA(イスタ)オシャレを発信するニュースサイト.

もっと続きを読む