「芋ようかん」でおなじみ、浅草「舟和本店」が手がけるカフェがステキ

記事画像

東京みやげの定番「芋ようかん」で親しまれている「舟和本店」がカフェをプロデュース。パフェ、パンケーキなど、自慢のサツマイモを使ったカフェならではのスイーツが味わえます。 東京メトロ浅草駅A4出口から歩いてすぐ、雷門通り沿いにお店があります。 「舟和本店」といえば、創業110余年を数える浅草の老舗和菓子店。 白の石壁をベースとしたモダンな外観は、これまでの「舟和本店」の店舗とは、ガラッと装いが異なります。 カウンター上のメニュー表に目を向けると、伝統のサツマイモを使ったメニューがずらり。 イチオシは、「芋ようかんソフトパフェ」850円。角切りされた芋ようかんをはじめ、芋ようかんの風味がたっぷりのソフトクリーム、サツマイモのモンブラン、芋クリームなどをトッピング。さまざまな“おいも”の魅力が楽しめる贅沢な逸品です。 ドリンクには、「お芋ラッテ」350円がおすすめ。サツマイモとミルクの優しい甘みが口いっぱいに広がります。ホットだけではなくアイスでも楽しむことができます。 さらに見逃せないのが、「おいものパンケーキ」600円です。ふわふわの生地でサツマイモのクリームをサンド。周りには、舟和本店のもうひとつの名物「あんこ玉」が添えられています。 パンケーキの生地にはスマイルマークが描かれ、時期によって特別バージョンの絵柄もあるそうです。コーヒー(または紅茶)付きは、+200円の800円でいただけます。 コチラでは「舟和本店」の看板商品「芋ようかん」97円や「あんこ玉」54円なども販売。テイクアウトもできるので、おみやげとして買ってもおすすめですよ。 注文はカウンターで受け付け、席に料理を届けてくれる、半セルフ形式。店内に入ると、ステンドグラスや大きな窓が配され、明るい空間が広がり、テーブルやイスも落ち着いたシンプルなデザインで、ゆったりとくつろげます。 奥には、喫煙席を設けたガラス張りのウッドデッキテラスもあります。 甘味処や渋めの喫茶店が多い浅草にあって、オシャレな女性好みの「ふなわかふぇ」はとっても貴重な存在。 サツマイモをベースにしたスイーツ類はどれも優しい甘さで、世代を問わず味わえる、満足度の高いカフェのひとつといえます。

もっと続きを読む