京都のアロマキャンドル作家がプロデュースしたケアコスメブランド「SCENT OF Varo」誕生 / 摘みたての花や草木みたいな香りが心地いい♪

記事画像

「earth music&ecology」などを展開するアパレルメーカー、クロスカンパニーから初のケアコスメブランドが誕生するようです。京都のハンドメイドアロマキャンドル作家がプロデュースしたとのことで、摘みたての花や草木を連想させるオリジナルブレンドの香りが特徴みたい。 8月上旬に発売される「SCENT OF Varo(セントオブヴァロ)」は、京都のハンドメイドアロマキャンドル『VARO CANDLE』の作家である藤村りょう子さんがプロデュースするケアコスメブランドです。 素材にこだわって調合したというオリジナルブレンドの香りは、イングリッシュガーデン、レッドカラント、ライラック、ローズ、ラベンダーの5種類。アイテムは、ハンドケア、ボディケア、インバスケアの3ラインが用意されています。 中でもメインとなるのはハンドケアシリーズで、肌のコンディションに合わせてテクスチャーを選べるクリーム、バター、トリートメントの3つのバリエーションが揃うのだとか。 どのシリーズも鉱物油、合成着色料、紫外線吸収剤、パラベンフリーで、原料はできるだけ天然由来のものを使っているそうです。ブランドキャラクターのネコのJardin(ジャルダン)もかわいいし、ギフトにしてもよろこばれるハズ♪ 参照元:クロスカンパニー 執筆=夢野うさぎ (c)Pouch

もっと続きを読む