【アイディア大賞】もう時間をかけて絞り出す必要はありません! 起き上がりこぼし風歯磨きチューブ「Roly-Poly」登場!

記事画像

「ひぃぃぃ、歯磨き粉が出てこないぃぃぃ。 しょうがない、今日はこの1mmで乗り切ろう! 帰りに新しいの買ってこなくちゃ~。」と思っていたのに結局また買い忘れ、次の日も1ミリで頑張る。なんていう経験、ありませんか? 今回ご紹介するのは、そんな時にお役にたてそうな、起き上がりこぼし風歯磨きチューブ「Roly-Poly」。シンプル&スマートな構造で、常に残りの歯磨き粉をキャップ付近に集中させ歯磨き粉が出て来やすい状態をキープしてくれる、優れものの歯磨きチューブなのです!! Roly-Poly(起き上がりこぼし)なんてオチャメな名前の通り、どんな置き方をしてもきちんとキャップを下にして垂直に立ってくれるのは、中心部分に重心が集まるように細工されたキャップのおかげ。 無造作にチューブを置いても、 チューブは左右に揺れながらバランスをとり、 その結果、残りの歯磨き粉が中央に集まります。 さらに直立状態で停止することで、歯磨き粉はいつもキャップ付近でスタンバイ。という仕組み。 いかがですか? どうしてこのタイプの歯磨きチューブがメジャーになっていないのか不思議なくらい、理にかなっていると思いませんか? 製造費用がかさんで、単価があがっちゃうのかしら。 時間をかけて絞り出さなくてもスッキリ最後まで使い切れる上に、スペースもとらない起き上がりこぼし風歯磨きチューブ「Roly-Poly」。近所のスーパーに並ぶ日が待ち遠しくてなりません。 参照元=TREND HUNTER、YANKO DESIGN 執筆=中野麦子(c)Pouch

もっと続きを読む