味も雰囲気もまさに本場。タイにトリップできる「タイの食卓クルン・サイアム」へ

記事画像

自由が丘、しらかば通りの中ほどにある控えめの入り口の階段を上れば、そこはタイ。「タイの食卓クルン・サイアム」は、女性ひとりでも落ち着ける雰囲気で、お肉もシーフードもほどよい辛さが魅力的な、本格タイ料理を楽しめるお店です。 「タイの食卓クルン・サイアム 自由が丘店」は、自由が丘の正面口から出てロータリーを渡ったところにある小径「しらかば通り」にあります。ちょっと控えめな入り口にある、ブルーの看板が目印。 扉を開けて細いピンクの階段を上ると、異国情緒溢れる空間が広がります。ピンクを基調としたかわいらしい店内は、20正規諸島のバンコクに建てられた西洋人の家をイメージしています。 店内には、夜はお酒も楽しめる1人やカップルに人気のバーカウンターがあり、ゆっくり食事を楽しめるテーブル席も10席あります。 おすすめメニューは、メイン写真の自家製のタレにじっくり漬け込んだほどよい辛さがくせになる「鶏肉のスパイシー焼き ガイ・ヤーン(980円)」。そのまま食べても、小皿についた特製タレにつけて食べても美味しい一品です。 辛さは店員さんに言えば調節してもらえるので、辛いのが苦手な人でも安心です。 「辛さを抑えたら本格的なタイの味にならないのでは……?」と思うかもしれません。 でも大丈夫! 辛さを抑えても、タイの本格的な味はそのままなんです。スパイシーだけど、ほどよい辛さで味わえるタイ料理。そんな不思議な感覚を味わえるメニューがたくさんあります。 ランチタイムには、11:30の開店と同時に本格的な味を求めて多くの女性客で賑わいます。リーズナブルな価格で小鉢が2品つくランチメニューは、気軽にタイを味わえるのが人気の秘密です。 ディナータイムでは、タイビールや辛い料理に合うアジアンカクテルなども楽しめます。お酒と一緒に本格タイ料理を味わうと、最新のタイ・ポップ音楽が流れるお店の雰囲気と合わさって、まるでタイに旅行に来たかのよう。 行列もできるほどの人気店「タイの食卓クルン・サイアム 自由が丘店」。タイ国内の有名ホテルで経験を積んだ、タイ人シェフたちによるこだわりの料理たちは、まさに本格的なタイの味。一度食べるとやみつきになって「今度はこれを頼もう!」と、また次の楽しみが見つかるお店です。

もっと続きを読む