ヘルシーな酒の最高のおとも 焼き魚BARの新店がオープン「焼魚BARざんぐり 綾富」

記事画像

知る人ぞ知る雰囲気抜群の酒場密集地帯「四富会館」において、支持を集める焼き魚BAR「ざんぐり」が綾小路富小路に新店をオープン。旬の焼き魚、名物の焼き八寸を厳選された日本酒や焼酎とともに味わえます。 地下鉄烏丸線の四条駅から東へ進むと、南北に走る富小路が見えてきます。交差点を南へ進み1本目の通りが「綾小路通」です。賑わう四条通のすぐ南に位置する通りだけあり、飲食店が点在しています。その綾小路を東へ入ると南側に賑やかな声があふれるお店が現れます。そのお店こそ、今回の目的地「焼魚BARざんぐり 綾富」です。 入口を抜け履物を脱いで店内に入ると、ムーディな音楽と淡い照明、そしてお客さんの笑い声で彩られた空間が出迎えてくれます。カウンター・テーブルが両方用意されていますが、本日は店主との会話を楽しむためカウンターへ。大柄な店主の奥村さんは、気さくを絵に描いたような人なので、気軽に話すことができます。 こちらのお店の名物はなんといっても「焼き八寸」(1200円)。仕入れによって内容は変わりますが、この日は小アユの塩焼きをはじめ、ツブ貝のうま煮、菜の花のナムル、新ごぼうの煮びたしなど彩り豊かな料理が四方八寸の幅の美しい器に盛りつけられています。奥村さんは京料理の修業を積み、海外でも腕をふるった本格派。たしかな味つけで、目と舌を喜ばせてくれます。 また、なによりもうれしいのが、「焼き八寸」の料理は、どれもが日本酒との相性が抜群なこと。奥村さんが厳選して仕入れた日本酒(600円~)は常時10数種以上揃うので、その日のオススメや、料理と合うものを気軽にきいてみてください。ベストなお酒を用意してくれますよ! 「焼き八寸」で満足してはいけません。「焼魚BARざんぐり 綾富」に来たのなら、ぜひ焼き魚を注文してみてください。生でも食べられる新鮮な旬の魚をあえて刺身では出さず、「ほっこり家庭的に焼き魚として味わっていただく。これが“ざんぐり流”です」と語る奥村さん。この日のオススメは「アマゴの開き一汐」(600円)と、川魚が登場。家では少し面倒な焼き魚をお手軽かつ最高の焼き加減でいただけることから、女性ファンの支持率が高いのだそう。そのおいしさにお酒が進みますが、飲み過ぎないように注意してくださいね。

もっと続きを読む