こんなのアリ?!型破りな世界のハイヒール3選

記事画像

足下のオシャレとして、美しくしなやかなフォルムを持つハイヒールは多くの女性に愛され続けています。そんな中でも今回は、「一体どうやって履くの?」と思わせる、ユニークで奇想天外なハイヒールをお伝えしたいと思います。 思わず笑顔がこぼれるコビ・レヴィ(Kobi Levi) ヒールにあしらわれたデザインが特徴的てユニークな『コビ・レヴィ(Kobi Levi)』。 彼がデザインを始めたのは、なんと高校生の頃。当初、段ボールを使って創作活動をしていたそうですが、現在でもその精神を引き継ぎ、ハンドメイドでの制作を続けています。彼の作品は、「靴」の概念を越えて「アート」としても人気が高く、今では世界的に有名なシンガー、レディ・ガガもご愛用だとか。サメやカモなどの動物をイメージした作品もたくさんあり、履かずに飾っていたくなるような不思議なハイヒールです。 ?KOBI LEVI公式ブログ ?KOBI LEVI公式ブログ ?KOBI LEVI公式ブログ ジュリアンヘイクス(Julian Hakes)の斬新なアイディア ソールのない斬新なデザインを靴に取り入れた、『ジュリアン・ヘイクス(Julian Hakes)』。 ライムピールをイメージして作った「モヒート」の度肝を抜くフォルムは、今までの靴のデザインを打ち壊す奇抜なアイディアで、多くの業界人に衝撃を与えました。 もともと橋の設計を手がけていたジュリアン・ヘイクスにとって、「ソール」はハイヒールに不要な物。その活気的なアイディアが、定番的なハイヒールの形に革命的な進化をもたらしたのです。異業種であった彼だからこそ、成し得た革命だったのかもしれません。 ?Julian Hake公式facebookページ ?Julian Hakes公式facebookページ ?Julian Hakes公式facebookページ 履くのがちょっと可哀想?イレギュラーチョイス(Irregular Choice) シューズデザイナーの両親に育てられたダン・サリヴァン。1999年にスタートした彼のブランド、『イレギュラーチョイス (Irregular Choice)』は、長い間無名に近い存在でしたが、今ではヨーロッパやアジアなど世界20カ国以上で販売されるインターナショナルブランドとして成長を遂げました。 彼が生み出す作品の特徴は、カラフルでデコラティブなデザイン。ヒールにはバンビや猫などの可愛らしい動物があしらわれいて、人目を惹きつけます。ヒールに隠れた動物たちが、どこか素敵な場所へ連れて行ってくれそうな予感がします。 ?Irregular Choice公式facebookページ ?Irregular Choice公式facebookページ ?Irregular Choice公式facebookページ 毎日のファッションを、楽しくしてくれる足下のオシャレ。こんな個性的な靴があれば、出かけることがもっと楽しくなりそうです。

もっと続きを読む