【藤沢本町】3+3カフェは藤沢を一望できる空に浮かぶ天空のカフェ!

藤沢に「天空のカフェ」なるものがあるのをご存知ですか?

以前、娘の吹奏楽部の発表会が藤沢本町駅から徒歩9分の複合施設(通称Fプレイス)で行われた事があり、建物の案内板を見ると、6階にカフェを発見。

ずっと気になっていた『3+3カフェ』をご紹介します。

目次

3+3カフェとは

藤沢本町駅から徒歩9分の場所にある2019年4月にオープンしたお店です。

名前は「さんたすさんカフェ」と読みます。

藤沢市の公的施設内にあるので、こんな所に!?という感じですが、安心して下さい、あるんです、別名「天空のカフェ」の名に相応しいお店が😊

広いテラス席からは、海へと続く藤沢の南側すべてを一望できる最高のロケーション。

江ノ島はもちろん、天気次第では富士山も見えます✨

眺めが良いだけでなく、藤沢の老舗焼き肉店「ヨンドン」等飲食店を営まれているオーナーさんなので、藤沢に対する熱い思いも詰まったお店なんです。

店内の様子

メニューリスト

実際に行ってきました!

12時半頃に到着しましたが、この日はすでにほぼ満席。

名前を書いて待つ事10分、お待ちかねのおしゃれな店内へ。

お肉料理が中心のメニュー、王道のハンバーグが一番人気ですが、湘南ミルクという響きに引かれグラタンと、友人は群馬県産ポークをチョイス。

順番待ちの間に見つけた情報、何とヨンドングループ29周年記念との事でLINEのお友達登録でローストビーフサラダが破格の1,500円→290円!!

さすがに1人1皿の注文ではなく2人で1皿でしたが、写真の通りのボリュームで、柔らかいお肉には岩塩と、藤沢産のお野菜の上にキャロットソース、見ただけですでに美味しい😆

ご満悦で食していると、こちらも見るからに絶対美味しいグラタンが登場、濃厚なベシャメルソースとたっぷりのマカロニ、海老やイカが次々お目見え、口の中が美味しさで包まれる幸せな時間に…

お裾分けしてもらった群馬県産ポークのジューシーなお肉の味に再び幸せを実感…

ご飯は藤沢産の黒米やもち米など、お店でブレンドした雑穀米を使用しているとの事で、地産地消をモットーに新鮮食材を提供しています。

デザートメニューも藤沢産に拘っており、湘南ミルク&卵を使用したクリームブリュレや江ノ島シーキャンドルをモチーフにしたキャロットケーキなど魅力的なものばかり😍

今回は別腹もいっぱいになってしまったので、スイーツは次回のお楽しみにする事にしました\(^-^)/

営業時間&アクセス方法

【営業時間】
ランチ 11:00〜14:30
カフェ  14:30〜17:00
ディナー 17:00〜21:30 完全Close

【定休日】
第3月曜日
(但し第3月曜日が祝日の場合第2月曜日になります)

【アクセス方法】
小田急江ノ島線「藤沢本町駅」より徒歩9分

【住所】
〒251-0053
神奈川県藤沢市本町1丁目12−17 Fプレイス6F
「3+3CAFE」(SAN TASU SAN CAFÉ)
TEL : 0466-23-3939

この記事を書いた人

ママ歴15年時々ナース、ランチに癒しを求める新米ライター

目次
閉じる