【9/1~29】旬の果物を堪能!「HiO ICE CREAM Atelier 自由が丘」の巨峰ソーダ

厳しい暑さが続きますが、暦の上では秋。たくさんの果物が旬を迎える季節になりました。
クラフトアイスクリームブランド「HiO ICE CREAM(ヒオ アイスクリーム)」の工房「HiO ICE CREAM Atelier 自由が丘」では、9/1から「巨峰ソーダ」が登場! 旬の巨峰がまるごと味わえる暑い日に飲みたくなるドリンクをご紹介します。

“HiO ICE CREAM”のこだわり

HiO ICE CREAM ギフト・パイントボックス

HiO ICE CREAMでは、おいしさを追求するために魅力あふれる素材を探し求め、素材本来の良さを最大限に引き出せるよう、少量ずつ職人さんによるハンドメイドで丁寧に作られています。使用する素材は、各地の生産者のもとへ足を運び、直接買い付けているとのこと。

フレーバーごとに素材の旬を大切にし、食べる季節の気温や湿度によって、どのような硬さ、甘さが良いのか、おいしさを最優先に製造する特別感のあるアイスクリームがいただけます。

自由が丘の工房のほか、オンラインショップでは、ギフトにぴったりなミニカップの詰め合わせやシェアして食べる楽しさが毎月届くパイントカップなどを販売し、人気を集めています。

果汁たっぷり! 爽やかな巨峰ソーダ

HiO ICE CREAM Atelier 自由が丘の巨峰ソーダ

期間限定の巨峰ソーダは、自家製シロップを加えた炭酸水の上に氷状のシャーベットを浮かべたフロートドリンク。シャーベットは、山梨県のぶどう農園「甲斐のぶどう屋 丸山農園」から直送された巨峰の果汁や皮をふんだんに使用し、マイナス40度で急速冷凍しています。

グラスに入った果実と芳醇なぶどうの香りがストレートに感じられる贅沢な一品。手作りのため、数量限定での販売となります。気になる方はお早めに!

クールダウンして残暑を乗り切ろう

HiO ICE CREAM Atelier 自由が丘

HiO ICE CREAM Atelierは自由が丘駅から、徒歩5分ほど。ガラス張りの工房では、顔が見えるものづくりを大切にしていることから、職人さんがアイスクリームを作るすべての工程を眺めながら、食べながら、楽しむことができます。

9月になっても厳しい残暑はまだ続きそう!自由が丘へのおでかけとともに、冷たいスイーツでリフレッシュしませんか。

「HiO ICE CREAM Atelier 自由が丘」巨峰ソーダの詳細

東京都世田谷区奥沢 7- 4 -12
営業日時 :水曜日~日曜日・祝日 11:00~18:00
発売日:9月1日(日)~9月29日(日)のうち、金/土/日/祝のみ
※各日数量限定販売
※発売日及び終売日は予定(巨峰の収穫時期に伴い変更の可能性があります)
価格:550円(税抜)
https://hioicecream.com/

WRITER

ライター

こっちもおもしろい

気になるコラム