フルーツサンド片手に過ごす、至福の休日 ― 赤坂「Fru-Full(フルフル)」

赤坂にある「Fru-Full(フルフル)」は、季節のフルーツを使用したメニューをそろえるホットケーキパーラー。定番メニューはホットケーキですが、鮮やかで美しいフルーツサンドも同じくらい人気を集めています。

ホットケーキパーラー「Fru-Full」のフルーツサンド

オーナーを務めるのは、数年前に閉店した90年の歴史を持つ老舗フルーツパーラーに勤めていた川島さんです。老舗から受け継いだ、懐かしの味を求めて訪れる人も多い「Fru-Full」の魅力を体感してきました。

赤坂の路地裏にあるホットケーキパーラー「Fru-Full(フルフル)」

ホットケーキパーラー「Fru-Full」の外観

「Fru-Full(フルフル)」があるのは、赤坂駅から歩いて5分ほどの場所。「赤坂サカス」をはじめとした商業施設や飲食店が軒を連ねるエリアとは逆側の、住宅が立ち並ぶ一角にあります。

路地裏のマンションの1階にあり、通りすがりで偶然見つけるのは難しそうな立地にもかかわらず、平日でも行列ができるほどの人気店です。

ホットケーキパーラー「Fru-Full」の店内

ホットケーキパーラー「Fru-Full」の窓際席の外の眺め

ガラス張りの入口からは陽の光がよく入り、白を基調とした店内は明るい雰囲気。

ホットケーキパーラー「Fru-Full」のショーケース

ショーケースに並ぶ色とりどりのフルーツやテイクアウト用のスイーツは、見た目にも華やか。店内に一歩入った瞬間、わくわくと胸が高鳴ります!

旬のフルーツをふんだんに使った「Fru-Full(フルフル)」のメニュー

ホットケーキパーラー「Fru-Full」のフルーツがたくさん入ったショーケース

「Fru-Full(フルフル)」の人気の理由は、旬のフルーツを使ったメニューを味わえること。

フルーツサンドやフルーツパフェのほか、看板メニューのホットケーキにも、季節に合わせたフルーツがトッピングされたメニューがあります。

フルーツは、川島さんが老舗パーラーにいた頃からお付き合いのある契約農家や市場から仕入れているそう。

 ホットケーキパーラー「Fru-Full」のショーケースに入っていた桃とアップルマンゴー

川島さん:「うちで提供しているメニューは、どれもフルーツの味がポイント。季節ごとに一番いい状態のものを仕入れるのが何よりも大事なんです。その年の天候によっても味が変わってくるのですが、古くから付き合いのある仕入れ先のおかげで、質のいいものを安定的に仕入れられています」

老舗パーラー時代には、長らくフルーツの販売を担当していたという川島さん。確かな目利きを経て厳選された材料でつくるフルーツサンド、楽しみです。

フルーツや食パン、生クリーム……「Fru-Full(フルフル)」のこだわり

フルーツサンドに使われているフルーツは、いちご・マンゴー・パイナップル・キウイの4種類。素材の味をダイレクトに感じられるよう、ゴロッと大きめにカットしているのが特徴です。

ホットケーキパーラー「Fru-Full」の厨房でカット前のフルーツサンド

こだわっているのはフルーツだけではありません。

食パンは、名だたる有名パーラーにパンを卸している「サンワローラン」のものを使用。フルーツサンドに合うよう、少し甘みがあるものをチョイスしています。

また生クリームは、コクのある動物性のクリームに、少量のコンパウンドクリーム(植物性・動物性の混合タイプの生クリーム)を混ぜたものを使っています。

動物性の生クリームだけだと、時間がたつとボソつきが出てきてしまうそう。フルーツサンドをテイクアウトするお客さんも多いので、時間がたってもおいしく食べられるように工夫をしているんですね。

ホットケーキパーラー「Fru-Full」の厨房でカット後のフルーツサンド

「パンにフルーツと生クリームをはさんだあとは、30分〜1時間ほど寝かせます。泡立てたばかりの生クリームはやわらかく、少し寝かせることでクリームが落ち着いてカットしやすくなるんです」と川島さん。

事前にはさんだ状態のものをつくっておき、オーダーが入ったらカットして提供しているのだそう。

ケーキを切るときのように包丁を温めて、手早く切ってお皿に盛り付ければ完成です!

白いパンと生クリームに映える色鮮やかなフルーツ

ホットケーキパーラー「Fru-Full」のフルーツサンド

真っ白なお皿の上にピシッ! と鋭角な山のように連なるフルーツサンドは、触れるのをためらってしまうほどの美しさ。

カットしたときの見え方をふまえて材料を配置しており、白いパンと生クリームが色鮮やかなフルーツをいっそう引き立たせます。いろいろな角度から見てみたくて、思わずお皿をくるくる回してフルーツサンドを眺めてしまいました。

ホットケーキパーラー「Fru-Full」の美しい断面のフルーツサンド

やわらかな山を崩さないようにつまみ、そっと口の中へ。フルーツを噛み締めた瞬間、爽やかな酸味と甘みがパッと広がります。甘すぎない生クリームとふわふわのパンがフルーツとやさしく混ざり合って、しあわせな気分に。

ホットケーキパーラー「Fru-Full」のフルーツサンド

大きくカットされたフルーツは食べごたえがあり、しっかりお腹いっぱいになりました。

通常サイズは8切れですが、女性一人の場合は、4切れのハーフサイズを頼まれる方も多いそう。お腹の空き具合に合わせてサイズを選んでみてくださいね。

「Fru-Full(フルフル)」赤坂店には他にも魅力的なメニューがたくさん

「Fru-Full(フルフル)」には、フルーツサンド以外にも魅力的なメニューがたくさんあります。

外はサクサク、中はふわふわ。銅板で焼き上げたホットケーキ

まずは、看板メニューのホットケーキ。熱伝導率のいい銅板でじっくり焼き上げているので、ムラなく美しい焼き色になります。

ホットケーキパーラー「Fru-Full」の厨房で銅板で焼かれているホットケーキ

通常のホットケーキよりも砂糖が多めに含まれているため、焼き面がパリッと仕上がるのが特徴。外はサクサク、中はふわふわのホットケーキは、なかなか味わえない食感で、一度体験する価値ありです。

ホットケーキは約7種類。人気メニューは「スタンダード」と「フルーツクリームホットケーキ」

「ホットケーキパーラー Fru-Full 赤坂店」のフルーツクリームホットケーキ

画像提供:Fru-Full

ホットケーキは定番メニューが5種類、季節限定のメニューが1〜2種類あります。シンプルなプレーンタイプのホットケーキ「スタンダード」と、フルーツを混ぜこんだ生クリーム付きの「フルーツクリームホットケーキ」が特に人気です。

旬のフルーツをふんだんに盛り込んだ「フルーツパフェ」

「ホットケーキパーラー Fru-Full 赤坂店」のフルーツパフェ

画像提供:Fru-Full

また、旬のフルーツを使ったパフェも人気メニューのひとつ。特に好評なのは、夏限定の桃を使ったパフェと、冬限定のいちごを使ったパフェだそう。

その時期にしか食べられない旬のフルーツをふんだんに盛り込んだパフェは、器からこぼれそうなほど大きくフルーツがカットされています。口いっぱいにフルーツの味が広がるため、ジューシーさを存分に楽しめますよ。

いろいろ食べたいよくばりなあなたに「アフタヌーンティーセット」

「ホットケーキパーラー Fru-Full 赤坂店」のアフタヌーンティーセット

画像提供:Fru-Full

どれもおいしそうで選べない……という人も大丈夫。フルーツサンド・ホットケーキ・季節のフルーツパフェをまとめて味わえる「アフタヌーンティーセット」もあります(※平日限定)。

友だちといっしょに訪れて、シェアしながらわいわい食べるのにぴったり。メニューを選べない方は、アフタヌーンティーセットをチョイスして、少しずつ味わいながら楽しんでみてくださいね!

ハーフサイズのフルーツサンドはテイクアウトも可能

ホットケーキパーラー「Fru-Full」のハーフサイズでテイクアウト用のフルーツサンド

フルーツサンドをはじめ、一部メニューはテイクアウトもできます。わたしが行ったときにも、テイクアウトのスイーツを買いに来るお客さんがちらほらと訪れていました。

フルーツサンドは専用パックに入っていて、崩れる心配がないので安心して持ち運べます。保冷剤を入れてもらえるので、1時間程度の持ち運びであれば問題ありません。ただ、夏場など暑い時期に1時間以上持ち歩く場合は、保冷バッグがあったほうが安心です。

ホットケーキパーラー「Fru-Full」のハーフサイズでテイクアウト用の紙袋

見た目にも華やかなフルーツサンドは、ホームパーティーなどに手みやげとして持っていったら喜ばれること間違いなし。お子さんがいるおうちへのお土産としても喜ばれそうですね。

青空の公園

もちろん、自分のためのおやつとして買うのもおすすめです。休日に公園に行き、レジャーシートを広げ、のんびりごはんを食べたり本を読んだりするのがすきなわたし。今度の休日は「Fru-Full(フルフル)」のフルーツサンドを片手にピクニックをしたいなあ。

お店の近くにはいくつか公園もありますし、15分ほど歩けば東京ミッドタウンの芝生広場もあります。青空のもと芝生の上に座り、ひんやりとしたフルーツサンドをほおばる……なんて贅沢な時間なの! と、想像するだけでわくわくが止まりません。

赤坂「Fru-Full(フルフル)」のフルーツサンドで、甘さ広がる至福の時間を

ホットケーキパーラー「Fru-Full」の厨房でフルーツサンドをカットしているところ

フルーツサンドを初めて食べたのは、幼い頃に母といっしょに行った街の喫茶店。サンドイッチと言えばハムかたまごしか知らなかったわたしにとって、甘いフルーツサンドは衝撃でした。

華やかなビジュアルとおいしさに一瞬で魅了され、大人になった今もフルーツサンドは大好きなメニューです。

ホットケーキパーラー「Fru-Full」のガラス扉のロゴ

そんなわたしがずっと食べたいと思っていたのが、赤坂の「ホットケーキパーラー Fru-Full(フルフル)」のフルーツサンド。とあるグルメエッセイで写真付きで取り上げられているのを見て以来、憧れを抱いていました。

甘い香りがただよう店内で念願のフルーツサンドをいただくのは、この上なく幸せなひととき。ふと周りを見渡すとお客さんもみんな笑顔で、お店じゅうに幸せな空気が満ちていました。

一口ほおばれば幸せが広がる、「Fru-Full(フルフル)」のフルーツサンド。ぜひ一度めし上がってみてくださいね。

編集:かしみん

ホットケーキパーラーFru-Full(フルフル)赤坂店

東京都港区赤坂2-17-52 パラッツオ赤坂103
TEL:03-3583-2425
営業時間:
<平日> 11:00-19:30(L.O.)
<土日祝> 11:00-18:00(L.O.)
定休日:月
https://www.frufull.jp/

WRITER

ライター

こっちもおもしろい

気になるコラム