【~10/31】サカナクション・山口一郎がプロデュース「ROOF TOP ORCHESTRA -音を奏でる庭園-」@GINZA SIXガーデン

銀座中央通りに面する「GINZA SIX」は国内外のブランドが集結し、ショッピング、グルメ、地下には能楽堂も併設された魅力的な施設。いつも新しい何かに出合えそうな期待があり、銀座に来るとつい足が向いてしまいます。

ROOF TOP ORCHESTRA -音を奏でる庭園-

地上約56m、13階に位置する屋上庭園「GINZA SIXガーデン」は都会の中で自然を身近に感じられる銀座のオアシス。ランチや読書をしたり、疲れた足を休めるのにぴったりな休憩スペースです。

庭園では「NF(エヌエフ)」プロデュースの参加型のサウンド・インスタレーション「ROOF TOP ORCHESTRA -音を奏でる庭園-」が日没から23:00まで、入場無料で開催中。夏の暑さが和らぎ、秋へと移り変わるこの時期におすすめのイベントです!

サカナクション・山口一郎が率いる「NF」とは?

ダンスミュージックとロックを融合させた独自のサウンドを発信するサカナクション。ボーカル&ギターの山口一郎さんが発起人となり、2016年に立ち上げたのが「NF」です。

音楽のみならず、ファッションやアート、テクノロジーなど、各界のクリエイターとコラボレーションしながら、音楽に関わる音楽以外の新しいカタチのプロジェクトを提案。ピエール・エルメ丸の内店内のサウンドディレクションや建築家隈研吾氏、デザイナー森永邦彦氏との企画展「クリエイションの未来展 第19回」に参加するなど、幅広く活動を行っています。

ROOF TOP ORCHESTRA -音を奏でる庭園-モニュメントを叩く来場者

「ROOF TOP ORCHESTRA -音を奏でる庭園-」のような参加型インスタレーションのプロデュース、屋上・長期開催は「NF」として初の試みだそう。

主役は来場者!銀座の空にオーケストラが出現

ROOF TOP ORCHESTRA -音を奏でる庭園-の全体図

「ROOF TOP ORCHESTRA -音を奏でる庭園-」では、庭園の水盤エリアと芝生エリアに「オーケストラの演奏台」をイメージした六面体のモニュメントを6つ配置。モニュメントのまわりを小編成オーケストラのように、光の柱が囲むレイアウトです。

ROOF TOP ORCHESTRA -音を奏でる庭園-モニュメントを叩く来場者

来場者がモニュメントを打楽器のように叩くことで、音と光が連動。音色は36種類で、庭園全体で一つの音楽を作り“作曲者がいないオーケストラ”を自由に楽しむことができます。

また、30分に1回、約30秒間の特別演出を実施。オーケストラが演奏前に楽器を一斉に調律をするように「NF」が作り出した音と光が会場を包みます。

主役となるのは来場者。偶然居合わせた人たちが織りなす音は、一体どんな演奏になるのか。銀座の夜景を背景に、音と光とテクノロジーが調和された空間を体感してみてくださいね。

銀座が見渡せる庭園で音を楽しんで

ROOF TOP ORCHESTRA -音を奏でる庭園-と銀座の夜景

屋上庭園にはぐるりと一周できる回廊があり、ガラス越しに銀座の街並みが一望できます。東京タワーやスカイツリーも見えるので、夜景デートにもおすすめですよ。

「ROOF TOP ORCHESTRA -音を奏でる庭園-」は10月31日まで。夜風に吹かれながら、響きわたる音に心も和みそう。銀座へのおでかけの後や会社帰りに、ゆっくりとした時間を過ごしに訪れてみませんか。

「ROOF TOP ORCHESTRA -音を奏でる庭園-」の詳細

期間: 2019年8月6日(火)~10月31日(木)
時間: 日没~23:00まで
場所: GINZA SIX屋上「GINZA SIXガーデン」
入場料: 無料
主催: GINZA SIX
サウンドプロデュース: NF
※8月26日(月)GINZA SIX店舗休業日も入場可能、招待制イベントの開催や天候により中止となる場合があります。
※特別演出は、22:30までの毎時00分、30分、各時約30秒開催。演出内容は00分と30分で異なります。
空間演出・制作: 博展
https://ginza6.tokyo/gsix2019/roof_top_orchestra

金額など掲載の情報は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

WRITER

ライター

気になるコラム