【7/12~8/25】水と生きる SUNTORY光と霧のデジタルアート庭園がミッドタウン東京に登場!幻想的な夜を演出

話題のグルメやハイファッションなショップが並ぶ東京ミッドタウンでイルミネーションイベント「水と生きる SUNTORY光と霧のデジタルアート庭園」が開催されます。

水と生きる SUNTORY光と霧のデジタルアート庭園のデジタル花火

冬の印象が強いイルミネーションですが、こちらではひんやりとした霧が噴射! 夏にぴったりの期間限定イベントになっています。
六本木デートの終わりに、アート庭園でひと休みしてみませんか?

水と生きる SUNTORY光と霧のデジタルアート庭園、昼間の様子

昼間はひんやりしたミストを楽しめます

光と霧のアート庭園で夕涼み

枯山水をモチーフにした光と霧のアート庭園は、六本木の憩いの場である東京ミッドタウン芝生広場で開催。メインイベントのひとつでもあるひんやりとした霧は、15時から噴射されます。縁側に腰かけ、ひんやりとした霧で夕涼みなんて素敵ですね。

水と生きる SUNTORY光と霧のデジタルアート庭園でデートする男女

18時からは光の演出が加わり、ロマンチックで幻想的な雰囲気に。六本木の中心で非日常を体験できます。

光の演出は18時以降、1時間に4回(毎時00分、15分、30分、45分)に行われます。

趣のある光の渦・波紋

水と生きる SUNTORY光と霧のデジタルアート庭園の夜の様子

「波紋」では大小さまざまな石のまわりを流れるように、光が輝きます。川や渦を描く趣のある光は霧に溶け込み、まるで異世界への入り口のよう。

庭園に広がる不思議な花火・デジタル花火

水と生きる SUNTORY光と霧のデジタルアート庭園の夜の様子

庭園に広がる色とりどりの光による花火「デジタル花火」。
夜空ではなく足元に広がる花火もロマンチック。デジタル花火なら音もないのでしっとりした夜を過ごせそうです。

光と霧のデジタルアート庭園でひと夏の思い出を

7月12日から8月25日の期間限定で開催される水と生きる SUNTORY光と霧のデジタルアート庭園。
縁側に腰かけまったりしながら、写真撮影も良いですね。

水と生きる SUNTORY光と霧のデジタルアート庭園の夜の様子

六本木デートの終わりに、霧に溶け込む光を眺めながら名残惜しい時間を過ごすせば、いつものお出かけが特別なデートになりそう。

幻想的な光と涼やかな霧が楽しめるアート庭園で、ひと夏の思い出を作りませんか?

「水と生きる SUNTORY光と霧のデジタルアート庭園」の詳細

東京ミッドタウン芝生広場
期間:2019年7月12日(金)~2019年8月25日(日)※荒天中止
料金:無料
https://www.tokyo-midtown.com/jp/event/summer/digital_art.html

金額など掲載の情報は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

WRITER

ライター

気になるコラム