【7/5】ゴールデン街で一夜限り。架空の酒屋さんが喫茶店をオープン? 「喫茶青二才」

ぼーっとしたり、一人で本を読んだり、落ち込んだ帰り道に立ち寄ったり。喫茶店の使い方は人それぞれです。
新宿の飲み屋通り、ゴールデン街にある喫茶店「無銘喫茶」に7/5金曜日一夜限りの喫茶店「喫茶青二才」がオープンします。

喫茶青二才、ポスター

「人生と遊ぶきっかけを作る」をコンセプトに活動している架空の酒屋さん「あおにさい酒店」がつくる、喫茶店という場はどのような時間が過ごせるのでしょうか。

先月のイベントのリリースはこちら

【6/22-23】小杉湯で弾ける「銭湯×ハードサイダー」イベント開催!あおにさい酒店×サノバスミスin da 銭湯

【6/22-23】小杉湯で弾ける「銭湯×ハードサイダー」イベント開催!あおにさい酒店×サノバスミスin da 銭湯

”架空の酒屋”が開催するイベント、今度は「in 銭湯」 架空の酒屋として活動する「あおにさい酒店」。 ビールそ…

2019-06-13 11:58

架空の酒屋さん「あおにさい酒店」とは?

工藤葵さんが主催するあおにさい酒店。
”文芸的な酒屋さん”としてイベント企画、撮影、執筆、コピーライティング、店舗のボトルビールセレクトなどを手掛けています。

喫茶青二才の主催、あおにさい酒店のビジュアル

今回開催する喫茶青二才では、製作中の「雑誌青二才」にまつわる展示も開催されます。
そのほか、りんごの発泡酒である「ハードサイダー」や音楽による演出も。

うんと格好いい大人たちがつくるハードサイダー

喫茶青二才で提供される、りんごの発泡酒「サノバスミスハードサイダー」は日本国内でつくられているお酒。

「サノバスミス」とは長野県のりんご農家や化学者など各分野の専門家がつながってうまれたサイダーメーカーで、りんごの可能性を象徴するような「ハードサイダー(りんごの発泡酒)」と「文化」を醸造している会社です。

サノバスミスハードサイダーをつくるサイダリーのみなさん

熱い探究心から生まれたハードサイダーを喫茶店で味わう夜。金夜の息抜きにぴったりのイベントになりそう。

音楽の新しい楽しみ方を。ベジタブルレコードによる音楽演出

今回会場音楽を担当するのは、新しい音楽の楽しみ方・価値観を創っている音楽レーベル「ベジタブルレコード」。

vegetablerecordのロゴ

従来のCDやレコードなどに代わる新しい音楽フォーマットとして、商業空間やプロダクトなどを作品リリースのステージにしています。
「喫茶青二才」では、イベントに合わせた10時間プレイリストを提供予定なのだとか。

おいしいお酒に気持ちいい音楽を金曜深夜の喫茶店で

新宿駅から10分ほど歩いたところにあるゴールデン街。
戦後に建てられた建造物が多く、小さなお店がひしめきあっています。

大人の飲み屋さんが多いイメージの強い街も、はじめてならイベントをきっかけに訪れてみませんか。

金曜日の夜に一週間働いた自分へのごほうびに。
喫茶青二才で、いつもと違う週末が迎えられそうです。

「喫茶青二才」の詳細

新宿区歌舞伎町1-1-8 花園一番街「無銘喫茶」
日時:7月5日(金) 19時〜5時
概要:サノバスミス ハードサイダーの販売、ベジタブルレコードによる音楽、あおにさい酒店展示、物販
https://aonisaisaketenn.wordpress.com/2019/06/09/2019-7-5「喫茶青二才」/

キービジュアルの写真:SAYAMI(メイク、衣装担当)、野木青依(ビジュアルモデル担当、マリンバ奏者、小杉湯番頭)、竹内巧(デザイン担当、イラストレーター、グラフィックデザイナー)、小杉湯(撮影場所)、工藤葵/あおにさい酒店(撮影、ディレクション)

金額など掲載の情報は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

WRITER

ライター

気になるコラム