贈るのも選ぶのも楽しい! 東京手みやげ・ギフトのおすすめ7店

おすすめの東京手みやげ・ギフト達

渡す相手やシチュエーション、季節によってもバリエーションがほしい手みやげ。きらりと光る個性がありつつ、喜んで受け取ってもらえるものを……。そんなときにいいセレクトができそうな東京の7つのお店をご紹介します。

贈るときの笑顔を想像しながら、その人のために吟味して選ぶ時間もまたひとつの楽しみです。ちょこっとしたサイズ感のものから改まった場にも持っていけるものまで、日持ちの長さや色合いも豊富な手みやげたち。きっと贈りたい人の顔が浮かぶはずです。

①キャラメル専門店「NUMBER SUGAR 千駄ヶ谷工場」

つくり手を間近で見ながら選べるキャラメル

NUMBER SUGARの千駄ヶ谷工場の店内から見えるキャラメル工場

原宿駅からでもテクテクと歩いて行けて、でも雑踏からはちょっと離れるほどの距離に「NUMBER SUGAR」千駄ヶ谷工場はあります。人気のカフェも多いこの街で、海外からのお客さんも訪れるキャラメル屋さん。

NUMBER SUGARのバラの絵が描かれたボックスと中身

個包装されたキャラメルをひとつひとつ吟味しながら選ぶのも楽しければ、ちょっとクラシカルで、洗練されたデザインのギフトボックスも魅力的です。あの人にはどんなパッケージが似合うかな……。

NUMBER SUGARの千駄ヶ谷工場の製造イメージ

画像提供:NUMBER SUGAR

千駄ヶ谷工場という名前の通り、「NUMBER SUGAR」のキャラメルはこの場所で手づくりされています。ショーケースの向こうはガラス張りの工場。続々とできあがっていくキャラメルと、熱心に作業する職人さんたちが見えます。来客があると、作業の手を止めて接客してくださいます。つくり手ならではの視点で、つくり方のこだわりなども教えてもらえますよ。

NUMBER SUGARの通常のパッケージ

画像提供:NUMBER SUGAR

1から12までのナンバーを背負って、おすまし顔で並ぶキャラメルたち。ホワイトで統一された包み紙を開けると、きっとびっくり。どれもそれぞれ違うフレーバーがつけられているので、見た目も実にカラフルです。「ピンクだ!」「わたしはオレンジ」なんて、受け取ったほうの会話もわいわい弾みそう。

詳しくはこちらの記事で紹介しています。

うれしい味を贈りたい ― キャラメル専門店「NUMBER SUGAR 千駄ヶ谷工場」

うれしい味を贈りたい ― キャラメル専門店「NUMBER SUGAR 千駄ヶ谷工場」

「NUMBER SUGAR(ナンバーシュガー)」は表参道に店舗、千駄ヶ谷に工場併設のお店を構えるキャラメル専門…

2019-02-27 12:00

「NUMBER SUGAR 千駄ヶ谷工場」詳細情報

東京都渋谷区千駄ヶ谷2-11-13
TEL:03-6447-2227
営業時間:11:00-19:00
定休日:水
http://www.numbersugar.jp/
Instagram

②「トラヤカフェ・あんスタンド北青山店」

意外性がうれしい「とらや」のあんを使ったスイーツ

トラヤカフェ・あんスタンド北青山店の外観

幼いころから好きだった「とらや」のおいしい羊羹。昔から黒地に黄金の虎がおなじみですが、北青山にある「トラヤカフェ・あんスタンド」ではひと味もふた味も違った「あん」の楽しみ方を提案してくれます。

トラヤカフェのあんペースト3種類

「トラヤカフェ」ブランドの定番商品「あんペースト」。まるでジャムのように瓶に収まったあんペーストは、楽しみ方もジャムのようにさまざまです。パンに塗ってみたり、アイスにトッピングしてみたり、意外なことにヨーグルトとも相性抜群なのだとか。

スタンダードな「こしあん」に加え、「小倉あん」「白ごまときな粉」が「あんペースト」3つの定番。そのほかにも季節のフルーツなどを使った限定商品もあります。シーズンごとの贈り物にはぴったりですね。

トラヤカフェの「ヨウカンアラカルト」

インダストリアルなパッケージがどこかかっこいい羊羹「ヨウカンアラカルト」はちょっと差し入れる手みやげに使えそう。「あん」の魅力が焼き菓子になった「あずきとカカオのフォンダン」 や「あずきとカカオのガトー」など、洋菓子派にも喜ばれる商品もありますよ。

トラヤカフェ・あんスタンド北青山店の限定メニュー「あんバン」とドリンク

「トラヤカフェ・あんスタンド 北青山店」はトラヤカフェの旗艦店。お買いものついでにイートインスペースで限定スイーツをいただくという楽しみ方もできて、一度で二回うれしいお店です。

詳しくはこちらの記事で紹介しています。

いっしょに贈るのは、きっと新鮮なおどろき ― 「トラヤカフェ・あんスタンド北青山店」

いっしょに贈るのは、きっと新鮮なおどろき ― 「トラヤカフェ・あんスタンド北青山店」

とらやがつくる新しいあん、あたらしいお菓子 約500年の歴史を持つ和菓子の老舗「とらや」。そんなとらやが手がけ…

2019-02-28 12:00

「トラヤカフェ・あんスタンド北青山店」詳細情報

東京都 港区北青山 3-12-16
TEL:03-6450-6720
営業時間:11:00-19:00
定休日:水・年末年始
https://www.toraya-group.co.jp/toraya-cafe/

③丸の内「RURU MARY’S(ルル メリー)」

贈る人の顔が心に浮かぶチョコレート

丸の内のMary’s Café内にあるRURU MARY’Sの旗艦店の外観

「メリーチョコレート」の新しい顔「RURU MARY’S(ルル メリー)」というブランドの旗艦店が、丸の内の「KITTE(キッテ)」にあるのをご存じでしょうか。「縷々(るる)」という言葉から「ゆったり縷々と流れる時間をお手伝いしたい」という願いが込められたブランド名です。

RURU MARY’Sの「ガトーショコラ」のパッケージ

パッケージには自然の風景や動植物などのイラストが柔らかいタッチで描かれています。ブランド名の通り、見ているだけでゆったり穏やかな気持ちになれそう。開けてみて初めて見ることができる場所にイラストが仕込まれていたりして、遊び心が光ります。

RURU MARY’Sの「ショコラサブレ」の2枚入

バラが一輪描かれているボックスだけでもギフト感たっぷりな「ショコラサブレ」や、お茶の時間にシェアして楽しみたい「ショコラテリーヌ」「ガトーショコラ」など。「ショコラサブレ」や「ガトーショコラ」は日持ちがするので、贈られた側もゆっくり「縷々」と楽しめるのがうれしいところ。

RURU MARY’S旗艦店限定の「オーダーショコラ」の左がLサイズ、右がSサイズ

もうひとつ見逃せないのが、オーダーメイドでつくってもらえる「オーダーショコラ」です。店頭でお好きなトッピングを選び、その場でつくってもらうチョコレート。Lサイズは好みをよく知ったチョコ好きのあの人に、ケーキの代わりに贈ったらとっても喜ばれそう。できあがるまでの待ち時間も楽しいギフトです。

詳しくはこちらの記事で紹介しています。

思い出の時間を手みやげに ― メリーチョコレートの新ブランド「RURU MARY’S(ルル メリー)」

思い出の時間を手みやげに ― メリーチョコレートの新ブランド「RURU MARY’S(ルル メリー)」

「ルル メリー」はゆったりとながれる時間によりそうチョコレート 女の子の横顔のロゴが特徴的なメリーチョコレート…

2019-03-05 15:00

「RURU MARY’S 丸の内店(Mary’s Café内)」詳細情報

東京都千代田区丸の内2-7-2 丸の内JPタワー 1階
( 東京 丸の内JPタワー内商業施設「KITTE(キッテ)」 1階 )
TEL : 03-6256-0885
営業時間:10:00-22:00
RURU MARY’S(ルル メリー)
Mary’s Café(メリーズ カフェ)

④自由が丘の和菓子店「It Wokashi(イトヲカシ)」

和の伝統と斬新な発想が楽しい大福

「It Wokashi」の外観

東急大井町線九品仏駅からお隣の自由が丘駅方面へ歩いて2分のところに、小さな和菓子屋さん「It Wokashi(イトヲカシ)」があります。このお店のすごいところは、なんとラインナップが大福のみという潔さ。

「It Wokashi」の「It Daifuku」の苺&ピンクペッパー

大福といっても、ただの大福ではありません。「It Daifuku(イトダイフク)」と名付けられた大福の種類は全部で6種類。「苺&ピンクペッパー」や「葡萄&ラム」など、一体どんな味なんだろう? と興味が掻き立てられるものばかり。

「It Wokashi」の時間によって変わる食感が楽しい大福

画像提供:It Wokashi

生クリーム入りのふわふわ「あん」を包むのは、お餅ではなく求肥。店頭でのお渡し時は冷凍されている「It Daifuku」ですが、解凍してよりふわふわ感を楽しみながらいただくこともできます。冷凍したままなら1ヶ月ほど日持ちがするというのもありがたいですね。

「It Wokashi」の「It Daifuku」

「お菓子」と「をかし」を掛け合わせたブランド名の通り、パッケージも美しくつくられたお菓子です。個包装となっている「It Daifuku」の箱は、和の色合いの中からそれぞれの大福にあった市松模様で彩られています。ちょこっと手みやげでひとつだけお渡しするのもさまになりますし、もちろん複数を取り揃えて贈っても。ゆかしい気持ちになれそうなギフトです。

詳しくはこちらの記事で紹介しています。

ふんわり不思議な大福が開く、新しい文化 ― 自由が丘の和菓子店「It Wokashi(イトヲカシ)」

ふんわり不思議な大福が開く、新しい文化 ― 自由が丘の和菓子店「It Wokashi(イトヲカシ)」

「It Wokashi(イトヲカシ)」。いとをかし、と読むそのお店は新しい和菓子の形をつくっています。つくり手…

2019-03-22 12:00

「It Wokashi」詳細情報

東京都世田谷区奥沢7-19-17
TEL:03-6882-0005
営業時間:10:00-17:00
定休日:不定休(インスタグラムをご確認ください)
https://itwokashi.official.ec/
Instagram

⑤代々木上原「和のかし 巡」

体が喜ぶ優しさを和菓子といっしょに贈る

meguri

笑顔が美しいあの人や、これからも元気でいてほしいあの人に。甘いものはそれだけで幸せになれるすてきな食べ物ですが、それが体に優しい素材やつくり方でできていたら、もっとうれしい。

meguri

代々木上原駅近くにある「和のかし 巡」はマクロビオティックの考え方をもとにして和菓子をつくっています。マクロビって難しそう……そんな風に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、基本はごくごくシンプル。そのうちのひとつが「一物全体(いちぶつぜんたい)」。良い素材を、できるだけそのままいただく。ということなのだそうです。

meguri

豆の味がしっかり感じられるのに舌触りがすべらかな「なめらか餡」でつくられた大福や羊羹。今まで食べた和菓子とどこか違うと感じられるのは、砂糖の代わりにアガベという植物のシロップが使われているからかもしれません。アガベシロップは血糖値が上昇しにくい甘味料ということでも注目されています。

添加物は使用していないので、すぐに召し上がっていただけるときの手みやげとしてお渡しするのが良さそう。

(記事内でご紹介しているお菓子は、季節限定のものもあります。ラインナップが変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください)

meguri

運が良ければ、お店のカウンター内でことこと「あん」を煮ているところに出会えるかも。毎日手作業で丁寧につくられているという安心感もいっしょに贈りたい、優しいギフトになりそうです。

詳しくはこちらの記事で紹介しています。

優しい和菓子で心身にご褒美|OFFにする土曜日	第2話「和のかし 巡」編

優しい和菓子で心身にご褒美|OFFにする土曜日 第2話「和のかし 巡」編

デスクワークのお供にはチョコレート。これが習慣になったのはいつからだっけ。 ふと疑問を持ってから、このまま毎日…

2018-08-17 16:57

「和のかし 巡」詳細情報

東京都渋谷区上原3-2-1
TEL:03-5738-8050
営業時間:10:30-18:00
定休日:月曜 ※祝日の場合は翌日休み
年末年始・GW・お盆 ※時期をずらして休み
http://www.wa-meguri.com/

⑥三宿のハンカチ専門店「H TOKYO(エイチトーキョー)」

うれしい驚きを届けて広げるオリジナルハンカチ

H TOKYO三宿店の店内

折々で手にとって、思い出してもらえるようなものを贈りたい。そんなときもあります。どんな人でもお使いいただけるものの代表格、ハンカチ。定番アイテムに旬なスパイスを混ぜ込んだオリジナルハンカチをつくっているのが、三宿のハンカチ専門店「H TOKYO(エイチトーキョー)」です。

H TOKYOの国内外の作家がデザインしたのプリントハンカチ

ハンカチはたたんだときと広げたときで見せる表情が変わるのが魅力です。お魚が1匹……と思いきや実はぞろぞろ並んでいるユーモラスなハンカチは個性的なあの方に。ビジネスシーンでも使える幾何学模様のハンカチはスーツのポケットで映えそうです。

H TOKYOにて出来る刺繍やワッペン

もちろんシンプルなアイテムも。真っ白のハンカチの中には、なんと高級シャツと同じ生地でつくられているとか。ワンポイント刺繍やワッペンも別途オーダーできますので、お相手のイニシャルを入れてもすてきですね。

デザインだけでなく素材や縫製にもこだわったハンカチたち。ヘビーユースにも十分耐えてくれます。スタンダードな綿素材はもちろん、これからの季節に使い勝手が良さそうな麻地のものも。

H TOKYO三宿店のディスプレイの一部

ラインナップが豊富すぎてひとつを選ぶのにとっても悩んでしまいそう。すべてオリジナルなので、他では手に入らないという特別感もうれしいですね。気に入ったものはご自分用にもいかがでしょうか。

 

詳しくはこちらの記事で紹介しています。

心躍る色と柄の魔法。ひとめぼれを贈る ― 三宿のハンカチ専門店「H TOKYO(エイチトーキョー)」

心躍る色と柄の魔法。ひとめぼれを贈る ― 三宿のハンカチ専門店「H TOKYO(エイチトーキョー)」

ハンカチ専門店「H TOKYO(エイチ トーキョー)」の本店があるのは世田谷区・三宿の交差点の少し先。東急田園…

2019-02-22 14:39

「H TOKYO 三宿店」詳細情報

東京都世田谷区太子堂1-1-11
TEL:03-3487-4883
営業時間:月-土 11:00-20:00 日・祝 11:00-19:00(※祝前日は20:00まで)
定休日:年末年始
https://htokyo.com/

⑦渋谷のDIYカフェ「WRAPPLE(ラップル)」

【番外編】ラッピングにも思いを込めて

WRAPPLEの看板

おしゃれなパッケージの手みやげを買うのももちろんすてき。でも自分らしく包装して渡せたらもっと気持ちが伝わるんじゃないかな……。そう思ったらぜひ手づくりのラッピングにチャレンジしてみましょう。

WRAPPLEの店内

画像は2019年2月公開時点のものです。メニューの価格等の情報は変更になる場合がございます

渋谷の東急ハンズとなりにある、おしゃれな雑貨屋さんのような外観の「WRAPPLE(ラップル)」。包装用品取扱大手の「シモジマ」が運営するこちらは、「DIYカフェ」というなんとも気になる業態のお店です。

WRAPPLEの壁一面のマスキングテープ

店内には2,000種を超えるアイテムがぎっしり。マスキングテープ・シール・レター用品のラインナップが豊富で目移りしてしまいそうです。商品を使ったオリジナルのラッピング提案も豊富。紙のギフトボックスをマスキングテープでデコレーションするなど、初心者でもチャレンジできそうなアイデアが展開されています。

WRAPPLEの2階の店内

「ラップル」の二階はゆっくりできるカフェスペースとして使われています。この場所でワークショップが開催されることも。テーブルにはマスキングテープのサンプルなどが置かれていて、カフェのお客さんは自由に使うことができます。一階でお買い物をしつつ店員さんにアドバイスをいただき、二階でお茶をしながら実際にDIY! そんな利用の仕方ができるお店です。

詳しくはこちらの記事で紹介しています。

壁一面のラッピングアイテムが教えてくれた、選ぶ楽しみ、つくる喜び― 渋谷のDIYカフェ「WRAPPLE(ラップル)」

壁一面のラッピングアイテムが教えてくれた、選ぶ楽しみ、つくる喜び― 渋谷のDIYカフェ「WRAPPLE(ラップル)」

手紙を書く、手帳をつける、プレゼントを贈る。日常のふとしたシーンで、かわいくデコレーションをしたいな、と思う機…

2019-02-01 17:50

「WRAPPLE wrapping and D.I.Y. +café」詳細情報

東京都渋谷区宇田川町12-17 プロトビル 1F 2F
TEL:03-5428-8284
営業時間:10:00-20:00
定休日:不定休
http://www.wrapple.jp/
Facebook / Twitter

手みやげなのだからそこまでかしこまらずに、でも気持ちが伝わるおいしくて見た目もすてきなものがいいな。そんなこだわりに応えられる7つのお店をご紹介しました。贈りものをしたい誰かの顔が浮かんだら、ぜひ足を運んでみてくださいね。

金額など掲載の情報は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

WRITER

ライター

気になるコラム