本とコーヒーで「ひとり時間」を満喫! 東京のブックカフェ7選

東京のブックカフェ

あわただしい毎日、たまにはひとりでゆっくり読書に浸りたい気分のときはありませんか? そんなときは、コーヒーや軽食を楽しみながら本を読める「ブックカフェ」がおすすめです。隠れ家のような落ち着いたカフェ、絵本の特化したカフェ……、東京都内・近郊で行けるいろいろなタイプのおしゃれなブックカフェをあつめました。

 1.【池袋】本と珈琲 梟書茶房

新しい物語と出合える、こだわりのつまった空間

池袋「梟書茶房」の店内

その日の自分の気分に合わせてじっくり本と向き合いたい、そんな人におすすめなのが「梟書茶房」。
あの「ドトールコーヒー」の新業態であり、コーヒーマイスター菅野さんと「かもめブックス」代表の柳下さん、二人のこだわりをつめこんだお店です。

店内は、まるで映画の世界に入り込んだような「ラウンジ」や、学校の図書館をイメージした「アカデミックエリア」など、6つの個性的なエリアに分かれ、席や読む本を選ぶことができます。
自由に読むことのできる約1000冊の本のほかに、購入するまで中身が分からない約2000冊の「シークレットブック」などユニークな仕掛けも。柳下さんがおすすめする本やそのあおり文から、これだ! と思う本がきっとみつかるはず。

池袋「梟書茶房」の人気商品「本と珈琲のセット」

「本と珈琲のセット」

読書のお供には、サイフォンで丁寧に淹れられたコーヒーを。オリジナルの「梟ブレンド」は、コーヒーマイスター菅野さんこだわりの“読書のお供に最適な味”! そのときのテーマに合わせてセレクトされる「本と珈琲のセット」も人気メニューです。本とコーヒーの相性のよさをあらためて感じさせる「梟書茶房」で、新しい物語との出合いを楽しんでみてください。

詳しくはこちらの記事で紹介しています。

新しい物語に出会う時間 ― 池袋のブックカフェ「本と珈琲 梟書茶房」

新しい物語に出会う時間 ― 池袋のブックカフェ「本と珈琲 梟書茶房」

東京メトロ池袋駅直結のEsola(エソラ)池袋4階にあるブックカフェ「本と珈琲 梟書茶房(フクロウ ショサボウ…

2019-02-08 17:00

「本と珈琲 梟書茶房(フクロウ ショサボウ)」店舗詳細

東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola(エソラ)池袋 4F
TEL:03-3971-1020
営業時間:10:30~22:00(L.O.21:30)
https://www.doutor.co.jp/fukuro/

2.【渋谷】BOOK LAB TOKYO

リラックスしながら新しい刺激を求めて

渋谷「BOOK LAB TOKYO」の店内の様子

新しい刺激やアイデアを求めている人にぴったりなのが、クラウドファンディングによって生まれた渋谷の「BOOK LAB TOKYO」です。「つくる人を応援する」がコンセプトのこのお店。置かれている書籍はビジネス書やデザイン関係の実用書が多く、出版イベントやワークショップなども定期的に開催。本だけではなくWiFiが完備されて電源を利用できる席もあり、クリエイティブな発想を生み出す環境が整っています。

渋谷「BOOK LAB TOKYO」でくつろぐ女性

大きくてゆったりしたソファに腰掛けながら、セレクトされた本とハンドドリップによるこだわりのコーヒーを楽しめます。にぎわう渋谷の真ん中にありながら、「大人の隠れ家」のような落ち着いた空間。場所や時間に縛られることのない自由な働き方をしている人はもちろん、新しいアイデアを生み出したい人は、きっとこの場所ですてきな刺激をもらえるはず。早朝からオープンしているので朝活にもおすすめです。

詳しくはこちらの記事で紹介しています。

“クリエイティビティー”を刺激するブックカフェ「BOOK LAB TOKYO(ブックラボトーキョー)」

“クリエイティビティー”を刺激するブックカフェ「BOOK LAB TOKYO(ブックラボトーキョー)」

渋谷に“大人の隠れ家”を発見。 渋谷・道玄坂のほぼ中間地点に位置するブックカフェ【BOOK LAB TOKYO…

2017-01-13 16:36

「BOOK LAB TOKYO(ブックラボトーキョー)」店舗詳細

渋谷道玄坂2-10-7 新大宗ビル1号館 2F
TEL:050-1744-9496
営業時間:8:00-21:00(L.O 20:30)
定休日:なし
http://booklabtokyo.com/

3. 【御茶ノ水】ESPACE BIBLIO

6000冊の本に囲まれ「書斎」のようなひとときを

御茶ノ水「ESPACE BIBLIO」の書斎のような空間

地下の階段を下りるとそこは別世界。いつもと違った空間でアートにたっぷり浸りたい、という人におすすめなのが御茶ノ水にある「ESPACE BIBLIO(エスパスビブリオ)」です。もともとデザイン事務所が集めていた叢書を一般に開放したのがはじまりのこのお店。壁一面の本棚にある約6000冊の蔵書は、ほとんどがデザイン関連の書籍。アート、写真、ファッション、建築、映画、料理、 歌舞伎など、ありとあらゆるジャンルの本がコーナー分けされています。
絶版になっている貴重な本も多く取り揃え、本好きな人にとっては夢のような時間を過ごせます。

御茶ノ水「ESPACE BIBLIO」のコーヒーとお菓子

コーヒーは阿佐ヶ谷にある自家焙煎コーヒー店・カフェドワゾの深煎りブレンド豆を使用。淹れたてのコーヒーの香りがふんわりと心を満たしてくれます。中庭にも席があるので、外の景色を眺めながら過ごすのもすてきです。アートブックや写真集をぱらぱらと眺めながら過ごす1日、新しい価値観に出会うことができそう。

詳しくはこちらの記事で紹介しています。

【scene 01-旅する東京ライフ】贅沢な夜に思いついたこと ― 御茶ノ水のブックカフェ「ESPACE BIBLIO」

【scene 01-旅する東京ライフ】贅沢な夜に思いついたこと ― 御茶ノ水のブックカフェ「ESPACE BIBLIO」

仕事帰りに御茶ノ水をふらふら歩いていると、坂道の向こう側に心惹かれるお店をみつけました。表通りからはあまり目立…

2017-04-27 00:05

「ESPACE BIBLIO(エスパスビブリオ)」店舗詳細

千代田区神田駿河台1-7-10 B1F
TEL:03-6821-5703
営業時間:
火-木 11:30-20:00
金 11:30-22:00
※ランチタイム/火-金(11:30-14:00)
土 12:00-20:00
http://espacebiblio.superstudio.co.jp/

4.【高円寺】Mucchi’s Café

大人が絵本と出会うための絵本カフェ

高円寺「Mucchi’s Café」の入り口

大人になってから絵本を手にとってみると、短い文章や絵のなかに込められた深いメッセージにあらためて気づかされます。高円寺にある「Mucchi’s Café」は「大人のための絵本カフェ」。絵本が好きな大人の女性が、ゆっくり座って自分だけの時間を楽しめる場所を、という思いからつくられました。
店内にある500冊以上の絵本は、ジャケ買い、インスピレーションなど、店主がさまざまなきっかけで選んで集められたものです。

高円寺「Mucchi’s Café」の店内の様子

フードメニューは絵本からヒントをもらってつくられているそう。「地獄の黒カレー」や「お空のトースト」など、名前からして個性的なものがたくさん。どんな絵本からアイデアを得ているのか、想像しながら食べるとより楽しめそう。ソファでゆったり、またはカウンターでじっくりと、子どもの頃とは違った視点で絵本との出会いを楽しんでみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちらの記事で紹介しています。

Mucchi's Caféの【おとなの絵本教室】Vol.1

Mucchi's Caféの【おとなの絵本教室】Vol.1

Mucchi's Caféの【おとなの絵本教室】が始まります。が、その前に、vol.1は「Mucchi's C…

2017-04-27 00:30

「Mucchi’s Café(ムッチーズカフェ )」店舗詳細

東京都杉並区 高円寺北3-2-17 2F
TEL:03-5364-9190
営業時間:
[平日]11:30-20:00(L.O.19:30)
[土日祝日]11:30-21:00(L.O.20:30)
定休日:水
https://mucchis-cafe.jimdofree.com/
Facebook / Twitter

5. 【千駄木】 Coffee&Bindery Gig

ゆっくり過ごしながら、大切な思いを1冊の本に

千駄木「Coffee&Bindery Gigi」の2階店内の様子

「本とコーヒー」という心地よい組み合わせを楽しめるカフェのなかでも、他とはちょっと違うアプローチでその時間を提供しているお店が千駄木にあります。「Coffee&Bindery Gigi」は、お茶しながら自分だけの1冊を製本することができるカフェ。東京藝大の近くにあるこのお店は、同校でデザインや印刷を学んだ店主が「ものづくりを通じて人が集う場所になれたら」と生まれたそうです。

千駄木「Coffee&Bindery Gigi」の2階にてアイスコーヒー

豆選びにこだわった自家焙煎のコーヒーのほか、夜にはウイスキーや焼酎もあるのだとか。ひとりでゆっくり楽しむのもいいけれど、お酒を飲みつつお店に集まったひとたちと好きなものについて語りあうのもすてきな過ごし方ですね。

詳しくはこちらの記事で紹介しています。

残したい景色や空気を綴じ込める。思いを共有し『綴じる』カフェ「Coffee&Bindery Gigi」

残したい景色や空気を綴じ込める。思いを共有し『綴じる』カフェ「Coffee&Bindery Gigi」

「本×カフェ」の文化を、新たなかたちで提供 行き先を決めずにぶらりと街歩きをし、見つけたカフェでコーヒーを飲み…

2017-03-24 18:57

「Coffee&Bindery Gigi(コーヒーアンドバインダリ ジジ)」店舗詳細

文京区千駄木2-44-17
TEL:03-5834-8926
営業時間:
[木-土]11:00-23:00(L.O. 22:30)
[日]11:00-19:00
定休日:月-水
http://gigi.graphics/

6.【清澄白河・森下】喫茶ランドリー

ゆるりと読書を楽しめる「コインランドリー×カフェ」

森下「喫茶ランドリー」の家事室

写真:川瀬一絵

都心からちょっと離れ、広々とした空間でくつろぎながら読書を楽しみたい人には、下町の住宅街の中にあるちょっと変わったカフェはいかがでしょうか。森下駅と両国駅の間にある「喫茶ランドリー」は、手袋の梱包作業として使われていた空間をリノベーションしたお店です。

森下「喫茶ランドリー」の本

写真:川瀬一絵

お店をプロデュースしている会社の前身は建築系メディアづくりをしており、店内のあちこちに建築やデザインに関する本や雑誌が置いてあります。ランドリースペースにも本棚があり、洗濯を待ちながらのんびり本を読むこともできるそう。

森下「喫茶ランドリー」のモグラ席

写真:川瀬一絵

広さ約100平米の店内には、コーヒーや紅茶、クラフトビール、軽食を楽しめる喫茶スペースがあります。1番人気は、半地下にある「モグラ席」。お気に入りの本を数冊持っていって、コーヒーを片手に“こもる”のによさそう……(モグラ席はレンタルもできるので打ち合わせにも好評とのこと)。
地元の子どもたちからお年寄りまで愛される、訪れればあたたかい気持ちになれること間違いなしの場所です。
徒歩圏内には「江戸東京博物館」や「北斎美術館」といった見どころスポットもあるので、街歩きのよりみちにもいかがでしょうか。

詳しくはこちらの記事で紹介しています。

ひとりでいてもひとりじゃない|「ただいま」をいえる街 第1話「喫茶ランドリー」編

ひとりでいてもひとりじゃない|「ただいま」をいえる街 第1話「喫茶ランドリー」編

朝早くに目が覚めた。今日は久しぶりに予定のない休日。カーテンを開けると、初夏の青空が広がっていた。 ここのとこ…

2018-06-29 11:50

「喫茶ランドリー(キッサランドリー)」店舗詳細

東京都墨田区千歳2-6-9 イマケンビル1F
営業時間:10:00-20:00
定休日:不定休
http://kissalaundry.com/

7.【鎌倉・鵠沼海岸】シネコヤ

自由気ままに、本と映画とパンを楽しんで

鵠沼海岸「シネコヤ」の外観

東京からちょっと足を伸ばしてのんびり本とコーヒーを楽しみたいなら、片瀬江の島駅からひとつ隣の鵠沼海岸の商店街にある「シネコヤ」はいかがでしょうか。「映画と本とパン」がコンセプトのこのお店では、おいしいパンやコーヒーを飲みながら読書ができるほかに、本のテーマに沿った映画作品が観られ、入館料を支払えば好きなだけ過ごすことができます。

鵠沼海岸「シネコヤ」の2階店内の様子

「シネコヤ」には3000冊もの本があり、小説やエッセイのほか、映画雑誌「キネマ旬報」もずらり。映画にまつわる本だけでなく、ほっとできそうな本がたくさん。ちょっと特別な気分に浸りたいときにぴったりですね。
昔ながらの映画館を思わせるレトロな空間で、本を読んだり、自家製天然酵母を使ったパンを食べたり、映画を観たり。大きな映画館とはひと味違う静かな心地よい空間で、心をゆるめる時間を過ごしてみませんか。

詳しくはこちらの記事で紹介しています。

映画と本とパン。わたしの好きなもの、ぜんぶ ― 鵠沼海岸「シネコヤ」

映画と本とパン。わたしの好きなもの、ぜんぶ ― 鵠沼海岸「シネコヤ」

ある冬晴れの朝、江ノ島はたくさんの人で賑やかでした。富士山もはっきりと見えたこの日はあたたかく、ランニングやサ…

2018-02-13 10:00

「シネコヤ」店舗詳細

神奈川県藤沢市鵠沼海岸3-4-6
TEL:0466-33-5393
営業時間:9:00-19:00
定休日:木
http://cinekoya.com/

お気に入りの本と出合う楽しみをブックカフェで

ゆっくりと時間が流れる空間の中で、相性のいい「本とコーヒー」を味わえるのがブックカフェの楽しみ。
いつもと違う雰囲気の中でふと手に取ってみた本が大切な一冊になる、なんてことも。
ひとりで夢中になれる何かに没頭したいとき、最近本を読んでないなぁと思うとき。あたらしい本との出会いを求めて、気になるブックカフェに足を運んでみませんか。

(文/今西 萌)

こっちもおもしろい

気になるコラム