【4/24-7/31】三軒茶屋の「お茶漬けスタンド」で最新お茶漬け体験!

新茶の時期にはじまる「お茶漬けスタンド 東京茶寮」

多くの人におなじみのグルメ「お茶漬け」。家庭的なイメージもありますが、専門店のできる「軽食」として広がりを見せています。
つかれたときやちょっと軽めの食事がいいなというとき。ほっとひと息つける便利で美味しいメニューですよね。

お茶漬けスタンド 東京茶寮のお茶漬け「鮭」

最近では「だし茶漬け」も人気で、お茶をかけるタイプの「お茶漬け」をたべている人も多いのでは。

今回ご紹介する新オープンのお店は、ハンドドリップ日本茶専門店「東京茶寮」による「お茶漬けスタンド」。
三軒茶屋に3ヶ月限定で営業される「お茶漬けスタンド 東京茶寮」は日本茶にもっと親しめる新感覚のお茶漬けを提供しています。

茶葉を丸ごと食べる新感覚茶漬け

お茶漬けスタンド 東京茶寮のお茶漬け

「お茶漬けスタンド 東京茶寮」のお茶漬けは、たっぷりとふりかけられた茶葉をまるごと食べるスタイル! お茶を注ぐのではないんです。
やわらかい新芽を集めてつくられた碾茶(てんちゃ)と呼ばれる茶葉をのりのように載せたお椀。熱湯を注ぐと、芳しいお茶の香りがたちのぼります。

お茶漬けのトッピングは選べる4種類

「お茶屋の本格茶漬け」と名づけられたメニューの定番は3種類。

お茶漬けスタンド 東京茶寮のお茶漬け

写真左から「鰻(うなぎ)」「鮭(しゃけ)」「帆立(ほたて)」で、いずれも 500円(税込)。

そして5月中に提供開始予定なのが「オリーブ梅」!オリーブオイル付けの梅干しをつかったという個性的なメニューをぜひチェックしてみてください!

お茶漬けスタンド 東京茶寮のお茶漬け「梅」

提供開始はインスタグラム(@green_brewing)で告知予定なのでお見逃しなく。( 梅も、価格は500円(税込))

ハンドドリップのお茶で楽しむ追加メニューも!

東京茶寮のハンドドリップ日本茶を追加注文(+150円)すると、2019年4月7日に収穫したばかりの、鹿児島の新茶「茂2号(しげる2ごう)」のドリップをかけることもできるのだとか。

お茶漬けスタンド 東京茶寮のハンドドリップ

お茶の魅力を新しい視点で提案するこちらのお店。
三軒「茶」屋でオープンというところもシャレがきいていてすてきです。

新茶の季節。流行真っただ中の日本茶を存分にたのしみましょう!

お茶漬けスタンド 東京茶寮

東京都世田谷区上馬一丁目34番15号
期間:2019年4月24日(水)〜7月31日(水)
営業時間:平日 13:00〜20:00 / 土日祝 11:00〜20:00
アクセス:田園都市線 三軒茶屋駅 南口Bより徒歩7分
定休日:月曜日(祝日の場合翌日休み) ※GW中も営業
詳細はこちら

メニュー

お茶屋の本格茶漬け 鰻(うなぎ) 500円(税込)
お茶屋の本格茶漬け 鮭(しゃけ) 500円(税込)
お茶屋の本格茶漬け 帆立(ほたて) 500円(税込)
お茶屋の本格茶漬け 梅(うめ) 500円(税込) ※5月中に提供開始予定

ハンドドリップ日本茶で作るお茶漬け +150円(税込)
生七味 +50円(税込)
追いオリーブ +50円(税込)

煎茶2種+お茶菓子 1,300円(税込)
煎茶1種+お茶菓子 800円(税込)
煎茶1種 450円(税込)

金額など掲載の情報は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるコラム