日本庭園を優雅にながめる大人のお花見― 白金台・八芳園「Thrush Café(スラッシュカフェ)」

八芳園「Thrush Cafe」のいちごのタルトと紅茶

白金台からすぐの場所にある結婚式場「八芳園(はっぽうえん)」は、お花見が楽しめることでも有名な場所。河津桜やソメイヨシノが咲く格式高い園内には、お散歩が楽しめる日本庭園もあります。今日は、桜の時期に毎年訪れる人も多い八芳園の「Thrush Café(スラッシュカフェ)」へ、大人のお花見に出かけました。

由緒ある結婚式場「八芳園」のカフェでお花見

白金台駅

東京メトロ・都営地下鉄の白金台駅2番出口を出てすぐ。目黒通りを渡ると1943年創業の由緒ある結婚式場「八芳園」があります。少し坂を下ったところにある入り口には、ソメイヨシノの桜の木が植えられています。守衛さんがにこやかに迎えてくれるので、厳かな雰囲気に少し緊張していた気持ちがほどけます。

入り口からカフェのある「八芳園」までは、歩いて1〜2分ほど。結婚式場や駐車場を横目に歩く道のりには、3月上旬頃から咲き始める河津桜が見られます。

八芳園の河津桜

自動ドアを抜けると、ホテルのようなダウンライトで、洗練された雰囲気のエントランス。カフェはどこにあるのかとキョロキョロしていると、すぐにアテンドの方が案内してくださいました。至れり尽くせりな非日常の雰囲気に、胸が高鳴ります。

八芳園のエントランス

八芳園「Thrush Cafe」の入り口のロゴ

ゆったりした空間、座席は気分に合わせてチョイス

テーブル席を中心に、入り口近くのソファ席、そしてお花見シーズンに人気のテラス席があります。席間もゆったりしていて、天井も高いので開放感がすごい。大きな窓ガラスの向こうには庭園が見られるので、桜の時期もいいけれど、緑の中で優雅なランチタイムを過ごせそう。

八芳園「Thrush Cafe」の店内

八芳園「Thrush Cafe」のテラス席からの眺め

レジの前には「BLUE TREE(ブルーツリー)」のおいしそうなパンがずらり。伊豆大島の小麦粉やバターを使ったこちらのパンを目当てに訪れる人もいるんだとか。人気メニューのクロワッサンや、野菜の甘みを活かした野菜パンなど、おいしそうなパンの数々に目移りしてしまいます。カフェでいただくのはもちろん、テイクアウトもOKなのでお土産としてもおすすめです。

八芳園「BLUE TREE」のパン

有機野菜を使った料理で心も体も元気に

「スラッシュカフェ」の料理には、毎朝、農家から届く新鮮な野菜が使われています。安心でおいしい素材を使うことで、食べる人の心や体が元気に、そして人生が豊かになるようにという願いが込められているんだそう。

「スラッシュカフェ」の提携農家は、東京都国分寺にある小坂農園さん。生産者の顔が見えることにこだわったシェフが、さまざまな農家に出向き、野菜の味や栽培の様子などを見て選んだそうです。手間暇かけて育てられた野菜が色鮮やかに盛り付けられた料理を見ていると、気持ちまで華やぎます。

予約必須! テラス席で贅沢なお花見を

八芳園「Thrush Cafe」の店内からの窓の風景

この時期、「スラッシュカフェ」の最大の魅力は大きな窓ガラスの向こうに咲くソメイヨシノ。テラス席はもちろん、店内の窓際の席を指定して予約することもできるので、天候にかかわらずお花見が楽しめます。

八芳園「Thrush Cafe」から見える桜

にぎやかなお花見もいいけれど、優雅に桜を愛でながらお花見を楽しむのも大人の桜の楽しみ方。テラス席から手が届きそうな桜の木の元でおいしい料理やスイーツをいただきます。結婚式に参列した方が利用することや、桜の時期は予約で埋まってしまうこともあるそうなので、予約必須です……!

八芳園「Thrush Cafe」のテラス席

桜の時期限定のコースを堪能しよう

通常は、モーニング・ランチタイム・カフェタイム・ディナータイムと時間帯ごとにメニューが変わりますが、桜が満開を迎える3/21〜4/7(2019年の場合)は、ランチとディナーの予約優先。そのため、コーヒーやスイーツがいただけるカフェタイムは、席が空いている場合のみ利用できるんだそう。

八芳園「Thrush Cafe」の店内席

この時期限定のコースは、旬の有機野菜をたっぷりと使ったメニュー。前菜からスイーツまでのコースに乾杯用のスパークリングワインがセットになった4,800円のランチと、メインがボリュームアップした6,800円のディナーなっています。(価格は2019年3月時点の税別表示です)

そして、スイーツには、福岡さんのあまおうをたっぷりと使用したタルト。小さなベリーのマカロンが添えられていて、見た目もとっても華やか。サクサクのタルト生地と甘酸っぱいストロベリーソースがアクセントになっていて、あっという間に完食してしまいました。

八芳園「Thrush Cafe」のいちごのタルト

ゆったりお花見をするなら、朝と夜が狙い目!

毎年この時期のランチタイムは予約で混み合う「スラッシュカフェ」。比較的ディナータイムは利用しやすいんだそう。夜の時間帯は庭園がライトアップされていて、昼間とは違った幻想的な桜の雰囲気が楽しめます。ヒーターやブランケットも用意されているため、花冷えの日のテラス席も人気です。

また、オープンしてすぐの8:00〜9:00は、ゆっくりお花見が楽しみたい人におすすめの時間。モーニングメニューはありませんが、9:00には焼きたてのパンがいただけるので、桜を見ながらコーヒーを飲んで、焼きたてのパン、なんて一日の始まりも素敵かも。

帰り道には、庭園をお散歩

店内の窓やテラスから眺められる庭園は、実際におさんぽできます。趣のある門をくぐると、満開の桜へと続く石畳。東京にいることを忘れてしまいそうな非日常の空間です。

八芳園の趣のある門と河津桜

八芳園の庭園内のお花

「スラッシュカフェ」はじめ、八芳園のスタッフの方々はとても穏やか。格式高い建物への緊張はどこへやら、帰り際にはすっかりリラックスしていました。
年に一度、自分へのご褒美として大人のお花見を楽しむのも、素敵な春の始まりになりそうです。

八芳園 Thrush Cafe(スラッシュカフェ)

東京都港区白金台1-1-1 八芳園本館 1F
TEL:03-3443-3105
営業時間:
[月-金]
ランチタイム 11:00-14:30
ティータイム 14:30-17:00
ディナータイム 17:00-22:00(L.O20:00)
[土・日・祝]
モーニングタイム 8:00-11:00 ※11:00以降は月-金と同じ
定休日:夏季・年末年始
http://www.happo-en.com/restaurant/thrushcafe/
Instagram / Facebook

WRITER

気になるコラム