通うほど、お気に入りの味がみつかる ― 池袋のカフェ「COFFEE VALLEY」

純喫茶からチェーン店まで、混雑する池袋にはカフェがたくさん。買い物の合間、飲み会の前など立ち寄るには便利です。今回は、こだわった「スペシャリティコーヒー」を提供するカジュアルなカフェをご紹介。池袋から歩いて10分弱のところにある「COFFEE VALLEY(コーヒーバレー)」です。

とにかく豆にこだわるカジュアルなカフェ

池袋のCOFFEE VALLEYへ向かう路地

赤レンガ風の建物が、曲がり角の目印です

飲み屋街とビジネス街が混在する池袋。池袋駅東口から歩いて10分ほどのところに「COFFEE VALLEY(コーヒーバレー)」はあります。

COFFEE VALLEYの外観

飲み屋街を抜け、静かな路地にあるお店は落ち着いた外観です。店内は、すっきりとした白い壁にあたたかい木が用いられています。耳に優しいBGMも気持ちを落ち着かせてくれます。

COFFEE VALLEYの1階

入り口にはギフトセットと一緒に、お土産用のいろいろなコーヒー豆が置いてありました。

COFFEE VALLEYの入り口にあるギフトセットやお土産など

COFFEE VALLEYのコーヒー豆のサンプル

コーヒー豆の酸味の強弱、苦み、甘味などを記載してある図とお豆のサンプル。実際にどんな香りか試せるので、ここから飲みたいコーヒーを選ぶのも楽しそうです。

COFFEE VALLEYのこだわりのコーヒー豆

「好みのコーヒーってなんだろう」という人はぜひ、スタッフの方に相談してみてください。「COFFE VALLEY」はカジュアルに楽しめるカフェではありますが、コーヒー豆にこだわったお店なんです。

池袋に「スペシャリティコーヒー」を

今回お話を聞かせてくださったのは店長の小池さん(残念ながらお写真はNGだったので、ぜひお店へ遊びにいってくださいね)。

COFFEE VALLEYの看板

小池さん:「純喫茶や、昔ながらの喫茶店は池袋に多くありましたが、豆の味を最大限に生かすスペシャリティコーヒーを出すお店はほとんどありませんでした。『COFFEE VALLEY』のコーヒーは、シンプルで無駄がなく、スタンダードなもの。だからこそ、こだわりの伝わる新しいスペシャリティコーヒーを出せるお店を目指しています」

「スペシャリティコーヒー」というのは、生産から流通、焙煎、実際に淹れる人まで、各行程の管理がはっきりしているコーヒーのこと。「COFFE VALLEY」は、それぞれの場面でのこだわりを経てできあがるコーヒーを提供するお店です。

COFFEE VALLEYで扱うコーヒー農家の様子

画像提供:COFFEE VALLEY

COFFEE VALLEYで扱うコーヒー農家の様子

画像提供:COFFEE VALLEY

電源つきの席も。ゆっくりすごしたくなる「COFFEE VALLEY」

お店は2フロア。1階で飲み物を購入し、1-2階でゆっくり楽しめるようになっています。

COFFEE VALLEYの階段

COFFEE VALLEYの2階のソファ席

吹き抜けになった階段を上がれば、1階よりもゆっくりすごせそうな空間が広がります。ソファ席もあり、窓際の席は日の光が入って気持ちよさそうです。就業前の方々もゆっくりとコーヒーを楽しんでいました。

COFFEE VALLEYの2階の店内

小池さん:「このあたりはビジネス街でもあるので、毎日仕事前に立ち寄ってくれる方も多いんです」

平日の朝と夜の時間は比較的落ち着いているそうで、この日も10時を過ぎると学生さんや観光客の方が訪れていました。

COFFEE VALLEYのカウンター席のコンセント

カウンター席にはコンセントがついており、手荷物をかけるフックも。全40席のうち15席程度にコンセントが設置されています(Wi-Fiはスタッフさんにパスワードを聞けば使用可能)。カウンター席でささっと仕事をすませたい人は重宝しそうな心配りです。

同じ豆でも淹れ方でかわる。3つの味をたのしむ「3PEAK COFFEE」

「COFFEE VALLEY」では、1つのコーヒー豆でエスプレッソ・マキアート・ドリップコーヒーを飲み比べられる「3PEAK COFFEE」というメニューを提供しています。同じコーヒー豆を異なる淹れ方で比べられるめずらしいセット。お酒の飲み比べを思い出しますね。

COFFEE VALLEYの「3PEAK COFFEE」

小池さん:「『3PEAK COFFEE』は、日替わりで豆を変えています。月に600~650杯の注文をいただくので、同じ豆で違う楽しみ方をしていただけているなと感じています」

「好きだ」といえるものだけを提供したい

小池さん:「オープン当初は焙煎されたコーヒー豆を仕入れていましたが、段々と自分だったらもっとこうしたいと思う気持ちが強くなってきました。4年経った今は、僕が好きな豆を中心にしています。行ったことのある農場や、思い入れのある農場が作っている豆なんですよ」

COFFEE VALLEYのエスプレッソマシンとスタッフ

使用しているエスプレッソマシンも小池さん自身で気に入ったものを選んだというこだわり。最近は、コロンビア産のコーヒー豆が多いそうです。

COFFEE VALLEYのマグカップ

本日のコーヒーは通常、2種類から選択できます。「酸味の強いコーヒーが苦手なんです……」と話すと、コロンビア産のアグプロセム農協のコーヒーをおすすめしてもらいました。

COFFEE VALLEYの本日のおすすめメニュー

どんなコーヒーがいいか迷ったら、スタッフの方が相談にのってくれるとのこと。
厚手のマグカップにたっぷり注がれたコーヒーにうれしい気持ちになって、早速いただきます。一口飲むと、酸味が少なめ、香りが鼻に抜けていきます。

厚切りトーストとたっぷりのコーヒーで朝ごはん

コーヒーにあわせて、朝のメニュー、トーストセットを注文しました。取材中も注文する人の多かった人気メニューです。トーストは驚くほど分厚く、こんなにしっかりしたトーストを食べるのは久しぶり。

COFFEE VALLEYのトーストセット

パンを割るとサクサクしていて、中はふんわり。ふるふると揺れるほど柔らかく、食べる前からニヤついてしまいました。こちらのパンは江古田の人気パン屋さん「パーラー江古田」のもの。小池さんが大ファンで卸してもらっているのだとか。

COFFEE VALLEYで出している「パーラー江古田」のトースト

サクサクしたところとバターが染み込んだやわらかいところを交互に食べ進めると、あっというまになくなってしまいました。セットになったゆでたまごと一緒に食べれば、大満足な朝ごはんです。

ちなみに日中は「サラダトースト」なるメニューもあり、こちらもカラフルでいかにも「ごちそう」というたたずまい。ぜひ試してみてくださいね。

こだわりのハンドドリップを飲むなら3階のPEAKへ

お店の3階には、もうひとつのお店があります。入り口と別の部分から上がることのできる「PEAK(ピーク)」です。1-2階の「VALLEY(丘)」に対して「PEAK(頂)」という名前がついているあたり、その質の「高さ」が想像できますが……。

COFFEE VALLEYの3階にあるもうひとつのお店「PEAK」の看板

小池さん「『COFFEE VALLEY』は普段使いのカフェを目指していて、特にこだわったコーヒーが飲みたい方には『PEAK』のコーヒーをぜひ試してほしいんです。こだわった豆を、さらにハンドドリップで提供しています」

COFFEE VALLEYの3階「PEAK」の店内の様子

画像提供:COFFEE VALLEY

実は「COFFEE VALLEY」で提供しているコーヒーをローストしているのも「PEAK」。こちらでは下の階で提供しているものと同じコーヒー豆を、ハンドドリップで楽しめるのだそう。

小池さん:「軽食などはなく、注文できるのはコーヒーのみ。常連さんでは『COFFEE VALLEY』でゆっくりと軽食を楽しむ日と、『PEAK』でコーヒーを楽しむ日、など使い分けをされている方もいらっしゃるんです。コーヒーの淹れ方をご相談いただくこともありますよ。こちらのお店は豆を知るきっかけとして使っていただけたらと思っています」

カジュアルにカフェを楽しむ「COFFEE VALLEY」とじっくり豆を知る「PEAK」。気分に合わせて上下階を使い分けるのも常連ぽくていいですね。

COFFEE VALLEYの3階「PEAK」の焙煎機

画像提供:COFFEE VALLEY

「PEAK」は12~19時の営業。ゆっくりとコーヒーのお話を聞きたい方は訪れてみてはいかがでしょうか。

池袋に根ざす、愛されるお店を目指したい

小池さん:「『PEAK』と『VALLEY』は今後統合していきたいんですが、店舗を増やしたい、大きくしていきたい、という野望はないんです。それよりも池袋に根ざして、地域の方に愛されるお店にしていきたい。ゆくゆくは池袋のギャラリーさんと一緒にうつわをつくるとか、一緒にイベントなどもやれたらと思ってます」

COFFEE VALLEYの1階の店内

池袋の毎日の風景にとけこむ「COFFEE VALLEY」。普段使いするうちに、コーヒー豆だけでなく池袋の街そのものにもふれあえたらすてきです。

COFFEE VALLEYの店内のインテリアと4周年のPOP

お店は先日4周年をむかえました

一人でゆっくりコーヒーを楽しみたいならCOFFEE VALLEY

COFFEE VALLEYのショップカード

おすすめをしていただいた本日のコーヒー。香りを嗅いでいると頭の中がスッキリしていくような気がしました。池袋というとにぎやかな夜のイメージ。でも「COFFEE VALLEY」でいただくコーヒーは、朝の空気にぴったりのリラックスできる一杯です。今度はどの豆をためそうかなと考えつつ、日が高くなり始めた街を後にしました。

COFFEE VALLEY(コーヒーバレー)

東京都豊島区南池袋2-26-3
TEL:03-6907-1173
営業時間 月-金 8:00-22:00
土日祝 9:00-22:00
https://coffeevalley.jp/

金額など掲載の情報は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

WRITER

ライター

気になるコラム