つながりの力で、理想のお店をそだてていく ― 世田谷・上町のカフェ「YOUR DAILY COFFEE」

ひとつのお店へ行くだけで、いろんな出会いが生まれることがあります。世田谷にあるこちらのお店は、こだわりのコーヒー豆、トーストのパンやお菓子などを店主の「つながり」で集めている素敵なカフェです。世田谷線上町駅の「YOUR DAILY COFFEE」をご紹介します。

YOUR DAILY COFFEE 外観

三軒茶屋から5駅、世田谷線のまんなかの駅「上町」駅から徒歩3分、車通りの多い世田谷通りから少しだけ入ったところがお店です。決して大きくはないけれど、たくさんの人がコーヒーを楽しんでいる人気のカフェを訪れました。

YOUR DAILY COFFEE サイン

近所のパン屋さんの食パンをトーストに

はじめて訪れたときは、休日だったこともあり店内は満席。その日はアイスコーヒーをテイクアウトすることに。コーヒーを待っていると、目の前にはたくさんの食パンが並んでいます。お店のフードメニューに使うものかなあ、おいしそうだなあ、と眺めていると店員さんが「そのパン、お店でトーストなどに使ってるんですけど、上町駅前にあるサンセリテというパン屋さんのものなんですよ」と教えてくれました。

サンセリテ食パン

近所のパン屋さんの食パンをカフェで提供しているって、とても素敵な関係!と、勝手にわくわくしてしまいました。店員さんに場所を教えてもらい、アイスコーヒーを片手にその日は食パンを買いに散歩コースを変更。世田谷線の踏切を渡った先の「サンセリテ」で、食パン8枚入を購入して家路につきました。

『YOUR DAILY COFFEE』について調べると、上町のサンセリテ以外にも、他のお店のお菓子などを取り扱っているようです。いろんなお店とつながっていること、そしてそのつながりをSNSで発信したり、お店でもわかるようにディスプレイされたりしていることがとても素敵。そんな”つながり”についてお話を聞いてみたくて、店長の中村謙太さんにお話をうかがいました。

YOUR DAILY COFFEE 店長

前職のカフェのつながりで焼き菓子を

中村さんは、お店を開く場所を上町に決めたときにご近所のパン屋を探したのだと教えてくれました。

中村さん:「ご近所のパン屋さんからパンを仕入れられないかなと考えたんです。そうしたら近所においしいと評判のお店があると。食べてみたら天然酵母のもちもちとした食感や味、そういうのが、自分が出したいとイメージしていたものによく似ていたんです」

中村さんは前職、家具や内装デザインを手掛ける会社『Landscape Products
』が手がけるコーヒーショップ『BE A GOOD NEIGHBOR COFFEE KIOSK』に務めていました。現在お店に置いているお菓子も、そのときのつながりに由来するものが多いそう。


中村さん:「例えばこのショートブレッドは、お菓子担当だった前職の同期が作ったもの。現在は独立して工房を構え、イベントやお菓子の卸を中心に活動しています」

ショートブレッド

他にも店舗を持たないお菓子のお店『treat or treat』は『BE A GOOD NEIGHBOR COFFEE KIOSK』にもお菓子を提供していて、そのころと変わらない関係だと中村さんは話します。


中村さん:「関係性は変わらず、取引先をひとつ増やしてもらったような感じです。前職からのつながりや友達がきっかけでつながったお店が多いです」

コーヒー豆は大阪で、偶然の再会から

コーヒー

お店で淹れるコーヒーの豆も、ひょんなことで知り合ったお店から仕入れていると言います。

中村さん:「いまお願いしているお店のひとつ『Mel Coffee Roasters』は大阪のお店で、僕が大阪に出かけたときに偶然出会ったんです。オーストラリアのメルボルンでコーヒーの修行をしていた店主の方が、昔たまたま大阪にある別の店舗で働いているときに接客してくれていて。お話とかしていて、すごく記憶に残っていたんです」


そして最近になって改めて大阪を訪れたとき、二人は再会したのだそう。

Mel Coffee Roasters

中村さん:「似てるなー、と思って話しかけてみたらやっぱり同じ人で。印象が良かったのはもちろんだけど、シンプルに大阪で出会ったコーヒーで一番味がよかったんです。それでお店で使わせてもらえないかとお願いしました。人柄、味、信頼関係……その3つがあったからですね」

信頼できるつながりで、訪れた人の選択肢を増やしたい

ブラウニー

お店の奥にはガスオーブンもあり、毎日4〜5種類のお菓子をお店でも作っています。それなのに、どうして他のお店のお菓子も置いているのでしょう。

中村さん:「本当は全部自分でやりたいっていう思いもあるんですけど、足りないところを補ってもらっている感じですね。自分では作れないようなものを作っている人たちのお菓子が多いですし、お客さんの立場から見ると選択肢が増えたほうがいいかなと思ったんです」

YOUR DAILY COFFEE

日常の一部として、世田谷の人に愛されるカフェ

YOUR DAILY COFFEE

YOUR DAILY COFFEE

お話を伺ったのは、平日のお店がオープンする前の時間帯でした。開け放されたドアから常連さんが店内に向かって挨拶をしたり、幼稚園に向かう前の親子が来店したり。朝から上町のみなさんの憩いの場になっているのだと感じます。

ピザトースト

ピザトースト

お店が開いてからしばらく、わたしもコーヒーとピザトーストをいただきながらゆっくりと朝の時間を過ごしました。3種類の中から選んだ深煎りのコーヒーは、少しひんやりした朝をほっと温めてくれるやさしさを感じます。
ピザトーストは8枚切りを2枚重ねて、パンの間にはチーズが挟まっていました。子どものころにはできなかったちょっとした贅沢に思わずにんまりしてしまいます。

YOUR DAILY COFFEE

YOUR DAILY COFFEE

大きく開いた窓から、やわらかな朝の光が差し込みます。あたたかな明るい木目のインテリア、グレーの壁に飾られた青を基調とした絵……この内装も前職の同期の方に依頼したのだそう。

一人ではかなえられないことを、つながりで実現する

YOUR DAILY COFFEEには、ゆるやかな人とのつながりが生まれていると感じます。自分一人では限られている時間や技術。でも、やりたいことはそれ以上にたくさんある。そんなとき、信頼できる周りの人たちと手を取り合うことで、できることや見える世界はどんどんと広がっていく。

スワッグ

お客さんに喜んでもらえるにはどうしよう、自分が理想とするお店の姿はどんなだろう。その追求のために中村さんが選んだ「つながり」が、今日もうれしい形でわたしたちの訪れを待っています。

YOUR DAILY COFFEE

東京都世田谷区世田谷2-14-3 TKビル1階
電話番号:03-6413-5297
営業時間:平日 9:00-18:00 / 土日祝日 9:00-19:00
定休日:月曜日
Webサイト:
http://yourdaily.coffee/

気になるコラム