非常時でも、おいしい非常食。ガス・電気なしで料理が楽しめる防災レシピ|トーヨーフーズ×halettoワークショップリポート

おもてなしにもおすすめ「オレンジツナクラッカー」(調理時間5分)

トーヨーフーズ2018

■材料(3~4人分)
・そのままガバッと!北海道産金時豆  1袋
・ツナ缶詰              1缶
・オレンジマーマレード       大さじ4
・醤油               小さじ3
・防災用クラッカー         10~15枚
・こしょう             適量

■作り方
① 金時豆を袋の上から食べやすくつぶし、開封して醤油を小さじ3杯入れてなじませる
② ツナ缶を油を切りながらボウルに開け、マーマレードを加えてよく混ぜる
③ 2つの素材をバランスよく盛り付け、クラッカーを添える
(仕上げにこしょうをかけても良い)
(クラッカーに乗せたりディップしながら食べる)

ポイント:ジャムは保存性が高くカロリーの確保もできるので、小瓶を非常食として準備しておくのも◎ 多めに加えていくのがポイント

ここで使ったドライパック商品はこちら

塩もみするだけで加熱不要に「キャロットカレーラペ」(調理時間5分)

トーヨーフーズ2018

■材料(4人分)
・そのままガバッと!レンズ豆    1袋
・そのままガバッと!スイートコーン 1袋
・人参               約3-4本
・塩                小さじ1
・カレー粉             小さじ1
・はちみつ             大さじ2
・酢                大さじ2
・パセリ              適量

■作り方
① 人参を千切りにし、塩小さじ1を加えてよく混ぜ水分を出し、5分ほど置く
② 人参から水が出たら水分を切って、はちみつと酢を大さじ2ずつ合わせたハニービネガーに人参を入れて、さらに5分ほど置く
③ レンズ豆を加えて全体をよく混ぜる
④ 全体から出た水気をしっかり切ってカレー粉を小さじ1加える
⑤ 水気を切ったコーンを加え、パセリを散らす

ポイント:野菜は人参以外であればキャベツなどでもOK。ハニービネガーを加えて5分以上置き、しっかり味を染みこませて。

ここで使ったドライパック商品はこちら

今回のレシピで必要な調理器具は、人参を切るための包丁、スプーンやカップがあれば十分。普段料理をしない方でも簡単にできるような調理工程なので、余裕がない非常時にも普段に近い食事が食べられて安心です。

また、使用する食材・調味料も日常的に家にあるようなものばかり。冷蔵庫が壊れてしまったときのことを考えると、常温保存ができて備蓄食料にもなる食材ストックは重要です。ぜひ、ドライパックの食品もチェックしてみてください。

非常時だけでなく、忙しい毎日を助けてくれる時短メニューとしても活躍してくれそうです。

「そのままガバっと!シリーズ」
https://www.toyofoods.co.jp/gabatto/index.html

実際につくってみた方々のご感想

「自分では作らないようなおしゃれなキャロットラペができた」「加熱の工程がないので、栄養をそのまま摂れそうでうれしい」「リゾットはお肉なしだけれど、オリーブオイルを最後にかけるのでコクがあってボリューミーに感じる」など。

特にリゾットにトマトジュースとフリーズドライの甘酒を混ぜる工程と、パウチの金時豆をそのままつぶしてお醤油を和える工程では、みなさん興味津々でした。

「ガスや火を使わない」おいしい非常食レシピ、いかがでしたか。みなさんも非常時の料理を想定して、普段から「ガスや火を使わない」調理方法を意識してみてくださいね。

知っておきたい、災害時の食事に関する豆知識

最後に、災害が発生した場合の食材の食べ方のポイントをご紹介します。ご紹介くださったのは、ご自身も東日本大震災の際に宮城県名取市で被災をされた経験をもつトーヨーフーズの髙橋さんです。

1.防災食、備蓄食は最後の手段
2.まずは普段食べている食材から消費する。冷蔵庫→冷凍庫→常温の順で食べるとよい
3.水が大切になるので、洗い物を減らすために移し皿や取り分けがないように作る(パウチなどの場合は、そのまま袋の中で調理して食べられるようにするとよい)
4.炭水化物の摂取が増えるので便秘になりがち。ビタミン・食物繊維の摂取を意識する
5.インスタント品だけの食事は避ける
6.冬でも食べ残しはしないようにする

乾パンなどの非常食を普段から取り入れるのでなく、「そのままガバッと!シリーズ」などの長期間保存可能で日頃から使う食材を普段の食事から取り入れて、定期的に食べる「ローリングストック」という考え方を推奨されていました。

12

レシピ考案:長嶋愛さん

日本発酵文化協会の発酵プロフェッショナル。一般社団法人フードサルベージで、フードロス削減に向けたアクションをサポートするサルベージプロデューサーとしても活動。

「料理をするとどうしても出る余り食材。一人でフードロスに向き合うのは少し難しいですが、各家庭で余った食材を持ち寄り、その場でメニューを考えるサルベージパーティー®という活動を通して、日頃からフードロスを減らすサポートをしています」

特別協賛:トーヨーフーズ株式会社

生活を便利に、豊かにする缶詰食品やレトルトパウチ食品を製造・販売しています。

今回使用する「そのままガバッと!シリーズ」以外にも、「開けてすぐに食べられる生食感ケーキ」の缶詰「どこでもスイーツ缶」や、動物性原料・化学調味料不使用のお惣菜缶詰「コトコト野菜缶」などの商品があります。

詳しくはこちら:http://www.toyofoods.co.jp/

トーヨーフーズ×haletto これまでのワークショップレポートはこちら

第1弾「スープジャーランチ」レポート:

https://haletto.jp/201705_toyofoods_workshop1/

山ごはんワークショップ

第2弾「山ごはん」レポート:

https://haletto.jp/201710_toyofoods_workshop2/

 

WRITER

気になるコラム