【10/31-11/4】今週末行きたい! おすすめイベント6選

haletto 週末の行きたくなるイベント

今週末は早くも11月。そろそろコートも厚手になってくるころです。秋の真ん中、コートを羽織って外をふらり歩いてみませんか? 日本を支える工業地帯でアートを楽しんだり、夜の横浜を散歩したり、デザインから未来を感じたり……寒くなる前に外の空気をたっぷり楽しんでみてはいかがでしょう。さて、週末はどこへでかけましょうか。

【京浜島】鉄工島FES
【日比谷】山梨ヌーボーまつり 2018
【みなとみらい】スマートイルミネーション横浜2018
【六本木】Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2018
【目黒】ことりっぷ 旅するマルシェ
【北千住】千住紙ものフェス Vol.3

①工場とアート、垣間見るモノづくりの魂

【京浜島】鉄工島FES

「鉄工島FES 2017 PBC Live」©鈴木雄介

羽田空港のすぐそばに京浜島というエリアがあることをご存知でしょうか。日本の高度経済成長期を支えた大田区の多くの町工場が移転して集まった人工の島です。この島を舞台に行われるイベントが『鉄工島FES』。京浜島に2016年に誕生した滞在制作型アートファクトリー「BUCKLE KÔBÔ」をハブとして島内を回遊しながら工場とアートを融合を楽しめるようになっています。当日はライブも行われ、石野卓球さんや小袋成彬さん、鋼鉄音楽集団のPBCほか13組のアーティストが島で音楽を奏でます。京浜島で働く人々とアーティストたちの「ものづくりの魂」を目撃できるはず。普段行く機会が少ないだろうエリアに、週末足を運んでみませんか。

コムアイ(水曜日のカンパネラ)

日時:2018年11月4日(日) 11:00-20:00 (予定)
会場:大田区・京浜島内 4会場 (東京都大田区京浜島2-11-7)
入場料:前売りチケット5,400円
アクセス:東京モノレール「昭和島駅」東口より徒歩20分 / JR大森駅発 京急バス〈森24〉「京浜島二番地」バス停より徒歩1分
詳細はこちら:
https://tekkojima.com/

②山梨から、今年のワインがやってくる

【日比谷】山梨ヌーボーまつり 2018

山梨ヌーボー

今週末、日比谷公園に山梨のワインが大集合! その年に収穫したぶどうでつくられるワインを意味する「ヌーボー」。フランスブルゴーニュ地方のボージョレー・ヌーボーが有名ですが、「ボージョレーだけがヌーボーじゃない」と今年の日本の収穫を喜び感謝するのが、この山梨ヌーボーです。山梨のワイン作りは145年前の明治初期からはじまり、現在現在80社ほどのワイナリーが集まっています。今回のイベントでは日本が世界に誇るぶどう品種『甲州』と『マスカット・ベーリーA』で醸造されたものなど、山梨県内のワイナリー37社60銘柄以上の新酒ワインがやってきます。もちろん、イベントで気になったワインはその場で購入することも可能。チケットの枚数も限られているので、気になった方は前売り券のチェックや当日お早めにお出かけを。

山梨ヌーボーまつり

日時:2018年11月3日(土・祝) 10:30-14:30
会場:日比谷公園 噴水広場 (東京都千代田区日比谷公園)
入場料:前売券2,200円 / 当日券2,500円
アクセス:東京メトロ「日比谷」駅より徒歩1分
詳細はこちら:
http://www.wine.or.jp/nouveau/

③ロマンチックは、省エネとともに

【みなとみらい】スマートイルミネーション横浜2018

スマートイルミネーション横浜2018

今週水曜日から週末にかけて、みなとみらいがイルミネーションで彩られます。スマートイルミネーション横浜は、環境・省エネ技術とアートの融合をコンセプトとする国際アートイベントとして2011年から始まりました。今回のテーマは「Potential of lights」(光が持つ可能性の追求)。太陽光発電や蓄電、LEDなどの新エネルギーや再生可能エネルギー技術が溢れる現代で、省エネ技術とアートの融合を探索しながら色彩豊かな空間を表現していきます。
さらにスマートイルミネーション横浜に賛同する横浜市内の商店街や企業をいっしょに新しい夜景づくりを試みる連携プログラムが、横浜市内のあらゆる場所で行われています。暖かい格好をして、夜の横浜をぶらり歩いてみては。

日時:2018年10月31日(水)-11月4日(日) 17:30-21:30
会場:象の鼻パーク、横浜市内各所 (神奈川県横浜市中区海岸通1丁目)
入場料:無料
アクセス:みなとみらい線「日本大通り駅」出口1より徒歩約3分、出口2より徒歩約5分
詳細はこちら:
http://smart-illumination.jp/

④デザインといっしょに、未来を

【六本木】Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2018

Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2018

六本木の東京ミッドタウンで開催中の『Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2018』も今週末で終了。2007年から毎年開催しているデザインの祭典で、国内外の第一線で活躍するデザイナーや注目のデザインが東京ミッドタウンに集まっています。今年は「みらいのアイデア」をテーマに日常や生活を豊かにするデザインとは? とデザインの可能性に触れることができるイベントになっています。メインイベント「PARK PACK」では、組み立てるとテーブルや椅子になるツールなどがコンテナに収納されていて、芝生広場が遊び場に変化します。そのほか、ライブステージや運動場になったり、サイレントディスコも登場。デザインを軸に可能性をいくつも提示していく実験的な取り組みに触れて、やがて訪れるだろう未来を感じてみて。

日時:2018年10月19日(金)-11月4日(日) 11:00-21:00
会場:東京ミッドタウン (東京都港区赤坂9-7-1)
入場料:無料
アクセス:都営大江戸線「六本木駅」8番出口より直結 / 東京メトロ日比谷線「六本木駅」より地下通路にて直結
詳細はこちら:
http://www.tokyo-midtown.com/jp/event/designtouch/

⑤小さな旅、見つけよう

【目黒】ことりっぷ 旅するマルシェ

人気ガイドブック『ことりっぷ』が創刊10周年! それを記念したイベントが今週末、目黒で開かれます。「日本のよいもの、かわいいもの」をテーマに、会場には日本全国からことりっぷ編集部がセレクトしたお店が集まり、食品、雑貨などの販売を行います。会場は、目黒駅徒歩2分の撮影スタジオ「EASE」。写真撮影を楽しめるスポットやフォトブースもあるので、まるで旅するように写真を撮ったり素敵なものと出会ったりと居心地の良い時間が楽しめるはず。ほかにも、ことりっぷに縁のある方が登場するトークショーや、星野リゾート リゾナーレがマルシェ限定の特別なワークショップ「旅してワイン」を開催。チケットは事前申込制です。ワークショップ付きチケットは枚数限定となりますので、気になる方はぜひお早めにPeatixにてお申し込みを。

ことりっぷ 旅するマルシェ

日時:2018年11月3日(土・祝)-11月4日(日) 10:00-17:00 ※最終日は16時まで
会場:EASE (東京都品川区西五反田3-1-1 NYアパートメント1F)
入場料:500円(事前申し込み制)
アクセス:JR・東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線・東急目黒線「目黒」駅より徒歩2分
詳細はこちら:
https://co-trip.jp/article/284377/

⑥紙からつながる、街と人

【北千住】千住紙ものフェス Vol.3

千住紙ものフェス

3回目を迎える『千住紙ものフェス』が今週末、足立区にある千住四丁目氷川神社にて開催されます。2018年のテーマは「本とあそぶ。」です。足立区を中心とする印刷会社や出版社、クリエイターが紙の「もの」や「こと」で参加者や街とつながる時間。神社境内にはテントが張られ、本・革小物・タオルなどの販売や人気小説家が多数集うサイン会などが開催されます。足立で大人気のおいしいフードや、隣接する社務所での大人からお子さんまで楽しめるさまざまなワークショップなど盛りだくさん。ゆるやかに流れる秋のひとときを楽しんで。

日時:2018年11月4日(日) 10:00-16:00
会場:千住四丁目氷川神社 (東京都足立区千住4丁目31-2)
入場料:300円
アクセス:JR常磐線・TX つくばエクスプレス・スカイツリーライン・東京メトロ日比谷線/千代田線「北千住」駅より徒歩8分
詳細はこちら:
https://kami-mono-fest.localinfo.jp/

編集部より、おすすめイベントのご紹介でした。素敵な週末をお過ごしくださいね。

気になるコラム