はじめてのパワーストーンと考える、等身大のわたし ― 荻窪「canoha」のワークショップ

道端の石、化石や、宝石。同じ「石」にもさまざまな意味があります。たまたま川辺で拾った小石が、何よりも美しく感じられた幼い頃のわたし。大人になった今でも、誕生石やパワーストーンと聞くと興味をそそられます。疲れている時や落ち込んでいる時には、「パワーストーンの持つ効果」なんて雑誌のアドバイスを調べてみることも。

canoha

天然石のなかでも、特別な力が宿ると考えられているパワーストーン。今のわたしにぴったりな石のお守りを、できればさりげなく、日常的に身につけられないかな。
パワーストーンを使ってアクセサリーをつくるワークショップが荻窪にあると聞き、さっそく足を運んでみました。

canoha

JR中央線荻窪駅の北口を降りて駅前の交差点を渡った、教会通り商店街。二階建ての白亜の「教会通りハウス」を見つけたら、カモノハシの看板が目印のこちらが「canoha(かのは)」です。一階にはお香のお店があり、左脇の階段を登って二階に上がります。

canoha

canoha

植物の飾られた店内は、まるで秘密の屋根裏部屋のよう。飾り棚には、色とりどりのビーズや、たくさんの天然石が並べられています。
店内に置かれているハンドメイドアクセサリーのほとんどは、店主の民 恵子(たみ けいこ)さんの作品です。「canoha」では、民さんの手作りアクセサリーや手織りストール、アクセサリーパーツなどを販売しながら、お店の一角を使い、少人数制のワークショップが定期的に開催されています。

canoha

canoha

わたしが参加するのは「天然石でアクセサリーを作る」ワークショップ。石選びから作業時間を含めて、所要時間はトータルで50分ほどです。

「等身大のわたし」から、自分に必要なパワーストーンを選ぶ

ブレスレットを作るにあたり、17種類の天然石から1~2種類を選びます。そこにコットンパール風ビーズか、クリスタルカットビーズのどちらかを選び、天然石と組み合わせていきます。

canoha

民さん:「まずは直感で、『あ、この石、いいな』と思うものを選ぶのが一番。『よくわからないなぁ』というときは、ご自身の好きな色で選んでいただくのもOK。石の持つ意味を知りたいときは、瓶の手前に記載してある説明を参考にしてくださいね」

また、石によっては組み合わせがNGの石があるので、注意が必要です。

canoha

民さん:「石を選ぶ、ということは、今の自分が必要としているものを考えることです」

忙しい日々に追われているうちに、自分のコンディションを見つめ直す機会からも遠ざかっていました。悩みごとや願いごとを、今一度思い返してみると、等身大のわたしに必要なものが浮かんできます。
仕事や趣味に打ち込むのも、とにかく大事なのは原動力となるエネルギー。あれもこれもと突っ走りすぎて、たまに充電切れをおこしてしまう……。

とにかく大事なのは原動力となるエネルギー。けれど、あれもこれもと突っ走りすぎて、たまに充電切れをおこしてしまう……。

時々相槌を打ちながら、じっと耳を傾けてくれていた民さん。「今のお話を伺っていると」と言って、選んでくれたのは、半透明の赤オレンジ色をしたカーネリアン。この石は、エネルギー不足を感じている時に身につけると、それを補ってくれる効果があると考えられています。また、オレンジの色そのものが元気を与えてくれるので、視界から入ってくるエネルギーも感じられるのだそう。

canoha

続いて、涼しげな薄緑色のプレナイトという石をチョイス。民さんによるとこちらは、疲れているときに、心身ともにサポートしてくれる心強い石。食欲不振にも効果があるようなので、夏バテ気味の身体にはぴったりな気がします。最後にどんな石にも合い、その効果を強めて、ネガティブなエネルギーを浄化してくれるといわれるクリスタルクォーツ(水晶)を追加して、石選びが終わりました。

canoha

左からクリスタルクォーツ、カーネリアン、プレナイト

世間話に花が咲く、ブレスレットづくり

作業用テーブルに移動して、いよいよ作業開始です。目の前のトレーや、工具類のある非日常的な光景に、なんだか胸が弾んできました。

canoha

民さん:「ハンドメイド体験やアクセサリーを通して、ワクワクドキドキしてもらって、たくさんときめいていただくことを大切にしています」

まずは手首の円周をメジャーで測り、トレーの四角いお皿の部分に、選んだ石を種類ごとに分けて置いていきます。

canoha

canoha

民さん:「石によって個性があるので、若干色が濃いもの、薄いものがありますが、すべて天然の趣です」

ひと粒手に取って陽の光にかざしてみると、石の中に小さな内包物(混入物、インクルージョンなどとも呼ばれます)を見つけることができました。とくにカーネリアンは、グラデーションがかったオレンジ色をしていたり、きれいなマーブル模様を作っていたり、まるでちいさな木星のようです。

canoha

個性豊かな石の中からお気に入りを選び終えたら、測ったサイズの円周に沿って、石を配置していきます。わたしの場合は14cmだったので、14cmの円周の溝に石を並べていきます。石を配置する時のコツは、あるのでしょうか。

民さん:「平らなデザインのロンデル(ビーズ)を切り返しのアクセントに、まずは円周の1/4の配置を決めていただいて、それを繰り返していくと決めやすいですよ」

不規則に並べても、手首につける時に、アクセサリーの表情を変えてあげられるので問題ないとのこと。石を選ぶのと同じくらい配列も迷うのかと思いきや、何も考えずに手が動いていくことにおどろきました。コットンパール風のビーズやロンデルの使い方は、民さんのアドバイスを参考にしながら、配置を決めていきます。

canoha

canoha

民さん:「『天然石を身に着けている』ことを強調するデザインは、あまり好きではないんです。もう少し手軽に身につけられるように、ビーズなどを添えてあくまでも『アクセサリーをつくろう』というのがコンセプトです」

石選びから配置が決まるまでおよそ20分。後半30分は、ブレスレット作りの本格作業に入っていきます。
必要な材料は手芸屋さんで手に入るオベロンゴムに針金、ハサミと大きめのクリップ。不器用で、アクセサリー作りはずっと苦手意識があったわたし。民さんが丁寧にお手本を見せてくれるので、作業もスムーズにすすんでいきます。なにより「良いですね」「お上手です」「いい感じですよ」と、優しく声をかけてくれる民さんの言葉に勇気づけられます。
一粒一粒、慎重に天然石をゴム紐に通していきながら、次第に手が慣れてくると、世間話にも花が咲きました。

canoha

canoha

自分ができることで、たくさんの人にときめく体験を共有したい。

「canoha」がオープンしたのは、今から約一年半前。広告会社などで激務をこなしていた民さんは、アーリーリタイヤに憧れて思い切って会社を退職。小さい頃から趣味だったアクセサリー作りの経験をシェアできる場を作りたいと思ったのが、お店をはじめるきっかけになったそうです。

canoha

民さん:「女性は大人になると、ときめきよりも落ち着くことを優先しがち。でも、ときめきって人生の大切なエッセンスだと思います。わたし自身がときめくことをたくさんの人へ共有したり、体験したりしてもらって、訪れた人にも、ときめきを持ち帰ってもらいたいです」

「ハンドメイドの世界は、学校もないし資格もまだないので、自分なりにまずはトライしてみると毎日が楽しくなります」と肩を揺らす民さんを見ていると、好きなことを心から楽しんでいる様子が伝わってきます。

canoha

民さん:「ワークショップは最大三人の少人数制で、お店の空間でゆったり体験していただくというのが特徴です。作業のむずかしい部分は後々メモを取って、お客様にお渡ししています。ここで伝えた技術は家に持ち帰って、いつでもおさらいできるようになっています」

canoha

不器用なわたしでも、やり方に従っていけば、おしゃべりをしながら作業が進められます。小さな自信が芽生えたころには、手の中で完成間近のブレスレットに愛着が湧いていました。
作業後半は、一列に並んだ雨粒のような天然石を、輪っかの状態にしていく工程に入ります。左利きのわたしに合わせて見本をみせてくれる民さんの動きを真似しつつ、着々と手順を踏んでいきます。仕上げ前に、ゴム紐が弛んでいないか最終チェックしてもらい、固結びをすれば完成。あっという間の50分でした。

canoha

canoha

いつも身に着けることで、なりたい自分を思いだすきっかけに

何よりも大事なことは、石の意味をきちんと理解するということよりも、石を見たときに自分がどうなりたいとか、石を選んだときにどう感じたかを思い出すこと、と民さんは言います。

canoha

民さん:「基本的には、お風呂以外の日常生活で使っていただいて大丈夫ですが、日差しの強いところに一日中晒していると劣化が早まるので、注意が必要です。もし、石が曇ってきたなぁと感じたら、水道水を10秒くらい流して洗い、きれいに水気を拭き取ってあげてくださいね」

canoha

canoha

天然石選びとアクササリー作りを通して「なりたい自分」を意識した一日。手元のブレスレットが「がんばれ」と、背中を押してくれるような気がしました。

※こちらの記事は、パワーストーンの効果や効用を保証するものではありません。

canoha

東京都杉並区天沼3-6-24-2F
電話:080-9582-6684
営業時間:12:00-19:00
定休日:不定休
HP:http://cano-ha.com

参加したワークショップ

「自分に必要な天然石ブレスレットをアクセサリー風に作成|初心者歓迎」
詳細:http://cano-ha.com/workshop/introduction-workshop-06/
受講費:4,104円(税込)
※天然石(パワーストーン)や金具の種類によっては追加料金が発生いたします。
プレナイト+200円/1粒 ルチルクォーツ+500円/1粒
※講座に必要な道具は、無料で貸し出しいたします。
※当日現金にてお支払いお願いいたします。

WRITER

気になるコラム