【7/26-7/29】今週末行きたい! おすすめイベント6選

あっという間に7月最後の週末を迎えます。猛スピードで過ぎ去ってしまった梅雨から、「もういいよ」というくらい暑い日々へ。8月はどんな月になるでしょうか。さて今回は、7月最後にふさわしい素敵なイベントで目白押しです。今週末は、どこへお出かけしましょうか。

①夏の夜の思い出に。

【川崎】ねぶくろシネマ Volume.23

halettoでも過去に取材させていただいた「ねぶくろシネマ」。「映画×アウトドア×ファミリー」をテーマに夏空の下、広い芝生で野外映画を楽しむこのイベントが、今週末川崎競馬場にて開催されます。当日は、かつてギネスにも認定された巨大スクリーンが会場に設置され、大迫力の映像を楽しむことができます。今回の上映作品は名作「バック・トゥ・ザ・フューチャー」。世代を超えて今でも数多くのファンを抱えるこの作品は、大勢の人で賑わう野外上映にはぴったり。ぜひ、家族や友人と食べたり飲んだりしながら、ピクニック気分で「ねぶくろシネマ」を存分に楽しんで。

日時:2018年7月28日(土) 上映時間 18:30-20:30
※場所取りは16:00より可能です。
※16:50-17:30は入退場できません。
会場:川崎競馬場 (神奈川県川崎市川崎区富士見1丁目5番1号)
入場料:無料 ※定員1,500人
アクセス:京急大師線「港町」駅より徒歩3分
京急線「京急川崎」駅より 徒歩12分
JR「川崎」駅より 徒歩15分
詳細はこちら:
http://nebukurocinema.com/program180728.html

会場周辺の記事:

unico

昭和のビルを舞台に醸される新しいカルチャー 川崎の複合施設「unico」

JR川崎駅の改札をくぐると、新しくなった駅ビルの様子に驚きました。明るい駅構内、行き交う人の多さ、数

2018-03-22 10:00

②「音楽×写真」の新しい体験を。

【学芸大学】TOKYO SOUNDSCAPE by cowcamo

「リノベーション住宅特化の流通プラットフォーム cowcamo(カウカモ)」が、6日間にわたり音楽写真展を開催します。参加クリエイターは窪塚洋介やSALU、ラブリなど豪華なメンバー。「写ルンです」による写真展示と「Spotifyでのオリジナルプレイリスト視聴の同時体験という、まだ誰も経験したことのない新しい空間が待っています。期間中は来場者限定プレゼントとして、参加クリエイターがセレクトした楽曲と、「写ルンです」で撮り下ろした写真を楽しめるオリジナルレコードジャケットを配布(数量限定)。展示写真は特別加工され会場限定での受注販売も。さまざまなクリエイターの「東京」を体感してみませんか。

日時:2018年7月24日(火)-7月29日(日) 11:30-20:30 ※最終日のみ17:00まで
会場:CLASKA (東京都目黒区中央町1-3-18)
入場料:無料
アクセス:東急東横線「学芸大学」駅東口より徒歩12分
詳細はこちら:
https://tokyosoundscape.cowcamo.jp/

目黒周辺の記事:

【scene 03 ― 東京真夏のミステリー】街には野鳥がいっぱい 日本野鳥の会と周った「目黒川」

チチチッ、ギーギーギー、チュンチュン -。 普段の通勤の道でも家までの帰り道でも、実は、都会の

2017-07-14 17:13

③忘れられない、この夏の光景を。

【立川】立川まつり 国営昭和記念公園花火大会

夏の風物詩といえば「花火大会」。何時間も前から暑さに負けず場所取りをして、スタートと同時にひろがる花火はなんとも言えない感動を届けてくれます。今年も、都内でも最大級の規模を誇る一尺五寸玉の花火が打ちあがるほか、合計で6,000発もの花火が夜空へ舞う「立川まつり 国営昭和記念公園花火大会」が開催。カウントダウンから始まり、スターマイン・一尺五寸玉・芸協玉など約1時間にわたり花火を楽しむことができます。立川花火大会の名物として「芸協玉」という、全国の競技会において優秀な成績を得た花火が10発打ち上がるプログラムが19:45から開催。一生忘れられない光景を、目に焼き付けて。

日時:2018年7月28日(土) 19:20-20:20 ※小雨決行、荒天の場合翌日順延
会場:国営昭和記念公園 みんなの原っぱ (東京都立川市緑町3173)
入場料:450円 ※15歳未満無料
※花火大会当日18:00以降は入園料が無料となりますが、
有料時間帯から余裕をもってご来場ください。
アクセス:JR中央線「立川」駅 徒歩15分
詳細はこちら:
http://tbt.gr.jp/hanabi/

「花火」に関連する記事:

30歳、2017年夏 ― 荒川で花火を上げる

幾つになっても、花火を手にすると子どものようにはしゃいでしまう自分を知った今年の夏。火薬のつまった細

2017-08-21 10:59

④江戸を味わい、江戸を知る。

【上野】東京江戸ウィーク『江戸夏日本酒フェス』EDO SUMMER SAKE Fes #3

昨年20万人もの来場者で賑わいを見せた「東京江戸ウィーク」が今年も開催されます。「上野で“江戸の夏”を味わおう!」をテーマに、日本の伝統から現代の職人の技・食の魅力・盆踊り・縁日など、日本文化が詰まったイベントです。今回は、その目玉企画として老舗酒場である山内屋と小林焦点と共に「江戸夏日本酒フェス」がイベント内(江戸のファストフードエリア)にて同時開催。江戸時代の庶民に親しまれていた当時のファストフードとして天ぷら・寿司・お漬物・神戸牛などのほかにも、伝統工芸品「とんぼ玉」などを楽しむことができるそう。和装で来場した人限定の特典もあるので、この機会に浴衣を着て、日本の江戸文化をたっぷり満喫してみては。

日時:2018年7月26日(木)-7月29日(日) 10:00-19:00
会場:上野恩賜公園 噴水前広場内『江戸夏日本酒フェス』ブース (東京都台東区上野公園5-20)
チケット料金:日にちにより異なります。詳しくはこちら
アクセス:JR山手線・京浜東北線・高崎線・宇都宮線
東京メトロ銀座線・日比谷線「上野」駅より徒歩2分
京成本線「京成上野」駅より徒歩1分
詳細はこちら:
https://edoweek.com/

会場周辺の記事:

和菓子

Vol.01 上野公園で「谷中岡埜栄泉」の豆大福【こうえんとわがしと、わたし】

大好きな豆大福が食べたくて、谷中を訪れました。レトロな街並みと商店街。たくさんの和菓子屋さん

2018-02-27 10:00

⑤わたしに合う、新しい庭のあり方を。

【青山】Flower & Green Market – by Plant growers –

毎週国連大学中庭には、旬の野菜が並んでいたり、おいしそうな匂い漂うフードトラックが並んでいたり。様々なイベントが開催され、多くの人で賑わいます。今週末には、初の試みとなる植物メインのイベントが開催。東京で暮らす人にとって、なかなか馴染みの薄い「庭」。植物と人を繋ぐ大切な場として「庭」は大切な役割を持ちます。そんな人の心を豊かにする庭と、その庭を彩る植物を堪能してみませんか。約30の出店者が持ち寄る2000品種以上の植物とともに、草木染めのワークショップや出店農家さんの野菜を使った気まぐれランチプレートを楽しむランチ会など、様々なコンテンツが用意されています。都会の真ん中で、緑と触れ合ってみませんか。

日時:2018年7月28日(土)-7月29日(日) 11:00-17:00
会場:国連大学中庭 (東京都渋谷区神宮前5-53-70)
入場料:無料
アクセス:JR「渋谷」駅 徒歩10分
東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道」駅 B2出口徒歩5分
詳細はこちら:
http://farmersmarkets.jp/flower-and-green-market/

会場周辺の記事:

中田麻美店長

本を片手に街へ飛び出せ! 青山ブックセンターに聞いた、気になる「街本」

表参道に本店を構える青山ブックセンター(以下ABC)。haletto編集部もよく資料を探しに

2017-09-15 18:00

⑥ゆかた着て、「涼」を感じて。

【日本橋】ECO EDO 日本橋 2018 〜五感で楽しむ、江戸の涼〜

日本橋を散歩しながら、夏気分を味わえる週末はいかがですか。「ECO EDO 日本橋」と称したこのイベントでは、江戸時代に育まれた「涼」をとる生活の知恵や工夫を現代流にアレンジします。仲通りを川面に見立て、その水面に映る花火をイメージしたデジタルアート「ミナモハナビ」、金魚モチーフのフォトジェニックな涼メニュー。ゆかたを着用して(またはアートアクアリウム2018チケットを提示して)街歩きをすれば、お得なサービスが待っています。「見て」「食べて」「香って」「着て」「聴いて」涼をとる体感型イベントに、ぜひ足を運んでみてはいかが。

日時:2018年7月6日(金)-9月24日(月・祝) ※エリアにより開催時間が異なります
会場:日本橋エリア
参加料:無料 ※一部有料
アクセス:東京メトロ半蔵門線・銀座線「三越前」駅
JR総武線「新日本橋」
詳細はこちら:
http://www.nihonbashi-tokyo.jp/ecoedo2018/

会場周辺の記事:

金魚が海を泳ぐ夜 ― 日本橋「納涼金魚ちょうちん船」

※スケジュールを2018年版に更新しました 銀座線三越前駅のB6階段を登ると、そこは日

2017-08-19 08:00

編集部より、おすすめイベントのご紹介でした。素敵な週末をお過ごしくださいね。

halettoからの手紙を受け取りませんか。

Facebookのhaletto公式メッセンジャー「haletto letter」とつながる(無料)と、週末イベント記事のお知らせが届きます。さらに、あなたの近くのスポットやキーワードでの記事検索機能も。おでかけのお供に、ぜひご登録ください。

気になるコラム