週末、鎌倉ひとり旅。貸切一軒家”haletto house”でリフレッシュ

仕事と家の往復の毎日。そんなときリフレッシュにぴったりなのがひとり旅です。
次の週末は、鎌倉へ旅に出ませんか。大仏や鶴岡八幡宮など歴史的な寺社仏閣、しらす丼や地魚、地のお野菜といったグルメ、夏には紫陽花、秋には紅葉など自然も豊かな魅力溢れる街です。由比ガ浜や鎌倉山、江ノ島まで足を延ばせばあっというまに時間が過ぎてしまいます。

鎌倉・腰越(こしごえ)にある宿泊施設“haletto house”に宿泊しながらの、気ままなひとり旅をご紹介します。

日常と切り離された、静かな漁港町「腰越」

東京駅・新宿駅から電車で約1時間半の距離にある腰越駅は、どことなく懐かしさを感じる小さな漁港町です。駅に降り立つと都心とはちがう心地良い静けさ。日常と切り離された、不思議な感覚です。

駅から徒歩1分の場所にある真っ白な一軒家がhaletto houseです。
向かいにある「腰越珈琲」は地元で愛される喫茶店。玄関で靴を脱いでお店に上がると店長の米田さんが温かく迎え入れてくれます。まるで友達の家のような居心地の良い雰囲気に、つい長居してしまうお客さんも多いそう。まずはここでゆっくり、ひとりの時間を楽しんでください。

海を眺めて自分と向き合う、癒しの風景

夕方になったらhaletto houseから徒歩1分の腰越海岸へ。漁港町らしく海岸には大小さまざまな船が並んでいます。水平線に目を向けると、そこには少しずつ沈んでいく太陽が。波の音とかもめの鳴き声に耳を傾けながら美しい風景を眺める時間は、何にも代えられない贅沢なものです。

夜は近くの温泉へ。日頃の疲れを癒して

腰越駅から江ノ電で約10分の稲村ヶ崎駅にあるのが、美肌の湯としても知られる「稲村ヶ崎温泉」。ここでは雄大な海と江ノ島の夜景を眺めながら温泉に浸かることができます。広い湯船で羽を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

翌日は早めに帰宅してそのあとの日常に備えられるのも、都心から近い鎌倉のいいところ。
心と身体の英気を養う一泊二日の鎌倉ひとり旅。haletto houseに泊まってリフレッシュしませんか。

ここにあるのは、懐かしさと新しさ。
日常と、非日常の間にある“haletto house”。

いつものおでかけと一味ちがう、あなたらしい週末を過ごしてみてください。