土地に根ざした「昔ながらの関係性」に感じる居心地の良さ ― 「PIGGY’S KITCHEN」平井昌一さん

腰越駅から歩いて1分。haletto houseからも歩いてすぐ、居酒屋さんが連なる大通り沿いにある食堂「PIGGY’S KITCHEN」の目印は大きな青い英字ロゴ。店内は、70年代のアメリカをイメージしたウッディな雰囲気です。

「ガラス張りだから、外からでも中の様子がよく見えるでしょ。その方が気軽に入りやすいだろうなと思ってね」と語るのは、オーナーの平井昌一さん。

20年にわたって自動車メーカーの整備士として働いた後、妻の暁子さんと一緒に腰越に移住したのだそう。

平井さん:「趣味でずっとヨットやサーフィンをやっているから、湘南エリアには馴染みがありました。当初は材木座にカフェをオープンして腰越から通っていたんだけど、ふと、『そう言えば、近所に普段づかいできる定食屋ってないな』って気付いて。『だったら自分たちがやればいいんじゃない?』ということで、店の名前はそのままに、材木座から腰越に移転してきたのが2年前ですね」

移転に伴い一新したと言うメニューをパラパラめくると、各種定食や丼もの、ラーメン、焼鳥といった大衆的なメニューが並んでいたかと思えば、次のページにはパスタやフレンチトーストなどのおしゃれなメニューが。その振り幅の大きさ以上に、誌面いっぱいにズラリと連なる品数の多さにびっくり! 特にラーメンはバリエーション豊富で、醤油・塩・味噌をベースに、チャーシューや野菜、ワンタンなどトッピングも多彩。辛みネギ油を加えた旨辛ラーメンシリーズや太麺シリーズの他に、なんと油そばまであります。

平井さん:「定食屋って、選びきれないくらいにメニューがあった方が楽しくないですか? うちのコンセプトは『なんでも食堂』だから、お客さんのリクエストに応えて次々とメニューを増やしていくうちにこんなことになっちゃった(笑)。油そばはもともと、僕の出身地である多摩地区の名物。試しにつくってみたらなかなかおいしくできたのでラインナップに加えました。今ではすっかりうちの人気メニューです」

すぐご近所にある喫茶店「腰越珈琲」マスターの米田さんも、PIGGY’S KITCHEN の油そばのファンなのだとか。

コーヒーと一緒に、ゆっくりと流れる場所も楽しんでほしい ― 「腰越珈琲」米田順二さん

haletto houseの向かいにある喫茶店「腰越珈琲」。haletto houseのキッチンにあ

2018-06-20 11:55

平井さん:「お客さんは地元の人が多いかな。お昼を食べにきたり、お茶しにきたり、夜にはお酒を飲みにきたり。このあたりにも僕らみたいな移住者が増えてきたから、移住組と、昔からここに住んでいる人たちをつなぐ場所になっていけたらいいですね」

腰越に移住し、新たにお店を開く人たちの兄貴分的存在でもある平井さん。最後に、さまざまな経歴を持つ人たちを惹き付ける腰越という街の魅力について伺いました。

平井さん:「小さい街ですが、郵便局やスーパー、ドラッグストアもあって、生活のすべてが徒歩圏内でまかなえます。江ノ電沿いの街で、車を持っていなくても暮らせるのは腰越ぐらい。都心へのアクセスも良くて便利なんですけど、街の雰囲気は下町っぽいというか、島っぽいというか……町中の子どもたちが僕の顔を覚えていて、会うと挨拶してくれるんです。お客さんには『マスター、昨日の夕方にあの道を歩いていたね』とか言われるし、もう悪いことは絶対できないですよ(笑)」

平井さん:「このあたたかい街の一員になれていることが本当にうれしいですね。僕らと同じように、土地に根ざした昔ながらの関係性みたいなものに居心地の良さを感じる人って実は多いと思うんです。街の魅力は、足を運んでみないと分からないので。鎌倉観光の前後にでも、ぜひふらりとお立ち寄りください」

PIGGY'S KITCHEN

神奈川県鎌倉市腰越2-12-20
TEL:050-5278-8874
営業時間:
平日11:30−15:30、18:00ー22:00
土日祝11:30ー15:30、17:30ー22:00
定休日:水曜日 他
Facebookページはこちら