Vol.05 隅田公園で「浅草いづ美」のあんみつ【こうえんとわがしと、わたし】

人力車や着物姿の人々で溢れ、お土産物屋さんには漢字のグッズ。いわゆる「日本」を感じられる街、浅草。今日は浅草へお散歩に出かけました。

お邪魔したのは雷門通りにある「浅草いづ美」。一面ガラス張りの店頭には甘味メニューのサンプルがずらっと並びます。通りすがりの人たちも写真を撮りながら「わ〜! きれい!」「おいしそう!」と気になる様子。

お店の端っこに小さくあいたテイクアウト用の窓から、あんみつを注文しました。いづ美ではあんみつにのせるあんをつぶあんとこしあんから選ぶことができます。今日の気分はまったりとこしあんで。あんみつを受け取り、途中に見つけたお茶屋さんで買った冷抹茶を片手に隅田川公園へ向かいます。隅田川公園の目の前にそびえるのは大きな大きなスカイツリー。

カップを開けると寒天部分とトッピングが分かれています。みかん、パイナップル、さくらんぼ。寒天の上に丁寧に乗せて最後にたっぷりの黒蜜をかけます。トクトクと注がれる黒蜜の流れをみるのが好きなんです。

塩気の効いたエンドウ豆はホックホク。甘いこしあんとマッチしてお互いが引き立て合います。あんみつってピンクや緑のカラフルな求肥がついているんですよね。柔らかいお餅を口に入れると、優しい。そしてどこか懐かしい。
ジメジメするこの時期にたべるさっぱりとしたあんみつは、心を落ち着かせてくれます。あんみつを食べ終わる頃には雲の切れ間に青空が広がり、いよいよ始まる夏の訪れを知らせてくれているようでした。

浅草いづ美(あさくさいづみ)

あんみつ 1個500円
東京都台東区浅草1-8-6
TEL:0467-32-7553
定休日:年中無休
Webサイト:http://asakusa-izumi.co.jp/index.php

福岡県出身。あんこが大好きな和菓子女子。和菓子メディア「せせ日和」運営。和菓子を好きになったきっかけはおばあちゃんとつくったおはぎ。おいしい和菓子のためならどこでも行っちゃう和菓子ライター。

このコラムについて

こうえんとわがしとわたし【和菓子コラム】

よく晴れた日曜日。小鳥も空も、みんなキラキラと輝いて、街は一層美しく見えます。どこか目的もなく、ただただ、足を前へ前へ。どんどん進んで、大きな公園、小さな公園へ。 公園は街のオアシス。ちょっと疲れたら、ベンチに腰掛けて、近くで見つけ...

気になるコラム