【6/16-17】今週末行きたい! おすすめイベント7選

毎週水曜日にお届けしていた「今週末行きたい! おすすめイベント」ですが、今週より月曜日に移動し、一足早くみなさんにおすすめのイベントをお届けします。今週もなんだかどんよりとした天気が続きそうですが、雨にも負けず! 素敵なイベントが目白押し。今週はどこへ出かけましょう。

①賑わいの週末を、横浜で。

【横浜】横浜港大さん橋マルシェ

広大な海と、横浜の象徴的な風景を眺めながらお買い物はいかがですか。普段立ち入ることのできない大さん橋エプロンにて、大規模なマルシェが二日間に渡り開催されます。会場では、県内をはじめ全国で生産・販売をしている食品はもちろんのこと、地元の農業系大学生が自分たちで研究・生産した商品を紹介したり。その場で味わえる美味しいフードの数々や、新鮮野菜、手作りアクセサリーや雑貨の販売など、開催地横浜ならではの商品が店頭に並ぶ予定。入場料は無料なので、気軽に立ち寄ってみては。

日時:2018年6月16日(土)-6月17日(日) 10:30-16:00
会場:山下公園側エプロン (神奈川県横浜市中区山下町279)
入場料:無料
アクセス:みなとみらい線「日本大通り」駅 徒歩約7分
横浜市営地下鉄・JR「関内」駅 徒歩約15分
詳細はこちら:
https://www.facebook.com/pg/横浜港大さん橋マルシェ実行委員会-1824289184455441/posts/

会場周辺の記事はこちら:

DOLPHYアイキャッチ

ジャズバー|横浜の音を聴く ― 野毛「DOLPHY」

夏のある夕方、JR桜木町駅は、みなとみらい大盆踊りへ向かう浴衣姿でいつもより華やかな様子でした。ゆず

2017-10-12 15:00

②新しい折紙の世界をじっくり堪能する。

【世田谷】折紙生活展

はまってしまうと、のめり込んでしまう奥が深い「折り紙」。1000年以上も前に、「紙を美しく折って包む」という礼法から発展したものなんです。そんな折り紙にちなんだユニークな展示会が今週より世田谷の「生活工房ギャラリー」にて開催。折り紙の可能性を伝える新進気鋭のグループ「折紙創作集団スクエア」が、「いつものあれの端っこに折紙がひそんでいたら!?」というテーマで制作したオリジナル作品を展示され、日常に取り入れられる折紙遊びを目で見て、知ることができます。ユーモアあふれる“もしも”の折紙生活空間を、体験してみて。

日時:2018年6月16日(土)-7月16日(月) 9:00-20:00
会場:生活工房ギャラリー 3F (東京都世田谷区太子堂4-1-1 キャロットタワー内)
休館日:月 ※祝日の場合は開館
入場料:無料 ※ワークショップは有料
アクセス:東急田園都市線・世田谷線「三軒茶屋」駅直結
東急バス・小田急バス「三軒茶屋」停留所すぐ
詳細はこちら:http://www.setagaya-ldc.net/program/412/

会場周辺の記事はこちら:

パラダイス気分の夜ごはん|街は食卓。 第3話 「シネマパラダイス」編

最近、地元にひとりで夜ごはんを食べられる場所がいくつかできたんです。職場の先輩にそんな話をすると、「

2018-05-25 11:03

③雨と似合う。そんな色。

【八景島】第18回八景島あじさい祭

あじさいが見頃の季節になりました。街を歩きながら、色とりどりに咲くさまを見かけると「あぁ、この季節がやってきた」と風情を感じます。そんな美しいあじさいをたっぷり堪能できる「第18回八景島あじさい祭」が現在八景島シーパラダイス内にて開催中。県内最大級の約2万株ものさまざまなあじさいは、その場で目にしなければわからない美しさがあります。今回は、夜も楽しめるよう竹灯籠が設置され、幻想的な夜のあじさい園路を歩くことも。この時期にしか見ることのできない景色を、ぜひ堪能あれ。

日時:2018年6月9日(土)-7月1日(日) 8:30-21:30 ※土・日は22:30まで
会場:横浜・八景島シーパラダイス (神奈川県横浜市金沢区八景島)
入場料:ワンデーパス 大人・高校生 5,050円、小・中学生 3,600円、幼児 2,050円、シニア 3,060円
アクアリゾーツパス 大人・高校生 3,000円、小・中学生 1,750円、幼児 850円、シニア 2,450円
アクセス:シーサイドライン「八景島」駅より徒歩すぐ
詳細はこちら:http://www.seaparadise.co.jp/special/ajisaifesta/

会場周辺の記事はこちら:

ココアとチェリーデニッシュ|わたしとパン! 第5話 金沢八景編

フリーライターの菊地飛鳥さん。halettoの記事の他、某街歩き番組の書籍や雑誌記事の取材で大忙し。

2018-03-16 10:01

④現代によみがえる一人の女性の世界観。

【下石神井】いわさきちひろ生誕100年「Life展」着るをたのしむ spoken words project

水彩画に代表される絵本作家のいわさきちひろ。生誕100年を迎える今年、東京・安曇野のちひろ美術館では「Life」をテーマにした新たなプロジェクトをスタート。ちひろ美術館・東京では「Life展」の第二弾として、デザイナーの飛田正浩主宰のファッションブランド「spoken words project (スポークン ワーズ プロジェクト)」とのコラボレーションを通して、いわさきちひろの新たな世界を見ることができそう。彼女の作品である水彩画やスケッチとともに、愛用の服も展示されています。いわさきちひろの発想の鍵を探ってみては。

日時:2018年5月19日(土)-7月22日(日) 10:00-17:00
会場:ちひろ美術館・東京 (東京都練馬区下石神井4-7-2)
休館日:月 ※祝休日は開館、翌平日休館
入場料:大人 800円、高校生以下無料
アクセス:西武新宿線「上井草」駅下車 徒歩7分
詳細はこちら:https://100.chihiro.jp/exhibitions/life/

関連記事はこちら:

【scene 02-旅する東京ライフ】気持ち良い朝のしあわせなサンドイッチ 「カリーナ」

いつもよりも早起きした土曜日、カーテンを開けると雲ひとつない澄んだ青空が広がっています。最高のお出か

2017-04-27 00:10

⑤地元に根付く古本市へ出かけよう。

【雑司が谷】第42回 鬼子母神通り みちくさ市

雑司が谷にある鬼子母神通り商店睦会では、10年続く「みちくさ市」という古本フリーマーケットを開催しています。この市がはじまった2008年の6月は、東京メトロ「雑司が谷駅」が開業。この地を活かした、地元に根付くイベントを開催できないかと一般参加型の古本をメインにしたフリーマーケットがスタートしたそう。今も続くみちくさ市では、古本以外にもトークショーや文具の出店など雑司が谷を複合的に楽しめるいわば大文化祭。この機会に一度立ち寄ってみてはいかがでしょう。

日時:2018年6月17日(日) 11:00-16:00
会場:雑司が谷・鬼子母神通り (東京都豊島区雑司が谷2丁目)
入場料:無料
アクセス:東京メトロ副都心線 雑司が谷駅1番出口または3番出口すぐ
詳細はこちら:https://kmstreet.exblog.jp/

関連記事はこちら:

目白1

【scene 05 目白、静かなオアシス ― まわる東京、緑色の電車に乗って】

目白駅に降りた回数は数えるくらいしかありません。新宿より北に行く機会がほとんどない私は、久し

2018-02-16 10:02

⑥アーティストとクリエイターの「今」を知る。

【六本木】文化庁メディア芸術祭受賞作品展

「美術館に行ってみたいけれど、どれに行けばいいかわからない」そんな人にとっておきのイベントが六本木の国立新美術館で開催。アート・エンターテイメント・アニメーション・マンガの4部門に世界98カ国と地域から4,192作品もの応募があった、第21回文化庁メディア芸術祭。その応募作品の中から受賞作品だけを展示した貴重な機会を無料で楽しむことができます。またそれだけでなく功労賞受賞者の作品展示や、シンポジウム・トークイベント・ワークショップの開催も予定。国内外の多彩なクリエイターやアーティストの作品が一堂に会する12日間。お見逃しなく。

日時:2018年6月13日(水)-6月24日(日) 10:00-18:00 ※金・土は20:00まで
会場:国立新美術館 (東京都港区六本木7-22-2)
入場料:無料
アクセス:
詳細はこちら:http://festival.j-mediaarts.jp/

会場周辺の記事はこちら:

【scene 05 ― 観察、東京ウォッチ 】月を見る、六本木の夜 ― 遠い星空を眺めて自分を見る

夜空にきれいな満月が浮かんでいると、不思議とうれしい気持ちになります。その日が十五夜であれば

2017-10-26 15:00

⑦30分に詰まったそれぞれの想いを感じる。

【表参道】ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2018

ショートフィルムとは長いもので30分前後、短いものはわずか1分ほどの映画作品のこと。「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」で上映されるのは全て25分以内の作品です。20周年を迎える今年の映画祭のコンセプトは「Cinema Smart〜想像力で人生を発見する〜」。短い尺だからこそできる映像表現や、ドラマ、アニメーション、ドキュメンタリーなど多彩な持ち味の作品を複数見ることができるため映画好きな方はもちろん「長い映画だと寝てしまう」という方にもおすすめです。グランプリ「ジョージ・ルーカスアワード」を獲得した作品は翌年のアカデミー賞短編部門へのノミネート対象になるという可能性にあふれた映画祭で、世界に羽ばたく若きクリエイターの作品を通して、新しい体験を楽しんで。

日時:2018年6月4日(月)-6月24日(日)
会場:ラフォーレミュージアム原宿・シダックス・カルチャーホールほか
入場料:無料上映 ※一部有料イベントあり
アクセス:ラフォーレミュージアム原宿 (東京都渋谷区神宮前1-11-6)
詳細はこちら:http://www.shortshorts.org/2018/

会場周辺の記事はこちら:

【scene 01 ― 爽快、東京ハイク】「あぁ、絶景かな」都会で登るちいさな山

登山の醍醐味と言えば、豊かな自然や清々しい空気、頂上から望む絶景、そして、登頂の達成感。登山好きの人

2017-08-11 11:59

編集部より、おすすめイベントのご紹介でした。素敵な週末をお過ごしくださいね。

halettoからの手紙を受け取りませんか。

Facebookのhaletto公式メッセンジャー「haletto letter」とつながる(無料)と、週末イベント記事のお知らせが届きます。さらに、あなたの近くのスポットやキーワードでの記事検索機能も。おでかけのお供に、ぜひご登録ください。

気になるコラム